むさしの

武蔵野大学

私立大学 東京都

武蔵野大学/経済学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経済学科(175名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会の発展に貢献する人材をめざし、グローバルな視野で経済を学ぶ
●さまざまな社会問題を理論的・統計的・歴史的に分析する方法を学ぶ
●進路に応じた履修モデルで、将来を意識しながら専門性を深める

グローバルな視野で経済を学び、社会の発展に貢献する人材を育成します。

【キャンパス】

有明キャンパス

【学生数】

736名(2023年5月1日現在)

【専任教員数】

16名(2023年5月1日現在)

経済学科

【講義・学問分野】

ミクロ経済学、マクロ経済学、計量経済学、国際金融論、日本経済論、経済政策論、金融論、統計学、ゲーム理論、公共経済学 など

入学者・卒業者数

入学者数

183人

卒業者数

186人
就職者・進学者数内訳
就職者数
151
進学者数
9

学部の特色

社会の発展に貢献する人材をめざし、グローバルな視野で経済を学ぶ

大量生産・大量消費社会の限界や金融・財政危機、経済格差の拡大、地球環境問題など現代社会のさまざまな課題の原因や背景を、経済学の視点から究明し、その改善策や解決策を提案する力を養います。「英語で学ぶ経済学」など、グローバルに活躍するための科目も充実しています。

さまざまな社会問題を理論的・統計的・歴史的に分析する方法を学ぶ

経済現象を「科学的」に分析するにあたって、さまざまな手法を駆使するために、理論的な推論、統計データを用いた分析、歴史的な考察といった3つの手法をバランス良く学びます。1年次から2年次にかけてしっかりと基礎を学び、2年次後半から応用へと進むことで、社会問題を深く理解する力を身に付けます。

進路に応じた履修モデルで、将来を意識しながら専門性を深める

将来の進路を見据え、金融機関や商社、情報通信産業などを目指す「民間企業志向」、国家公務員総合職やコンサルタント、アナリストなどを目指す「経済専門職志向」、国家公務員一般職や地方公務員上級職を目指す「公務員志向」の履修モデルを用意しています。自分の進路に合わせて広く、深く学ぶことが可能です。

学べること

経済学科

さまざまな経済現象の分析を通して、洞察力・判断力を修得

現代社会におけるさまざまな経済現象を分析することを通して、深い洞察力と正確な判断力で課題を発見し、解決する力を養います。経済界の著名人による講演会など、今起きている経済問題を理解するための学科イベントも開催。授業で学んでいる経済学が実社会ではどのように活かされているのかを深く理解することができます。

アドミッションポリシー

経済学部の求める人材

経済学部では建学の理念である仏教精神を基盤に、経済学に関する専門的な知識を修得し、グローバルな視点で現代社会・経済における課題を発見し、その分析・判断および解決に向けた論理的思考力を養います。したがって、入学者には現代社会・経済についての広い問題関心と、普遍的・科学的なものの見方が求められます。

問い合わせ先

【住所・電話番号】


〈有明キャンパス〉
東京都江東区有明三丁目3番3号
入試センター
(03)-5530-7300
E-mail nyushi@musashino-u.ac.jp

【URL】

https://www.musashino-u.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

学費や就職などの項目別に、
大学を比較してみよう!

他の大学と比較する

このページをシェアしよう

ツイート LINEで送る

リストに追加しました

ページの先頭へ