必見!業界特集

美容業界
仕事とは?

「いつもキレイでいたい」「カッコよくなりたい!」――だれもが持つ願望を、専門的なスキルで叶えようとするのが美容業界の仕事です。近年は、幅広い世代に美容のニーズが拡大しています。

美容業界について知ろう!

美容業界にはさまざまな職種が!外見だけでなくリラクゼーションも

美容業界といっても、その職種は実にさまざま。美容師、理容師、エステティシャン、メイクアップアーティスト、最近ではネイリストやアロマテラピストも人気です。活躍できる職場は、美容室・理容室、エステサロン、リラクゼーションサロン、化粧品販売店など。いずれの現場でも、お客様の外見の美しさを演出するだけでなく、接客中のコミュニケーションで内面の美しさまで引き出すことや、リラクゼーション効果までが求められています。

「いつまでも美しく!」シニア世代からのニーズが高まる

高齢者の増加に伴い、若い世代だけでなく、「いつまでも美しくいたい」と考えるシニア世代からも美容のニーズが高まっています。近年は理容師や美容師が、医療・介護施設を訪問して、カットやパーマ、ヘアセットを行う訪問理美容サービスも見られるようになりました。エステティシャンやアロマセラピストは、フィットネスクラブやスパ施設への就職も増加傾向です。「いつも健康で、美しくありたい」と願う人がいる限り、美容業界の需要は今後も高まっていくでしょう。

美容に関心を持つ男性が増えるなど、新たな利用者層が拡大

近年、「多くの仕事がAIに奪われる」という声が出ていますが、美容業界の仕事は基本的に技術職。利用者とのコミュニケーションも大切になるので、AIに仕事を奪われる心配は少ないでしょう。美容業界は毎年たくさんの新しいお店が開店する、競争の激しい業界ですが、優れた技術と豊富なアイデアを持っていれば、独立開業も夢ではありません。
また、美容業界では、新しい利用者層を開拓する動きも見られます。エステサロンの利用者の多くは女性でしたが、近年は、身だしなみに高い関心を持つ男性も増えており、メンズエステや男性向け化粧品が注目を集めています。

美容業界に向いているのはこんな人

美容と健康への高い関心、流行をキャッチする感性はもちろん、「内面的な美しさ」にも興味を持っていることが重要です。また、美容業界の職種はどれも技術が大切です。目標に向かって常に努力を重ねることも欠かせません。
基本的に接客を伴う仕事なので、社交的で話題が豊富な人であれば、リピーターをつかみやすいでしょう。自分を指名する顧客が増えれば、必要とされている実感を得られるので、満足度の高い業種といえます。

美容業界に関係する職種

この分野をめざせる専門学校を体験してみよう

職業カテゴリから関心をもった業界、職業を選択して、実際に専門学校に行ってみよう!

キミにぴったりな職業は?

そのほかの業界もみてみよう