かんとうがくいん

関東学院大学

私立大学 神奈川県

関東学院大学/経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(380名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ビジネスの理論を学び、経営の現場を体験。社会で生きるための力を養う
●K-biz = 社会連携教育プラットフォーム
●充実の実践型プロジェクトと会計人材育成プログラム

経営学は、会社経営の方法について研究する学問です。組織や会社経営を研究し、効果的なマネジメントの方法を探究していきます。ビジネスの理論を学び、経営の現場を体験することで、社会で生きるための力を身に付けます。

【キャンパス】

横浜・関内キャンパス

【学生数】

1429名(2022年5月1日現在)

【専任教員数】

30名(2022年5月1日現在)

【大学院】

経済学研究科(M/D)/経済学専攻、経営学専攻

経営学科

【講義・学問分野】

経営・商学、経営情報学

入学者・卒業者数

入学者数

394人
男女比
女子生徒数
134
男子生徒数
260
地元占有率
地元出身学生数
189
入学者総数
394

卒業者数

313人
就職者・進学者数内訳
就職者数
256
進学者数
6

学部の特色

ビジネスの理論を学び、経営の現場を体験。社会で生きるための力を養う

経営の現場で実践的に学ぶ

経営学科では、今後のキャリア形成や学生生活を送るうえで必要な基礎を1年次に学び、2年次から学生一人ひとりの進路に合ったコースを選択します。各コースで学ぶ講義科目で学修した知識を実際に「使ってみる」「やってみる」のが実践ビジネス科目です。理論と実践を交互に学ぶサイクルで社会で使えるスキルを磨きます。

K-biz = 社会連携教育プラットフォーム

K-bizとは学生が「経営の現場」に出ていくしくみを指します。企業とコラボレーションして商品開発や戦略提案を行うことで、机上で学んだことを実践できる場を提供しています。K-bizサポーター企業には有名企業と横浜の優良企業が含まれており、この11社が学生の教育に積極的に関わることで実践的な学びが可能となります。

充実の実践型プロジェクトと会計人材育成プログラム

税理士など会計系の資格取得をめざす学生の数年にわたる学修を教員が長期的にサポート。大学院への飛び級制度があり、大学入学後、最短5年で税理士試験に合格することも可能です。学修の進度などについてきめ細かく指導し、まずは早期での日商簿記検定3級合格をめざします。

学べること

経営学科

新しいビジネスを考え、経営理論を学ぶ
経営者の生の声を聞く、実践的なカリキュラムでビジネス感覚を磨く

企業をモデルに人と組織のふるまいを学修しながら、現代社会と企業のあり方、人と企業の関わり方について考えます。第一線で活躍する中小企業の経営者から話を聞く「神奈川の中小企業」というカリキュラムでは、実践を重視した各種プログラムでビジネス感覚を磨くとともに、現実の経済環境に対応する柔軟な思考力や判断力、創造性あふれる行動力を育むことによって、未来の企業社会を開く人材を育成していきます。
また、資格取得講座を設けて、ファイナンシャルプランナーや証券アナリストなど、ビジネスの現場で注目される資格取得をバックアップしています。

【授業・講義】
1年次に全員が履修する事業企画立案プログラム「ビジネスプラン」

これは事業の企画を自分で立ててみるという授業です。まずやってみることによって、何ができないのか、何を勉強しなければならないのか、ということに気づくことをめざします。こうした「気づき」は、2年次以降の専門的な学修をする意義や目的をもたらし、学修する意欲も高まることになります。

アドミッションポリシー

求める学生像

経営学は、複数の人が協働してある目的を達成しようとする企業や組織を対象として、その運営・管理に必要な実践的な知識とスキルを学修する学問である。経営学部経営学科では、高等学校までの基礎学力を基に、経営学に対し強い興味・関心を持ち、新しいものを生み出そうあるいは何かを変えようとする意欲に満ちた、主体性・協調性を備えた学生を求める。

問い合わせ先

【住所・電話番号】


横浜市金沢区六浦東1-50-1
アドミッションズセンター
(045)786-7019(直通)

【URL】

https://ao.kanto-gakuin.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ