学校パンフ取り寄せで図書カードGET

わせだ

早稲田大学

私立大学 東京都/埼玉県

先進理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

物理学科(30名)
応用物理学科(55名)
化学・生命化学科(35名)
応用化学科(75名)
生命医科学科(30名)
電気・情報生命工学科(75名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●新しいサイエンスを創造する世界最高水準の研究・教育拠点
●2つの学科にチャレンジできる魅力的な入試制度
●真理の探究から社会実装までを網羅する6学科で構成

「物質」「生命」「システム」をキーワードに、先進的な教育・研究を展開。ナノテクノロジー、新エネルギー、環境、バイオテクノロジー、創薬など時代の最先端を行く新領域のテーマに取り組みます。科学技術の新領域をリードする人材を育成します。

【キャンパス】西早稲田キャンパス
【学生数】男子1,795名、女子631名(2017年4月1日現在)
【専任教員数】860名[非常勤含む]〈理工3学部全体〉(2017年4月1日現在)
【大学院】先進理工学研究科(M/D/一貫性博士課程)

物理学科

講義・学問分野

物理入門、場の数理、フーリエ解析など

閉じる

応用物理学科

講義・学問分野

量子力学、熱力学、常微分方程式、電子工学など

閉じる

化学・生命化学科

講義・学問分野

有機化学、生命化学、分析化学、物理化学、無機化学など

閉じる

応用化学科

講義・学問分野

物理化学、化学工学、分析化学、生物化学、高分子化学、環境調和プロセス工学、バイオプロセスなど

閉じる

生命医科学科

講義・学問分野

生命機能材料科学、発生生物学、生物統計学、脳神経科学、有機化学、分子細胞生物学、ウイルス学など

閉じる

電気・情報生命工学科

講義・学問分野

電気・情報生命工学フロンティア、細胞生物学、分子生物学など

閉じる

学部の特色

新しいサイエンスを創造する世界最高水準の研究・教育拠点

本学部では、自然科学を基礎として「物質」「生命」「システム」をキーワードに、先進的な教育・研究を展開しています。ナノテクノロジー、新エネルギー、環境、バイオテクノロジー、創薬など、時代の最先端を行く新領域のテーマに取り組み、効果的な研究・教育を促進しています。基礎と応用の相乗的融合を図り、理学・工学・医学の交流を活発にしながら、世界最高水準の研究・教育拠点として理工系の叡智を結集します。

閉じる

2つの学科にチャレンジできる魅力的な入試制度

入試では、学科により物理、化学、生物の理科科目のうち、得意とする2科目を選んで受験することができます。学科の併願はできませんが、第1志望学科とは別に、学部内で同一の理科解答パターンを持つ学科を第2志望とすることができます。入学後、低学年時には各学科の基礎となる学問体系を着実に習得し、高学年・大学院では学科・専攻の壁を超えた最新の学術分野における高度な知識と技術を習得します。幅広い分野の世界的先端企業や研究機関で活躍できる研究者・技術者を育成します。

閉じる

真理の探究から社会実装までを網羅する6学科で構成

物理、化学、生命、電気、情報をはじめとする多様な学問領域において、真理の探究から社会実装までを網羅する6学科で構成されています。「物理」「化学」「生物」などといった自然科学を基礎にしつつ、その枠にとらわれない学際的な新・融合領域に展開し、社会からの多様なニーズ、学生の知的好奇心に応え得る多彩なカリキュラムを用意しています。また、本学部は学部卒業後に高い比率で大学院(先進理工学研究科)に進学する者も多く、両課程を通じて「教育」と「研究」が切れ目なく密に統合されていることも最大の特長です。

閉じる

学べること

物理学科

素粒子・宇宙から生物までの自然現象を解明

20世紀の科学技術で中心的役割を果たした物理学は、今後これまでとは質的に変化した多様な方向性を探ることでしょう。21世紀の物理学は、驚くべき発見、複雑な現象を記述できる新しい理論的枠組みや実験手法の開発などによって、異なる次元のものへの進化が期待されています。本学科は、あらゆる階層の自然現象を理解するために不可欠な物理法則の研究・教育を行っています。素粒子・宇宙物理学、物性(凝縮系)物理学、生物物理学を研究の3本柱に、新しい分野に挑戦し続けています。

閉じる

応用物理学科

次世代技術の芽と新しい物理をつくる

物理学を駆使し、時代を切り開く科学技術を創造する人材の育成をめざしています。物理学と物理数学の基礎を修得した後、デバイスやロボティクス、システム制御などを扱う「計測・情報工学」、レーザーなどの応用を扱う「光工学」といった工学分野から、さまざまな物質の性質を調べる「物性物理学」、多数の要素が示す協同現象やカオスを扱う「複雑系の物理学・統計力学」、諸現象の数学的な側面を調べる「応用数学」といった理学分野、および新領域である「ナノテクノロジー」まで幅広く学べます。

閉じる

化学・生命化学科

原子・分子レベルで見た先端的機能性物質の創造

原子・分子の立場から、物質の構造・性質・化学反応を理解し、新しい法則の発見、新しい化学反応の開発、新しい物質の創製をめざします。また、これらの創造的物質の性質を分子・原子のスペクトルで解析します。化学のフロンティアは、物理学、生物学、薬学、医学、農学、天文学、電子工学、環境科学、生態学など幅広い分野に広がっています。本学科では、医薬品・生理活性物質・金属材料・セラミックス・液晶・電子材料などの新機能性物質や環境に配慮した物質を作り出す創造的化学者を育成します。

閉じる

応用化学科

分子・物質を自在に操るスペシャリストを育成

原子・分子といったナノの世界から生命・地球環境にわたる幅広い知識を身に付け、有機無機ハイブリッド新素材・医薬品合成・燃料電池・水素製造技術・有機ラジカル電池・バイオテクノロジー・環境リサイクル・バイオセンシングデバイスなど、最先端の専門分野を開拓する力を修得します。また、分子の構造と性質を追究する化学とともに、製造プロセスの設計に関する化学工学の知識と感覚を身に付け、知識としての化学のみならず「使える化学」を強く意識しています。

閉じる

生命医科学科

新しい「生命医科学」の扉を開く研究者を育成

複雑な生命現象を科学的に理解できる確固たる知識基盤の習得をめざし、少人数制のきめ細かな指導を行っています。多面的で実践的な教育プログラムを通じて、生命現象のみならずさまざまな疾病の形成や進展にかかわる分子機構の解明や診断・治療などの新技術の開発に携わることができる、生命医科学分野の研究者としての素養を備えた人材を育成します。

閉じる

電気・情報生命工学科

21世紀を担う最先端テクノロジーの融合

電気・電子・情報・生命の分野では、新技術の創出が進んでいます。例えば、環境エネルギー、ナノテクノロジー、創薬などは一層高度化され、さらなる融合が求められています。生命系の知識を備えた電気系技術者・研究者に対しても期待が寄せられています。一方、ゲノムやタンパク質、脳・神経機能の解明には、情報処理やナノテクノロジーなどの素養も必要です。これらをふまえ、本学科では生命・電気・電子・情報系分野の教育研究を充実・融合させ、最先端分野のテクノロジーを効率的に学べるカリキュラムを編成しています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都新宿区大久保3-4-1
理工学術院統合事務所
(03)5286-3000
 【URL】http://www.ase.sci.waseda.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ