学校パンフ取り寄せで図書カードGET

かんとうがくいん

関東学院大学

私立大学 神奈川県

社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

現代社会学科(195名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会を自分で確かめながら学び、問題を発見・分析し、解決法を学ぶ
●社会福祉士国家試験に特化した授業「社会福祉総合演習」など、資格取得支援体制が充実
●国際社会福祉演習と地域貢献活動演習で、国際的な視野を持って地域で活躍できるソーシャルワーカーをめざす

現代社会の諸問題を調査・分析する「社会学」と、その実践・応用の「社会福祉学」を学びます。多様な人々の共生社会を構想・創造する“社会構創力”と、逆境を乗り越える“レジリエントな暮らし”を実現する力を身に付けます。

【キャンパス】横浜・金沢文庫キャンパス
【学生数】583名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】16名(2017年5月1日現在)
【大学院】文学研究科M/D(社会学専攻)

現代社会学科

講義・学問分野

社会学、社会福祉学、人間科学、マスコミ学

閉じる

学部の特色

社会を自分で確かめながら学び、問題を発見・分析し、解決法を学ぶ

地域社会・社会組織・マスコミを中心に学び、将来は主に一般企業や公務員をめざす「社会学コース」と、ソーシャルワークなど福祉全般を学び、将来は主に社会福祉専門職をめざす「社会福祉学コース」を設定し、多様な専門科目を系統的に学びます。また、社会福祉士国家試験など各種の資格取得の支援も積極的に行っています。

閉じる

社会福祉士国家試験に特化した授業「社会福祉総合演習」など、資格取得支援体制が充実

社会福祉士をめざす学生を対象に国家試験に特化した科目を開講。グループ学習や個別指導を通して、社会福祉士として必要な知識の定着を図りながら、果たすべき役割を確認します。多様化・複雑化するニーズに対応する社会福祉政策・制度・サービスの基本的なしくみと現状を学びながら、相談援助の技法とその裏付けとなるソーシャルワークの理論に関する知識を再確認。受講者が社会福祉士国家試験の「共通科目」における合格ラインに達することを目標としています。

閉じる

国際社会福祉演習と地域貢献活動演習で、国際的な視野を持って地域で活躍できるソーシャルワーカーをめざす

本学部は、世界と日本の社会福祉の現実を知り、国際的な視野を持って地域で活躍するソーシャルワーカーの育成をめざしています。そのための取り組みの一つとして、国際社会福祉演習を正式科目としました。また、地域貢献活動演習は、外国人居住者の多い自治体など、神奈川県内で国際化が進んでいる地域で行われます。

閉じる

学べること

現代社会学科

教授と学生が一緒になって汗を流し、実社会のリアルな問題に取り組む

人間関係や社会集団が抱える問題を発見・研究する「社会学」とその実践・応用分野である「社会福祉学」。この2分野を柱とし、複雑化する現代社会の中で、問題を発見・分析・解決する視点・手法・技術を学びます。社会とは何かを追い求め、人々の幸福を探究することがテーマです。「いま」を学ぶのが本学科であり、文献だけに頼るのではなく、実際に街に出て調査したり、話を聞いたりし、理論と実践を通じて学びます。

【授業・講義】
バックパッカーの聖地「カオサン」を調査し、ホームページを作成する

メディアと個人の相互作用によって社会がどのように変容していくかを研究する新井克弥先生。同ゼミの3年生は、毎年、タイのバンコクにあるカオサン地区で1か月の合宿を行っています。カオサン地区は、世界有数の安宿街として知られ、バックパッカーの聖地と言われます。学生は、ここで実際にゲストハウスやレストランを訪れて取材し、バックパッカーのためのホームページを制作します。日本とは勝手の違う異国での活動では苦難やトラブルに直面することもありますが、柔軟性、行動力、チャレンジ精神などが高められます。また、共同作業をするなかで協調性やリーダーシップが養われ、情報を整理し、表現する実践的な力も培われます。

閉じる

アドミッションポリシー

明確な学びの意思と社会参画の意欲を持った学生を求める

社会学部は、キリスト教に基づく建学の精神と校訓「人になれ 奉仕せよ」に共感し、社会学部の教育研究上の目的を理解して自己実現を図ろうとする明確な目的意識と情熱を持ち、次の7つの資質・能力に基づく学部の入学者受入れ方針に適う多様な学生を広く求め、各種入学試験により選抜します。

●入学後の修学に必要な基礎学力として、高等学校で履修する教科・科目のうちとくに国語、社会、英語について内容を理解し知識を有する。
●自分の考えを伝えられる日本語力を有している。(外国人入試)
●文化・スポーツ・社会貢献活動の秀でた実績があり、また積極的に取り組む姿勢がある。(推薦入試、AO)
●社会学部での学びにつながるボランティア体験、異文化体験、サークル活動等の経験を有する。(推薦入試、AO)
●柔軟かつ多面的に考え、論理的に意見をまとめ、文章表現することができる。(推薦入試、AO)
●社会の諸問題に関心を持ち、問題の解決に積極的に貢献しようとする意欲がある。(推薦入試、AO)
●コミュニケーションを効果的に図り、相互理解に努めようとする態度がある。(推薦入試、AO)

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】入試センター
(045)786-7019(直通)
 【URL】http://ao.kanto-gakuin.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ