ちば

千葉大学

国立大学 千葉県

工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

総合工学科/建築学コース(69名)
総合工学科/都市環境システムコース(52名)
総合工学科/デザインコース(64名)
総合工学科/機械工学コース(74名)
総合工学科/医工学コース(39名)
総合工学科/電気電子工学コース(74名)
総合工学科/物質科学コース(78名)
総合工学科/共生応用化学コース(94名)
総合工学科/情報工学コース(76名)

所在地

1~4年:千葉

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●広い視野に立った応用力のある技術者・研究者をめざす
●個性豊かな教育・研究によって新たな独自性を築く
●生涯教育・社会人教育のニーズに応えてくれる

知的好奇心を持ってよりよい社会を構築するための新たな技術を探求。ロボットから画像、プログラムまで幅広い分野で社会に役立つ新しいモノづくりを行っていきます。

【キャンパス】西千葉キャンパス
【学生数】2,986名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】189名(2017年5月1日現在)
【大学院】融合理工学府

総合工学科/建築学コース

講義・学問分野

建築学分野

閉じる

総合工学科/都市環境システムコース

講義・学問分野

都市環境システム分野

閉じる

総合工学科/デザインコース

講義・学問分野

デザイン分野

閉じる

総合工学科/機械工学コース

講義・学問分野

機械工学分野

閉じる

総合工学科/医工学コース

講義・学問分野

医工学分野

閉じる

総合工学科/電気電子工学コース

講義・学問分野

電気電子工学分野

閉じる

総合工学科/物質科学コース

講義・学問分野

物質科学分野

閉じる

総合工学科/共生応用化学コース

講義・学問分野

共生応用化学分野

閉じる

総合工学科/情報工学コース

講義・学問分野

情報工学分野

閉じる

学部の特色

工学系総合研究棟

広い視野に立った応用力のある技術者・研究者をめざす

普遍的な基礎学力を養い、社会性をふまえた倫理教育・工学基礎教育を施し、さらに、専門分野への足がかりとしての動機付け教育を実施します。倫理観や環境に対する十分な配慮、文化に関する深い理解、コミュニケーションやプレゼンテーション能力など幅広い教養と豊かな感受性を備えた人間形成は、技術者・研究者にとって必須です。これらに加え、広い意味での問題発見能力と問題解決能力およびデザイン能力の涵養に十分配慮した教育を行います。

閉じる

工学部 学科構成

個性豊かな教育・研究によって新たな独自性を築く

個性豊かな千葉大学工学部ならではの教育・研究を推進するに当たり、伝統を大切にしつつも、常に、時代の要請に応え、社会をリードする新しい研究分野の創生に努めます。さいわい、本学部には、東京高等工藝学校以来の伝統に培われた分野があります。この伝統性・固有性を基底に据え、新たな独自性を積極的に築いていきます。

閉じる

工学部附属創造工学センター

生涯教育・社会人教育のニーズに応えてくれる

本学部には、首都圏の一角、世界の窓口としての千葉県の新しい風土に対応する国際性の高い技術教育が求められています。また、日本が迎えつつある成熟社会においては、生涯教育・社会人教育は欠かすことができません。豊かな社会にあっては、より一層教養を高めようとする人間本来の向上心の発露から、再教育の必要性と要望が高まっています。このような社会のニーズに積極的に応えていくことは、本学部が担うべき大切な役目です。

閉じる

学べること

総合工学科/建築学コース

大学院を含めた6年一貫プログラムでさらに高度な勉強・研究を行える

本コースのカリキュラムは、歴史・設計・環境・設備・構造・生産など、建築が総合的な学問で多岐にわたります。将来、建築家をめざす人、設備や構造の技術者をめざす人など、さまざまな選択ができますが、建築を多面的に捉えられるように、また自分自身の適性を探れるように、幅広い領域を学べるよう構成されています。
また、大学院をも含めた6年一貫プログラムを組み、さらに高度な勉強・研究を行なうための環境を整備しています。海外の大学と交換留学を行なうなど、国際交流にも力を入れています。

閉じる

総合工学科/都市環境システムコース

多様なテーマを連携しながら研究することができる

都市空間計画、都市基盤工学、都市環境工学、都市情報工学の4領域で構成され、都市計画、住環境計画、都市空間設計、都市建築計画、都市防災、都市インフラ、都市施設構造、環境マネジメント、環境エネルギー、環境リサイクル、都市数理、都市情報、都市通信などのテーマを連携しながら研究教育を進めています。

閉じる

総合工学科/デザインコース

デザイン界をリードして国際的に活躍できる人材をめざす

生活文化と深く関わりながら、技術と科学に裏打ちされた芸術性、人間性、豊かなデザインの実現を標榜した教育と研究を行っています。多様なニーズに柔軟に対応でき、デザイン界をリードして国際的に活躍できる人材の養成をめざしています。

閉じる

総合工学科/機械工学コース

1年次に基礎学力、2年次以降に機械工学体系の基礎科目を学ぶ

本コースに入学すると、1年生では、数学や物理学を中心とした科目を学びます。プロのエンジニアとなるためには、これらの基礎学力が必要となるからです。2年生以降になると、機械工学体系の基礎科目となる材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、制御工学を学び始めます。

閉じる

総合工学科/医工学コース

少人数教育環境のもとで工学技術者をめざす

本コースでは、医療、福祉、健康に関する広範な知識と高い実践力を有する工学技術者を少人数教育環境のもとで育成しています。講義や研究を通して問題発見能力、問題解決能力、論理的思考能力、コミュニケーション能力などを総合的に身に付ける訓練を行います。研究分野の例としては、CTやMRI、超音波、PET、眼底カメラ、内視鏡など、各種診断装置で得られる画像及び信号の処理方法や収集方法の研究開発、低侵襲かつ安全性を高めた手術技術や支援機器の研究開発、高齢者や障害者の生活を保護・介護する機器の研究開発、医療機器の科学的安全性評価などが挙げられます。

閉じる

総合工学科/電気電子工学コース

基礎から応用までの広範囲な分野の教育・研究を総合的に実践

本コースでは、基礎的学問である電磁気学、回路理論を出発点として、高度情報化社会の根幹を担う情報通信の分野から、文明社会を支えるエネルギー変換とその利用技術、およびさまざまな半導体集積回路や材料、最新の電子工学の進展に裏付けられたコンピュータハードウェアやロボット制御に至る分野まで、基礎から応用までの広範な分野の教育・研究を総合的に実践しています。

閉じる

総合工学科/物質科学コース

代表的な異分野融合分野である物質科学分野で活躍できる人材をめざす

物質科学の根幹となる物理と化学を中心に学ぶことができます。1、2年生で物理と化学の基礎を学んだのち、3、4年生では物理に重きをおいて学ぶサブコースと化学に重きをおいて学ぶサブコースにわかれて、さらに専門性を高めていきます。どちらのサブコースであっても、物理と化学の両方をしっかりと学び、デバイス工学や画像科学をはじめとした物質科学の諸分野へと展開していきます。このように分野の壁を超えて学ぶことによって広い価値観を養うことができ、代表的な異分野融合分野である物質科学分野で活躍できる人材を育てます。

閉じる

総合工学科/共生応用化学コース

化学および化学に関連する工学を幅広く修得

応用化学を専門分野とし、化学および化学に関連する工学を学び、環境に配慮した新しい概念と手法による新規物質の創出、ならびに、化学の立場から生物の機能を抽出し、それを模倣あるいは活用した物質やプロセスの開発をめざして、必要な基礎学力を身に付けることを特徴としています。共通基礎教育では専門分野の基礎となる数学・物理学・化学・生物学などの素養を涵養し、専門教育では化学および化学に関連する工学を幅広く修得できるように、多様な授業科目を受講します。

閉じる

総合工学科/情報工学コース

セキュリティ、マルチメディア情報処理など幅広い領域を学ぶ

情報にかかわる数理、コンピュータのハードウェア・ソフトウェア、セキュリティ、ネットワークからマルチメディア情報処理までの幅広い領域を体系的に学びます。専門知識を得るための科目は「情報数理」「計算機・ネットワーク工学」「ソフトウェア工学」「知的情報科学」「マルチメディア情報処理」の5本の柱および情報・数学・物理の基礎科目から構成されます。社会性・倫理観、国際的コミュニケーション能力を身に付ける科目として、工学倫理、情報工学基礎英語があります。プレゼンテーション能力およびデザイン能力は実験および卒業研究で身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

工学部管理棟

入学者受け入れの方針

現代社会では、豊かな暮らしを目指して効率性や利便性を追求するだけでなく、人と地球にやさしい配慮も求められています。工学部では、工学教育の伝統的な専門性を尊重しながらも、その枠を越えて互いの連携・融合を図ることにより、常に、広範な社会的要請に応えられる専門教育システムの確立に努めています。そして、「なぜ」「いかにして」「何をなすべきか」の3つの能力とマインドを総合的に備え、それを実践できる工学技術者・研究者の育成を目指します。
私たちは、工学を「豊かな人間社会の構築をめざす実践の学問」と考えています。社会と環境を支える技術者・研究者を育成する工学部では、
1.「なぜ」を問う好奇心・探究心
2.「何をなすべきか」を主体的に考える力
3.「いかにして」を構想し、実践する力
を修得することに、興味と資質を有する人材を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】千葉市稲毛区弥生町1-33
工学系事務センター学部学務グループ
(043)290-3054
 【URL】http://www.eng.chiba-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ