愛知淑徳大学/グローバル・コミュニケーション学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

グローバル・コミュニケーション学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

グローバル・コミュニケーション学科(60名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学部全ての授業が“All English”、一人ひとりの英語レベルに合わせた少人数制
●実践的な英語運用能力を養う海外留学制度
●外国人教員常駐の「グローバルラウンジ」で英語スキルを磨く

“All English”でおこなう学部専門教育科目と、充実した必修の海外留学を実施。国際社会で求められる、幅広い教養と高度な英語コミュニケーション能力を備えた、世界の人々と共に行動できる「地球市民」を育成します。

【キャンパス】星が丘キャンパス
【学生数】141人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】12人(2017年5月1日現在)

グローバル・コミュニケーション学科

講義・学問分野

Human Communication(人間コミュニケーション)、Japanology(日本学)、Global Awareness(グローバル・アウェアネス)、English Language Skills(英語運用能力)、English Communication Skills(英語コミュニケーション能力)、Research Skills(課題発見・解決能力)、Study Abroad(海外留学)、Internship Abroad(海外インターンシップ)など

閉じる

学部の特色

全ての学部専門教育科目が“All English”

学部全ての授業が“All English”、一人ひとりの英語レベルに合わせた少人数制

学部専門教育科目は“All English”。卒業に必要な124単位のうち、少なくとも94単位分の授業が、全て英語でおこなわれる計算になります。日本にいながら英語圏の大学で学んでいるかのような環境に身を置き、英語で考え、行動できる力を日常的に養います。
一人ひとりに発音を丁寧に指導し、発言の機会も十分に確保できるよう、授業は1クラス15名程度の少人数制。1、2年次に習熟度別のクラス編成をし、レベルに合わせた効果的な指導で英語運用能力の底上げを図ります。また、1年次から専任教員がアドバイザーとして学びや進路をきめ細かくサポート。学生の個性を伸ばし、将来の可能性を広げます。

閉じる

国際性・専門性を高める独自の海外留学制度を実施

実践的な英語運用能力を養う海外留学制度

2年次に全員必修で約2か月間の海外留学を実施。渡航先はアメリカ、カナダなど6大学から選択でき、ビジネス、国際協力、異文化理解など各自の能力と関心に合わせたプログラムを学べます。また、海外インターンシップなど、学部独自の多様な留学プログラムも実施。必修の留学では、留学費用として一律40万円を大学が補助します。

閉じる

「GLOBAL LOUNGE」で英語スキルを磨く

外国人教員常駐の「グローバルラウンジ」で英語スキルを磨く

ネイティブの教員が常駐し、学修の相談や授業の復習など、英語やその他の言語でコミュニケーションができる「GLOBAL LOUNGE」を設置しています。日本にいながら英語圏の大学で学んでいるかのような環境に身を置き、英語で考え、行動できる力を養います。

閉じる

学べること

会話力はもちろん、情報収集力や分析力も養う

グローバル・コミュニケーション学科

専門性と実践力を磨く3本柱「AS Values」

「Academics(中心科目)」「Skills(スキル科目)」「Values(アクティブ・ラーニング)」からなる“All English”の学部専門教育科目で、極めて高度な英語運用能力と課題発見・解決能力を磨きます。
○グローバルな視点を養うACADEMICS
国際情勢や外交問題、各国のメディア報道などを文化・社会の視点から比較。また、海外から見たNIPPONについて理解を深めるなど、異文化間における違いについてコミュニケーション学の観点から考えます。
○高度な英語運用能力を磨くSKILLS
英語の「読む・書く・聞く・話す」の4技能を習熟度別の少人数クラスで1年次から集中的に学修します。プレゼンテーションやディベートを通して段階的に発信力を養い、英語での卒業論文執筆につなげていきます。
○海外体験を通して行動を促すVALUES
修得した知識やスキルを2年次必修の海外留学で実践活用し、英語で考え行動する力を体験的に身につけます。海外の人々とのコミュニケーションを通して得た、自分の興味の対象や課題などを研究テーマへ発展させていきます。

【授業・講義】
グローバル社会で必要となるスキルを培う「Academic Skills III(Thinking)」

情報や他者の意見に対して、自身の考えを確立し、論理的に結論を導き出すための知識やスキルを身につけます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市千種区桜が丘23
アドミッションセンター
(052)781-7084(直通)
 【URL】http://www.aasa.ac.jp/gc/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ