学校パンフ請求でLINEギフトコード全員GET!

リハビリ業界で働こう

~人々の生活に癒しや安らぎを与えるペットたち。それらの動物の世話などに関わるのがペット業界で働く人々です。近年はペットを家族の一員と考える人が増え、それに伴いサービスの多様化が見られます。~

どんな業界かを知ろう!

社会生活への復帰を望む人たちを手助けする

私たちの暮らす社会には、病気や事故あるいは先天的な原因によって、身体機能や精神に障害を持つようになった人が存在します。そのような人々が社会生活に復帰できるよう、専門的な訓練を行うのがリハビリ業界に携わる人々です。「リハビリ」という言葉からは、主に運動系の機能回復をめざす理学療法士や作業療法士、鍼灸師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師などをイメージするかもしれませんが、音楽療法士などのように心の健康の回復をめざす職種もあります。
また、障害のある身体の部位や機能によっては、専門的な知識とスキルを持つ言語聴覚士、視能訓練士、義肢装具士といった人たちが活躍します。
いずれの職種も機能的な回復訓練だけでなく、患者が社会生活への復帰や職業復帰ができるように総合的に働きかけます。

仕事には忍耐力が必要だが、そのぶん回復時は喜びも大きい

リハビリ業界に携わる人々のやりがいは、回復を望む人に寄り添うようにして手助けができることといえます。リハビリテーションはすぐに効果があらわれないことが多く、機能回復、社会復帰に長期間かかる場合もあります。忍耐力が問われる仕事ですが、そのぶん患者が少しずつでも回復に向かう姿を見られるのは大きな喜びにつながるでしょう。

高齢者・障害者の増加により社会からの期待大

少子高齢化の影響と医学の発達にともない、高齢者・障害者の数は増加しています。そのため、リハビリテーション療法の充実は社会的な課題の一つになっています。病院や診療所で専門的な療法を施すリハビリテーションのスペシャリストには、高い期待が寄せられています。
また、治療院で施されるはり・きゅうやマッサージは、以前は主に高齢者が利用するものと考えられがちでしたが、近年は一流スポーツ選手も肉体のケアのために利用するようになり、世代を問わず利用者が増えているようです。

病院や専門施設が主な職場。独立開業できる職種もある

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士、義肢装具士は、病院やリハビリテーション施設が主な職場になります。病院で働く場合、医師の指示に従い、看護師や栄養士などと連携して患者の回復をめざします。医師や看護師と比べると、規則的な勤務時間になりますが、休日は交替制になる場合が多いようです。ほかにも保健所や学校で働く場合もあります。
 鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師は主に専門の治療院や病院、診療所で働きます。勤務時間や休日などの条件は勤め先によって異なります。経験を積んで独立開業をめざす人もいます。

こんな仕事があります!

ひとくちにリハビリ業界といっても、さまざまな仕事があります。
代表的な仕事を挙げてみますので、気になる仕事をクリックして仕事内容をチェックしてみましょう。

働く人に聞いてみよう!