学校パンフ取り寄せで図書カードGET

かんとうがくいん

関東学院大学

私立大学 神奈川県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科(352名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●次の社会を担う人になれる「経営学部」
●良識あるビジネスリーダーとして広く社会に貢献できる人材をめざす
●実際の企業の現場の視点を取り入れたサポート企業ネットワーク「K-biz」

グローバル化の進展、ICTの発展、人口減少などによる社会構造の大きな変化を見据え、これからの企業、組織、そして人間のあり方を探求するため、さらに、次の社会を担う人材を育成するために、2017年4月、経営学部を開設しました。

【キャンパス】横浜・金沢八景キャンパス
【学生数】365名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】32名(2017年5月1日現在)
【大学院】経済学研究科(M/D)/経済学専攻、経営学専攻

経営学科

講義・学問分野

経営・商学、経営情報学

閉じる

学部の特色

次の社会を担う人になれる「経営学部」

グローバル化の進展、ICTの発展、人口減少などによる社会構造の大きな変化を見据え、これからの企業、組織、そして人間のあり方を探求するため、さらに、次の社会を担う人材を育成するために、2017年4月、これまでの経済学部経営学科を発展的に独立させ、経営学部を開設しました。

閉じる

良識あるビジネスリーダーとして広く社会に貢献できる人材をめざす

経営学部では、幅広い教養や専門知識の修得と主体的・実践的な学びを両輪として、企業や組織が直面する課題を解決する力、新しいものを生み出す力、何かを変える力を養成します。経営学の学びの中で繰り返し社会に参加する機会を提供することにより、経営学の専門知識と方法を活用し、社会的諸問題を論理的かつ客観的に分析できる能力を培います。経済社会の激しい変化に対応するために、主体的かつ柔軟に考え行動する力の養成と、就業力・キャリア能力拡充のための実践的な学びに力を注ぎ、良識あるビジネスリーダーとして広く社会に貢献できる人材を育成します。

閉じる

実際の企業の現場の視点を取り入れたサポート企業ネットワーク「K-biz」

経営学部では、これまでに培ってきた教育資源やネットワークを活かしつつ、これからの社会に求められる人材を育成するため、サポート企業ネットワーク「K-biz」を構築し、実際の企業の現場の視点を大きく取り入れた教育を推進していきます。K-bizには、東証一部上場企業から地域企業まで、さまざまな業種から約10社が参画します。

閉じる

学べること

経営学科

経営者の生の声を聞く、実践的なカリキュラムで感覚を磨く

企業をモデルに、人と組織のふるまいを学習しながら、現代社会と企業のあり方、人と企業の関わり方について考えます。第一線で活躍する中小企業の経営者から話を聞く「神奈川の中小企業」というカリキュラムでは、実践を重視した各種プログラムで感覚を磨くとともに、現実の経済環境に対応する柔軟な思考力や判断力、創造性あふれる行動力を育むことによって、未来の企業社会を開く人材を育成していきます。
また、資格取得講座を設けて、ファイナンシャルプランナーや証券アナリスト、簿記検定など、ビジネスの現場で注目される資格取得をバックアップしています。

【授業・講義】
「戦略とイノベーション」

現代の大企業の多くは複数の事業を行っており、企業全体の優位性を考える必要があると同時に、企業が長期的に成長するためには今日の技術環境の変化に適切に対応する必要があります。そこで、事業戦略の応用、企業戦略の基礎、およびイノベーション・マネジメントの基礎を、企業の事例にもとづいて理解します。

閉じる

アドミッションポリシー

学部の理念・目的・教育目標に基づき、次のような人材を求める

経営学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、経営学に興味、関心を持ち、下記の能力を備えた多様な学生を、各種選抜方法を通して受け入れます。

● 高等学校で履修する国語、外国語及び地理歴史・公民・数学などの各教科・科目について、教科書レベルの基礎的な知識を有している。
● 高等学校における外国語、簿記、情報などの専門学科に特有の知識や技術を有している。
● 自分の考えを的確に表現し、伝えられる日本語力を有している。
● 物事を柔軟にとらえて論理的に考察することができる。
● 経済社会の諸問題に関心を持ち、その解決に貢献する意欲がある。
● 組織や地域社会のメンバーとして、その発展に専門的な知識や技術を生かして貢献する意欲がある。
● 他者と積極的にかかわり、効果的なコミュニケーションを通じて相互理解に努めようとする態度を有している。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】入試センター
(045)786-7019(直通)
 【URL】http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ