あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

ビジネス学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

ビジネス学科/現代ビジネス専攻(170名)
ビジネス学科/グローバルビジネス専攻(60名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会で即戦力として活躍できる、ビジネスパーソンを育成
●実践的な学びを通して、働くことへの理解を深め、自ら行動する力を養う
●経験豊富な教授陣が徹底した指導を展開

現代ビジネス専攻とグローバルビジネス専攻を設置。社会で即戦力となり得るビジネスの専門知識と、コミュニケーション力、行動力、情熱を兼ね備えたビジネスパーソンを育成。現代ビジネス専攻は、1年次後期から「ビジネスイノベーション」「ビジネスアカウンティング」の2コースに分かれて専門性を深めます。

【キャンパス】星が丘キャンパス
【学生数】1,117人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】19人(2017年5月1日現在)

ビジネス学科/現代ビジネス専攻

講義・学問分野

[ビジネスイノベーションコース]マーケティング、戦略設計、プロモーションストラテジー、企画立案の基礎、イノベーションプログラム、ファシリテーション実習、OverseasICP など
[ビジネスアカウンティングコース]簿記論、財務会計、国際会計論、会計学入門、コンピュータ会計、経営分析、企業分析プロジェクト など

閉じる

ビジネス学科/グローバルビジネス専攻

講義・学問分野

日本経済事情、金融入門、国際ビジネストレンド、ファイナンシャルプランニング、国際金融、ビジネス英語、Global Economy Elementary、Global Business Elementary、英語プレゼンテーション、Business Communication、Global Business など

閉じる

学部の特色

ビジネスの現場で活きる知識・スキルを修得

社会で即戦力として活躍できる、ビジネスパーソンを育成

学修への興味や、将来ビジョンに対応して現代ビジネス専攻とグローバルビジネス専攻の2専攻を設置。現代ビジネス専攻では、1年次後期からビジネスイノベーションコースとビジネスアカウンティングコースに分かれ、専門性をさらに高めていきます。

閉じる

実践的な学びを通して働くことへの理解を深める

実践的な学びを通して、働くことへの理解を深め、自ら行動する力を養う

『シゴト学入門』では、1年次からキャリアについて考え、「シゴト」をしていくために必要な前提知識を修得。さまざまな業界を知り、「シゴト」の世界へ進む前準備をおこないます。3年次には、『私のシゴト学』を開講。企業で活躍するビジネスパーソンの講演を通じて、シゴトに関するイメージを具体化させます。

閉じる

専任教員の約半数は経験豊かな企業出身者や公認会計士

経験豊富な教授陣が徹底した指導を展開

国際経験豊かな企業出身者や公認会計士をはじめとする、実務家教員による実践的な講義を多数配置。実績ある研究者によるレベルの高い理論に加え、世界の金融市場の実態などダイナミックなビジネスの実情をレクチャー。経験豊富な教授陣の徹底した指導により、ビジネスの今を体感することができます。また、ビジネスの現場で必要とされる能力を養うため、「応用力育成プログラム」を用意。ビジネスで必須とされる日商簿記検定、BATIC、ITパスポート試験、TOEICの資格取得をバックアップします。

閉じる

学べること

パワーポイントのスキルのほか、説得のテクニックも身につく

ビジネス学科/現代ビジネス専攻

将来のビジョンに対応した2コースで現代ビジネスの幅広い分野を学ぶ

学生一人ひとりの多様なビジョンに対応した2つのコースを設置。学びの全体像を把握した上で、1年次後期という早い段階から分かれ、卒業まで同じコースで専門的な学びを深めていきます。ビジネスの最前線で活躍した経験をもつ教員が多数在籍し、現場の経験を活かし、実社会を意識した実践的な授業を展開します。
○ビジネスイノベーションコース
商品やサービスの生み出し方やそのプロモーションを学ぶ「マーケティング」と、企業の中長期的な戦略立案を学ぶ「ストラテジー」が学びのベース。ケーススタディや企業との連携プログラムによる「アクティブな学び」を通じて、新しいビジネスの流れを創造できる人材の育成をめざします。
企業・団体と連携し、与えられたリアルな課題に取り組むPBL型(課題解決型)の授業[実践プログラム ASICP(Innovation and Challenge Program)]を通じて、問題解決力や提案力などを養います。
○ビジネスアカウンティングコース
企業の帳簿作成のスキルである「簿記」と、会計の基礎理論を理解するための「財務会計」をベースに学びを展開します。ビジネスの言語(=会計)を理解した上で、決算書を利用して企業の収益性、安全性、成長性などを分析。その分析力で、経営戦略の策定とその実現をサポートできる人材を育成します。東海地区の大企業やベンチャー企業の決算書を読み解き、企業経営を数字で説明する実践力を養成する[実践プログラム ASAAP(Accounting and Analysis Program)]を設定しています。また、日商簿記検定をはじめ、BATIC、ビジネス会計検定、公認会計士などの資格取得を視野に入れることも可能です。

【授業・講義】
実践課題を通して企画開発力を養う「イノベーションプログラムA(プロダクトデザイン)」

新商品の発案やビジネスプランづくり、企画開発の実践的な課題に取り組み、ビジネス社会に必要な基礎力を身につけます。優秀なプランは全国コンテスト応募の可能性もあります。

閉じる

世界とつながり、現場で活躍するチカラを養う

ビジネス学科/グローバルビジネス専攻

英語スキルを身につけ、世界とつながり現場で活躍できる力を養う

ビジネス英語のスキルを身につけると共に、ビジネストレンドや経済・金融情勢などグローバルビジネスの現場に必要な専門知識を英語と日本語のバイリンガルで学修。「ビジネス英語」から、英語が飛び交うビジネスの現場を体験する[実践プログラム ASBBE(Bilingual Business Education Program)]まで、基礎から体系的に学び、グローバル時代のビジネスパーソンに求められるマインドや実践力を身につけます。

【授業・講義】
ビジネスシーンで活用できる英語スキルを修得する「ビジネス英語I~IV」

ビジネスメールや履歴書などの英文作成、英語による企業研究やプレゼンテーションもおこない、ビジネスでの知識を英語でインプット・アウトプットできる力を養います。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市千種区桜が丘23
アドミッションセンター
(052)781-7084(直通)
 【URL】http://www.aasa.ac.jp/faculty/department2016/business/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ