学校パンフ取り寄せで図書カードGET

こくさいいりょうふくし

国際医療福祉大学

私立大学 栃木県/千葉県/東京都/神奈川県/福岡県

学部・学科

学べること

関連職種連携教育

実践的な「チーム医療・チームケア」教育を受ける

本学は、医療職、リハビリテーション職、福祉関連職などの専門職を養成する学科が揃っている医療福祉の総合大学です。単科大学と異なる、この強みを生かしたカリキュラムが本学独自の「関連職種連携教育」。学部・学科の垣根を超えてチームを編成し、医療福祉現場で実習を行うのが大きな特長です。5つの附属病院をはじめ臨床医学研究センターという位置づけの関連施設を多数有し、実習施設が充実していることで、関連職種連携教育が実現しました。カリキュラムは体系化され、段階を踏みながら「チーム医療・チームケア」の考え方やスキルを学んでいきます。1年次は医療福祉施設を訪れ、現場で行われている連携を自分の目で確かめます。2年次は講義で、各職種の専門性を理解し、関連職種連携の理念・形態や実践方法を学びます。3年次は学部・学科を横断したチームで問題解決型の体験学修(PBLチュートリアル)を行い、関連職種連携の基本的な技能を身に付けます。最終ステップとなる4年次は、学部・学科横断チームで医療福祉施設での実習に臨みます。実例に基づいてチームで治療計画を立案したり、現場のカンファレンスに参加したりなど、本物の「チーム医療・チームケア」を体験します。(医学部・薬学部は実施年次等が異なる場合があります。)

閉じる

附属病院での臨床実習

現場で充実した臨床実習を受ける

本学は、近年、医学・医療福祉教育において注目されている「early exposure(早期から現場を体験する教育手法)」の考え方を導入し、臨床実習を重視しています。5つの附属病院をはじめ臨床医学研究センターという位置づけの豊富な関連施設を実習施設として整備し、1年次から実習を体験することで、教室で学んだ知識をスキルとして定着できるようにしています。附属病院や臨床医学研究センターには最新の機器・設備が整備されているので先進の医療技術を学べます。また、本学のめざす「関連職種連携」と同じ理念で「チーム医療・チームケア」が実践されているので、授業での学びは実習の現場でも役に立ちます。さらに、附属病院・関連施設での実習のメリットとして、教員と現場の実習担当者が緊密に連携し、実習が充実したものとなるようサポートできるほか、多くの卒業生が働いているので丁寧な指導が受けられ、安心して実習に集中できます。

閉じる

タイでの海外研修

アメリカやアジアなど15の国や地域での海外研修を受ける

本学では、学生がどの国でも、どんな場所でもひとりの人間として、また、自立した専門家として行動できる人になってほしいと考えています。そのための活動のひとつとして、夏休みや春休みを利用して約2週間、アメリカやアジアなど15の国や地域から研修先を選び、異なる文化や医療福祉を体験する海外研修を行っています。現地の医療スタッフの指導のもと、患者さんのケアの補助を行うなど海外の医療現場にも触れるほか、国際人として外国の方との接し方を身に付けられる貴重な機会になっています。海外での研修が安全で充実したものになるよう、出発の3か月前から事前研修を行います。

2015年度参加学生数:491人(全キャンパス合計)
アメリカ・ハワイ州37人、オーストラリア97人、中国52人、台湾59人、韓国50人、シンガポール55人、ベトナム91人、ミャンマー16人、タイ34人

閉じる

学部・学科

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ