職業情報 芸能・芸術系

メークアップアーティスト

メークアップアーティスト

メークアップアーティストの仕事の内容

より美しくするメークから特殊メークまで

 メークアップアーティストは、「顔」を作るスペシャリストだ。ジャンルとしては、美しく見せることが目的のメークと、全く別のキャラクターを作り出す特殊メークがある。
 前者の場合は、雑誌やポスター、テレビ、CMやファッションショーなどで、モデルや出演者にメークを施す。出演者の役柄、照明や光の具合、テーマや状況を考慮しつつ、最もカメラに映えるようなメークを考える。ほとんどの場合、ヘアも合わせて担当する。
 仕事の場はテレビや映画制作関係だけでなく、結婚式場、化粧品会社、コスメショップなどもあり、広範囲に渡って活躍している。

メークアップアーティストの働き方と生活

早朝や深夜の撮影もあり生活は不規則になりがち

 初めはメーク専門のプロダクションや美容室に就職し、経験を積んで独立するケースが多い。
 モデルや出演者にメークを行う場合は、撮影現場にメーク用具を持ち込んで、与えられた時間内でメークを仕上げる。撮影が長時間に及んだり、早朝や深夜になることもあり、生活は不規則になりがちだ。

メークアップアーティストにふさわしい人

研究熱心で豊かな感性の持ち主

 たとえ同じ人を、同じ状況や同じテーマでメークしたとしても、相手の肌のコンディションによって全く異なる仕上がりになってしまうような繊細な仕事だ。そのため、化粧品に対する探究心が強く、いろいろな技術や配色を応用していける柔軟な感性を持っている人に適している。

メークアップアーティストの収入、資格

収入 …  経験や能力により異なる

メークアップアーティストの将来展望

メーク効果への期待が
さまざまな分野で広がる

 メークを必要とする分野は多岐に渡り、需要が減ることはないだろう。また、メークを施すことで、心が前向きになる効果があるため、高齢者や病気を持つ人に対して行われるメークセラピーも注目される。
 特殊メークは映画制作などで活躍できるほか、「手術の傷跡を隠したい」といったニーズにもこたえることができる。メークがどんな人に必要とされるか、イメージを広げていくことで、技術を生かせる場は増えていくだろう。

メークアップアーティストにはこうすればなれる

専門学校でメークの知識と技術を学ぶ

 メークアップアーティストになるには、メークの専門学校や美容系の短大で専門知識や基礎技術を学んでおくと有利だ。そこで一般的なメークや特殊メークをひと通り勉強して、自分が将来どんなジャンルのメークアップをしたいのかを決めるといいだろう。
 メークアップアーティストには美容師免許取得者も多く、美容学校卒業後、メークの学校に入り直す人もいる。メークだけでなくヘアアーティストの役も兼ねることがあるので、美容師の資格と経験があると仕事の幅が広がる。
 また、特殊メークのできるアーティストは日本ではまだ少ないだけに、今後が期待できるジャンルだ。本場のアメリカに留学して最新技術を学んでくるのもいいだろう。

メークアップアーティスト なるためチャート

この職業を「気になる職業」に登録しよう!

この職業を「気になる職業」に登録している人数がわかる!
この職業を志望する人の志望大がわかる!

登録する

この職業になれる専門学校を探す

「職業検索」に戻る

「職業名から探す」に戻る