むこがわじょし

武庫川女子大学

私立大学 兵庫県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

日本語日本文学科(150名)
英語文化学科(200名)
心理・社会福祉学科(160名)

所在地

1~4年:兵庫

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●日本語と文学・文化を学び、本物のコミュニケーション力を身に付ける「日本語日本文学科」
●全員を対象としたアメリカ分校留学で、英語力は飛躍的にアップ!「英語文化学科」
●対人援助のスペシャリストをめざす「心理・社会福祉学科」

日本語、英語、心理、福祉のそれぞれの分野で学びを深め、実社会で活躍できる人材を育てます。

【キャンパス】中央キャンパス
【学生数】3236人(2018年5月1日現在)※教育学科を含む
【専任教員数】76人(2018年5月1日現在)※教育学科を含む
【大学院】【文学研究科】日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻、教育学専攻、臨床心理学専攻 【臨床教育学研究科】臨床教育学専攻

日本語日本文学科

講義・学問分野

日本古典文学概論、日本語学概論、上代/中古/中世/近世/近代文学講読、日本の芸能、身体表現法、漢文学講読、多文化共生論、書道、音声・音韻論、コンピュータ概論、日本語教育学入門、現代文学論、文芸創作、談話研究、情報検索法、言語データ処理、卒業論文・卒業制作 など

閉じる

英語文化学科

講義・学問分野

英語の発音、活用文法、英語の構造、英米文学入門、メディア英語、ホスピタリティ英語、児童英語教育、翻訳ワークショップ、英語児童文学、現代コミュニケーション英語、英語の談話分析、ツーリズム概論、ビジネス・イングリッシュ、最新の企業実務、卒業研究 など

閉じる

心理・社会福祉学科

講義・学問分野

心理学概論、消費者心理学、心理統計法入門、神経心理学、発達心理学、犯罪心理学、児童・家庭福祉論、ソーシャルワーク概論、地域福祉論、公的扶助論、精神保健学、精神障害者の生活支援システム、レクリエーション概論、障害とスポーツレクリエーション、卒業論文 など

閉じる

学部の特色

日本語と文学・文化を学び、本物のコミュニケーション力を身に付ける「日本語日本文学科」

日本語日本文学科では、日本語の仕組みや成り立ち、日本語が織り成す多彩な文学、そして日本語・日本文学に映し出されるさまざまな日本の文化を学んでいきます。
「ことば」が語り掛けてくるものを鋭敏に読み取り、「ことば」によって自らの思いを人々に伝えるコミュニケーションの技能も高めていきます。美しく整った日本語を話し、書く技術、ハイレベルの情報と外国語のスキルを身に付け、実社会で活躍できる人材を育てます。

閉じる

全員を対象としたアメリカ分校留学で、英語力は飛躍的にアップ!「英語文化学科」

実践的な英語力を磨くため、2年次前期に全学生が4か月間、アメリカ分校(MFWI:Mukogawa Fort Wright Institute)に留学します。3年次からは、「文化・文学」「言語・語学」「ビジネス・コミュニケーション」「国際教養」の4つの系に分かれ、専門的に学びを深め、国際社会で通用する知識と英語力を身に付けた人材を育成します。

閉じる

対人援助のスペシャリストをめざす「心理・社会福祉学科」

心理・社会福祉学科では、「心」と「社会」を理解・支援するため、心理学と社会福祉学の幅広い学問領域を学びます。各コースでの学びを通して、専門性を磨き、対人関係の実践力を高め、対人援助のスペシャリストをめざします。

閉じる

学べること

日本語日本文学科

日本語と文学・文化を学ぶ

●日本語の学び-日本語の昔と今をさまざまな角度から照らし出す。
音の響き、意味の広がり、表記の豊かさ、会話の多様な働きなど、普段使っていながらあまり意識することのない日本語のさまざまな側面を、学問として掘り下げます。また、日本語を母語としない人たちに日本語を教える理論と技術も学ぶことができます。

●日本文学の学び-こどばの精華、文学作品の森へ分け入る。
万葉の昔から平成の今日までのさまざまな文学作品、さらには、児童文学も学ぶことができます。日本のことばや文学の学びには欠かせない漢文系列の科目も充実しています。これによって、中学・高校の国語の教員として教壇に立つ実力も養うことができます。

●日本文化とコミュニケーションの学び-スキルを身に付け、日本の伝統と今を世界に発信する。
日本の文化を多面的に学べるよう、数々の科目を設けています。伝統芸術である書道の教育も充実しています。また、口頭表現・身体表現を含め、自分の思いを相手に的確に伝えるためのさまざまなスキルを、実践を通して身に付けることができます。

閉じる

英語文化学科

国際社会で通用する知識と英語力を身に付ける

●英語力を高め異文化理解力を養う「アメリカ分校留学」。
1年次に英語の基礎技能を磨いた後は、全国の大学でも珍しい、全員を対象とした2年次前期の「アメリカ分校への留学」(レギュラー・プログラム)が待っています。希望者には、さらに高度な内容の詰まったエクステンション・プログラム(後期)も用意され、2年次前・後期を通じてアメリカで学ぶことができます。

●高度な英語力習得をばねに、海外の大学への留学などをめざす少人数制のACE(エース)クラス。
一定の選抜基準を満たすと、ACE(Advanced Course in English)と呼ばれる特別クラスに入ることができます。そこでは交換留学や海外の大学院への進学、また国際機関および外資系企業への就職などをめざします。高度な英語力によって、将来の可能性が広がります。

●3年次からは4つの系に分かれて、専門性を追究。
各自の希望に応じて分かれた4つの系「文化・文学」「言語・語学」「ビジネス・コミュニケーション」「国際教養」において、専門的知識を深め、卒業後の進路に備えます。
コンピュータを活用した語学教室、同時通訳の学習用設備、そして海外との合同授業が可能なTV会議対応教室などを活用し、効果的な授業を展開、ハイレベルな英語力を身に付けます。

閉じる

心理・社会福祉学科

2つのコースで対人関係の実践力を高める

●対人援助における知識や技術を具体的に学ぶ。
人間関係を築き自己実現をめざすために欠かせない心理学と社会福祉学、さらに両コースに必要な情報活用とレクリエーションの知識と技術を学びます。社会の一員として、豊かな人生を創造するための具体的な見識を持つ人材を育てます。

●心と社会に関する理論と実践を総合的に学ぶ。
現代の諸問題と生活課題を明らかにし、豊かで明るい暮らしをつくり出すため、科学的知識と技術を備えた人材を育てます。そのため、2年次から分かれる2つのコースにおいても、両コース共通の科目を幅広く総合的に学ぶことができます。

●2年次から2つのコースに分かれ専門性を高める。
1年次の10月頃に、心の専門家を育成する「心理コース」、福祉のスペシャリストを養成する「社会福祉コース」のいずれかを選択し、専門性を高めます。心理学の知識を持つ福祉施設職員や、社会福祉学の知識を持つカウンセラーなど広い視野を持つ人材を育てます。

閉じる

アドミッションポリシー

(入学者受入れ方針)

武庫川女子大学文学部は、「立学の精神」にうたわれる“高い知性”、“善美な情操”、“高雅な徳性”を兼ね備えた有為な女性を育成するために、大学生活を通してディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を養い、主体性・論理性・実行力を培う教育を実践します。その趣旨に賛同するとともに、入学前に以下の能力を有する女性の入学を求めます。
1.高等学校までの教育課程を幅広く修得し、基礎学力を有している。
2.人文諸科学の勉学に積極的に励む姿勢を持っている。
3.将来に向けて明確な目的意識を持っている。
4.感性豊かな心と健やかな体を養っている。
5.多様な人々と協同して学ぶ態度を有している。

また、開設する学科のそれぞれの専門性やディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を持つ人材像に対応する、透明性の高い公正な入学者の選抜試験を複数の機会および方法で行います。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ