×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

かんとうがくいん

関東学院大学

私立大学 神奈川県

人間共生学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

コミュニケーション学科(148名)
共生デザイン学科(95名)

所在地

1~4年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●共生という視点から、人がよりよく生きるために必要な専門性と問題解決能力を養う
●多様な文化や、価値観を持つ人々とのコミュニケーションに必要な能力を身に付ける
●「かたちのあるデザイン」から「かたちのないデザイン」まで、幅広く柔軟なデザインを学ぶ

人間共生の問題を発見し解決するために、実践的な学びでコミュニケーション能力とデザイン力を身に付け、他者と協働しながら主体的に実社会で活躍できる能力を習得します。

【キャンパス】横浜・金沢八景キャンパス
【学生数】985名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】24名(2020年5月1日現在)

コミュニケーション学科

講義・学問分野

コミュニケーション・プロジェクト、ジャーナリズム論、リスク・コミュニケーション、インターフェイス論、起業論、集団行動の心理学、中国語圏の生活と文化、メディア報道分析、アナウンス・ナレーション技術

閉じる

共生デザイン学科

講義・学問分野

デザイン・プロジェクト、神奈川学、消費社会のデザイン、未利用資源論、地域遺産マネジメント、色彩デザイン学、映像・画像処理論、視覚伝達デザイン演習、構造のデザイン、コミュニティと政策

閉じる

学部の特色

実践的に学び、多文化共生社会を生きる

共生という視点から、人がよりよく生きるために必要な専門性と問題解決能力を養う

多文化共生という視点から、他社と連携・協働し、新しい関係を構築する力を身につけます。人と組織、地域、社会、自然との新しい関係のあり方が問われる現代で、言語だけでなく、異文化、心理、メディアなどの視点を取り入れたコミュニケーション、また、物事を構想する力と、それを実現するためのモノ・コトのデザインを学びます。3年次春学期にはプロジェクト科目群を設置し、半年間にわたり学内外で学びます。また、学部横断の選抜クラスとして共生コミュニティ分野を設置し、地域共生の課題に取り組む意欲的な学生の期待に応えます。

閉じる

自分の興味に合わせて専門科目を選べる

多様な文化や、価値観を持つ人々とのコミュニケーションに必要な能力を身に付ける

コミュニケーション学科では、グローバル・コミュニケーション、メディア・コミュニケーション、ビジネス心理・コミュニケーションの3領域からコミュニケーションを学びます。理論だけでなく実践を通じて、コミュニケーションの知識とスキルをバランスよく身に付けることができます。日本語での論理的思考や論理的記述能力、英語または中国語での言語運用能力、インターネット上のメディア活用能力など、組織におけるチームでの協働作業に必要なスキルを身に付けることにより、多様な価値観を持つ人々が協働する場や、ホスピタリティを求められる仕事への就職が期待されます。

閉じる

共生の時代の「デザイン力」を探究する

「かたちのあるデザイン」から「かたちのないデザイン」まで、幅広く柔軟なデザインを学ぶ

「私たちをとりまく生活環境をよりよくするための意思決定は、すべてデザインである」という考え方が広まりつつあります。共生デザイン学科では、生活をよりよい方向に変えていくための“考える力=デザイン力”を育てます。また、幅広く柔軟なデザイン力があらゆる分野で求められている今日、有形のデザインだけにとどまらず、社会・自然環境を考え新たな提案につなげていく、さまざまな「つくらないデザイン」も学ぶことができます。

閉じる

学べること

海外や地元のフィールドに出て実践する機会も

コミュニケーション学科

グローバル、メディア、ビジネス心理の3領域の専門科目を学修

コミュニケーション学科の専門科目は、各分野の特徴に合わせて知識とスキルを段階的に学修できるようにカリキュラムが組まれています。英語は、入学時から日本語で行う授業と英語で行う授業を組み合わせることによって多角的に学修できます。中国語は、オリジナルのテキストと歌を利用して学修効果を高めます。各種メディアでの表現やセキュリティーについて実践的に学び、組織の中での人間心理について理論だけでなく実習授業から体験的に学修できます。

【授業・講義】
大学卒業と同時に海外大学の学位取得ができる「ダブル・ディグリー・プログラム」

ダブル・ディグリー・プログラムとは、コミュニケーション学科の学生が海外の大学で学び、双方の卒業要件を満たすことで、2つの大学の学位が同時に取得できるプログラムです。アメリカのセントラル・コネチカット州立大学、もしくは、オーストラリアのニューカッスル大学で、前者は4年、後者は5年(本学入学からの最短年数)で2つの大学のコミュニケーション学士号が取得できます。

閉じる

学外とのプロジェクトで実践力を磨く

共生デザイン学科

デスクワークとフィールドワークの構成によるカリキュラムで幅広く学ぶ

デザイン文化やデザイン企画、コミュニティデザインなど、課題を発見し、これを解決するための方策を構想する知識を習得する分野と、映像デザイン、プロダクトデザイン、インテリアデザインなど、構想を具体的に表現する技術を修得する分野の両方を幅広く学びます。さらにプロジェクト科目を通じて、近隣地域(主に神奈川県内)や企業の現場で学修成果を問うという、多彩なプロジェクトを用意しています。

【授業・講義】
3年次春学期に「プロジェクト科目」を開講し、キャンパスでの学びを実社会につなげる

その一つが「空き家再生・活用プロジェクト」。人口減少時代を迎え、空き家が増加する中、それらを有効活用して、まちおよびコミュニティを元気に豊かにすることをめざすプロジェクトです。まちをリサーチして、実在する空き家の活用方法を企画立案し、リノベーションのデザイン案を作成し、可能であれば自分たちで施工します。空き家の再生と活用を実践の中から学びながら、まちづくり・コミュニティづくりに貢献します。

閉じる

アドミッションポリシー

求める学生像

【コミュニケーション学科】
人間共生学部コミュニケーション学科は、多様な文化や価値観を持つ人々と心を通いあう人間関係を構築するために、コミュニケーション能力を身に付け、共生社会の一員として活躍できる学生を求める。高等学校までに到達する学力のうち、「知識・技能」「思考力・判断力」とともに、積極的に国内外の地域や社会に関心を持ち、社会参加や連携の機会を生かして、能動的に人間関係を構築するための「主体性」を持つ学生を求める。

【共生デザイン学科】
人間共生学部共生デザイン学科は、多様な生活文化や価値観を尊重及び自然環境を配慮し、「共生を実現するライフスタイルの創造」ができる学生を求める。高等学校までに到達する学力のうち、「知識・技能」「思考力・判断力」とともに、社会において他者と協働しながら「主体的」に課題に取り組む姿勢と、共生のデザインに関わる知識と技術を融合させ、実践的に社会貢献する意欲を持つ学生を求める。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】
横浜市金沢区六浦東1-50-1
アドミッションズセンター
(045)786-7019(直通)
 【URL】https://ao.kanto-gakuin.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

リストに追加しました

ページの先頭へ