×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

じょうち

上智大学

私立大学 東京都

大学トップ

ここに注目
  • グローバル時代を生き抜く幅広い教養と語学力を養える
  • 2021年度一般入試は、3タイプから選択可能
  • 「理工融合教育」で、多様化する社会に適応できる力を養える

大学の特色

グローバル時代を生き抜く幅広い教養と語学力を養える

環境による語学力向上を実感
英語「を」学ぶではなく英語「で」学ぶ環境にある本学では、アカデミックな英語運用力、英語で専門性を高める目的に合わせて履修できる幅広い科目群により、社会の各分野でグローバルに活躍、発揮できる英語力を身に付けます。また、“Global Competency”を身に付けるために重要な言語コミュニケーション能力を高めるため、全22言語の語学科目を設置し、学生一人ひとりの目標・目的に合わせた履修モデルにより、グローバルな視野に立ち世界に貢献する人間としての素養を身に付けます。

世界で通用する専門性は高度で豊かな教養を併せ持つ
高度で学際的な教養教育と各自の専門性を融合させ、幅広い人間性と高い倫理観に裏打ちされたグローバル対応能力を開花させる「グローバル・コンピテンシー・プログラム」では、高度で豊かな教養と世界で通用する専門性を兼ね備えた人材の育成をめざします。また、298校の海外協定校から選べる交換留学や短期の語学講座、実践型プログラムなど、本学独自の海外修学経験は、グローバル人材をめざす学生の大きな一歩となります。

さまざまな新しいカリキュラムが始動
文学部7学科の専門の枠を超える「横断型人文学プログラム」や、3つのコースを軸として専門的でグローバルな学びが可能な法学部、理工学部の理工融合・文理融合した分野横断的なカリキュラムや理工英語教育プログラムなど、学部単位でのさまざまなカリキュラムの開発が進行しています。より専門的・学際的に、グローバルな学びの選択肢が広がっています。

閉じる

2021年度一般入試は、3タイプから選択可能

本学では、2021年度一般選抜から、従来の一般入試制度を変更し、[1]TEAPスコア利用型(全学統一日程入試)、[2]学部学科試験・共通テスト併用型、[3]共通テスト利用型の3方式にて入学者選抜を実施。自分に合った方式を選んで、受験することが可能です。

[1]TEAPスコア利用型(全学統一日程入試)
<事前に受験したTEAP、またはTEAP CBTのスコアと、本学独自の教科・科目試験の結果で、総合的に合否判定を行う選抜方式>
本学独自の英語試験は行わず、代替として、TEAPまたはTEAP CBTのスコアを利用します。TEAPスコアの利用方法を、現行の一般入試(TEAP利用型)の出願基準利用から、合否判定利用(得点換算利用)に変更します。

[2]学部学科試験・共通テスト併用型
<大学入学共通テスト(任意提出した外国語外部検定試験結果を含む)と、本学独自の学部学科試験結果で、総合的に合否判定を行う選抜方式>
学部学科試験は、記述式を含む学部学科への適性を問う出題とし、文章理解力、論理的思考力、表現力などを総合的に測定します。

[3]共通テスト利用型
<大学入学共通テストのみで合否判定を行う選抜方式>
英語外部検定試験結果の提出は基本的に不要とします。ただし、CEFRレベルB2以上の外部検定試験結果を提出した場合は、共通テストの英語において、みなし得点として利用可能。また、合否判定には、共通テストの英語の得点と、みなし得点のいずれか高得点を採用します。

閉じる

「理工融合教育」で、多様化する社会に適応できる力を養える

本学は9学部29学科を設置し、文系学部だけでなく理工学部も有する総合大学です。理工学部では、専門を究め、さらに専門を越えて関連する分野を自在に連結させ、統合できる「複合知」を修得した人材を輩出することをめざしています。さらには理系と文系といった垣根を越えて自在に思考し、現代社会が抱える複雑な課題の解決に貢献できる能力を育みます。
理工学部の教育・研究システムは、「理工融合型」。文系学部と同一のキャンパスで、人間・環境支援の基礎教育をともに学ぶことのできる「文理融合型」の環境を有しています。

閉じる

アドミッションポリシー

上智大学のアドミッション・ポリシー

本学は、カトリシズムの精神を基盤に、次の4つを柱とする人材養成を教育の目標としており、それらを高めたいと望む学生を受け入れます。

1.キリスト教ヒューマニズム精神の涵養
本学の建学の理念であるキリスト教ヒューマニズムに触れてこれを理解すること、他者や社会に奉仕する中で自己の人格を陶冶すること、真理の探究と真の自由を得るために自らを高めること。
2.他者に仕えるリーダーシップの涵養
他者のために、他者とともに生きる精神-”Men and Women for Others, with Others”-を育むこと、社会から受ける恩恵を自覚し、それにともなう責任感を抱くこと、リーダーシップに必要な基礎能力を培うこと。
3.グローバル・コンピテンシーの養成
グローバル・イシューへの関心を抱くこと、複数の言語でコミュニケーションできること、さまざまな文化の違いを理解し、その違いを肯定的に受け止め、それらのかけ橋となれること。
4.幅広い教養と専門分野の知識・能力の修得
幅広い教養やコミュニケーション能力など社会人としての基礎能力、専攻する学問分野における専門的知識・能力を修得すること。

上記を学力の3要素に対比させると、1・2に関連して、「主体性・対話性・協働性」を高めていこうとする人、3に関連して、「思考力・判断力・表現力」を深めていこうとする人、4に関連して、「知識・技能」の獲得を目指そうとする人を本学は求めています。

閉じる

教育環境

“叡智”の空間 ― 四谷キャンパスで、留学体験ができる

4年間ほとんどの学部学科が同じキャンパスにあるという条件を生かし、学部・学科の垣根を越えて履修できる体制を整えており、半数以上の学生が利用しています。また、全ての授業を英語で行う国際教養学部の科目を履修できるということは、同じキャンパス内で『留学』体験ができるというメリットがあります。

閉じる

80以上の国・地域からの留学生、充実の海外留学、全学的な語学教育環境で学ぶ

●キャンパスではいつでも留学気分。交換留学や短期海外研修制度も充実
本学には、80か国以上の国からの留学生2000人以上が学んでいます。キャンパスでは、あちこちで、留学生と日本人学生や留学生同士が、談笑するシーンがみられます。日常的に、多数の異文化に触れることができるのです。
また世界76か国・地域368の学術交流および交換留学協定校があります(2020年1月現在)。また、目的や留学期間の異なるさまざまな留学プログラムを用意。例年300人以上の学生を交換留学生として派遣しているほか、夏・春季休暇に2~6週間開催される短期研修講座もあります。

●22の言語を学べる、上智大学伝統の充実した語学教育
本学は伝統と先進性が同居する、多彩な語学教育を実施。選択できる言語は英語、ドイツ語、フランス語をはじめ、計22言語を用意しており、どの学科でも必ず外国語科目を履修します。

閉じる

学部

【2020年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2020年度入学者対象】

神学部、文学部(新聞学科を除く)、総合人間科学部(心理学科、看護学科を除く)、法学部、経済学部、外国語学部、総合グローバル学部/1,272,650円
文学部新聞学科/1,312,650円
総合人間科学部心理学科/1,349,650円
総合人間科学部看護学科/1,816,650円
理工学部/1,814,650円
国際教養学部、SPSF/1,490,650円

給付型の学内奨学金で、学びに集中できる

本学では、新入生奨学金をはじめとする多彩な奨学金制度で、大学での学びをサポートします。全て自分で手続きを行うことで「奨学金で学ぶ」自覚を促進します。上智大学篤志家奨学金では、留学生や各専門分野で優秀な学生をさまざまな奨学金で支援します。返還は不要で、給付期間は原則として1年間です。

閉じる

住環境

本学は4年間全学部全学科(看護学科の専門科目を除く)が四谷キャンパスで過ごします。「東京」駅から電車で9分、「新宿」駅からは5分という好アクセスの「四ツ谷」駅は、通学はもちろん、課外活動や就職活動にも便利な立地でありながら、都心の喧騒から離れた落ち着いた環境です。留学生が多く集う国際色豊かなグローバルキャンパスを最大限に活用して、自身の可能性を探り、多くの出会いを見つけてください。

閉じる

クラブ・サークル活動

●数多いクラブの中からいくつかを紹介します。
男子ラクロス部:関東学生ラクロスリーグ1部所属。日本代表選手も送りだしています。
フライングディスク部:全日本アルティメット選手権大会で学生チャンピオンに輝いています。
Sophia Flying Turkeys:「鳥人間コンテスト」への出場常連校として毎年活躍しています。
アメリカンフットボール部:関東学生アメリカンフットボール連盟1部所属。
Sophia Racing:全日本学生フォーミュラ大会総合優勝4回など、輝かしい実績を誇ります。

体育会系クラブ

合気道部、アイスホッケー部、アメリカンフットボール部、応援団、空手道部、弓道部、競技ダンス部、剣道部、硬式庭球部(女子)、硬式庭球部(男子)、硬式野球部、ゴルフ部、サッカー部、少林寺拳法部、自動車部、柔道部、準硬式野球部、水泳部、スキー部、卓球部、ソフトテニス部(女子)、ソフトテニス部(男子)、ハンドボール部 など

文化系クラブ

ドンキホーテ(児童養護施設でのボランティア活動)、 アメリカンミュージック研究会(ライブハウスなどでのバンド演奏)、 上智映画研究会(自主制作映画の撮影・上映会での発表)、 英語研究会[E.S.S.](英語によるスピーチ・ディベート・ドラマ活動)、 紀尾井文学会 (文芸誌の発行・創作活動)、 アイセック上智大学委員会(海外インターンシップのコーディネート)、 茶道部(茶道の稽古)、 写真部(写真展や撮影会・写真講習会の開催) など

その他

ボランティア、学問研究、ビジネス研究、各学生委員会 など

閉じる

大学院・併設の大学

上智大学大学院の研究科、上智大学短期大学部の学科紹介

【上智大学大学院】
●神学研究科
●文学研究科
●実践宗教学研究科
●総合人間科学研究科
●法学研究科(法科大学院を含む)
●経済学研究科
●言語科学研究科
●グローバル・スタディーズ研究科
●理工学研究科
●地球環境学研究科

【上智大学短期大学部】
●英語科

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るために、「大学案内」の資料を取り寄せましょう。 大学案内には、学部・学科ごとの詳しいカリキュラム、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報がのっています!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

四谷キャンパス

●東京都千代田区紀尾井町7-1
JR中央線・総武線/東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ツ谷」駅下車、徒歩3分。東京メトロ有楽町線「麹町」駅下車、徒歩8分

目白聖母キャンパス

●東京都新宿区下落合4-16-11
西武新宿線「下落合」駅下車、徒歩8分。JR山手線「目白」駅下車、徒歩15分。またはバスで「聖母病院入口」下車徒歩2分

閉じる

問い合わせ先

住所

〒102-8554
東京都千代田区紀尾井町7-1
学事局入学センター

電話番号

(03)3238-3167(直)

URL

https://www.sophia.ac.jp

閉じる

閲覧履歴に基づくオススメの大学

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ