あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

学部・学科

学べること

日本語表現では、グループワークや相互添削により能力向上を図る

1年次全学必修「基幹科目」が教育のベース

基幹科目は、学部・学科を問わず学生全員が受講する必修科目です。多様な価値観のもと「共生」をテーマに、社会、人、自分自身と向き合い、次代を生き抜く力を身につけることを目的としています。
本学の理念を科目名とした「違いを共に生きる・ライフデザイン」では、互いを尊重することの重要性を学び、自分のあるべき姿を見つめ、一人の人間として自立し、自分らしい生き方を考えます。「日本語表現科目」では、日本語による表現技術の基礎を定着させ、応用力を養います。自分の考えをまとめ、自分の意見を相手に正確に伝える日本語運用能力と思考力、コミュニケーション能力を高めます。

閉じる

英語に親しむための子ども向けイベントを開催

広い視野と行動力を育て、社会人基礎力の向上をめざすCCC

年間延べ17,000人を超える学生が利用するコミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)では、「地域に根ざし、世界に開く」を基本姿勢に、学生一人ひとりが地域で活躍し、社会に貢献できる人材になることをめざしています。
<CCCの特色>
企業が実際に抱える課題をグループで解決していくPBL(課題解決)型講義、ボランティア活動やまちづくりに関する基礎知識を学ぶ講義など、社会貢献活動にすぐ役立つ実践的なカリキュラムを実施しています。地域の行政機関、企業、NPOなどから「国際交流・協力」「青少年」「まちづくり」「福祉」「環境」に関するボランティアの依頼が届きます。一人ひとりに合わせたボランティア活動を紹介・支援しています。地域の課題を自ら発見し、解決するために、約30団体が活躍中。活動に行き詰った場合は、CCCスタッフが寄り添い、一緒に課題の解決をめざします。

閉じる

現場を体験する「教職インターンシップ」を実施

充実の教育センターで、教職志望の学生を支援

教員養成の伝統校である本学は、これまでに1,000人以上の卒業生を教育界に送り出してきました。ほとんどの学部・学科で教員免許状が取得できるようカリキュラムの充実を図るとともに、教員免許状取得や教員採用試験対策の支援・指導に力を注いでいます。
「教職・司書・学芸員教育センター」では、児童・生徒の個性や社会の動きなどに柔軟に対応できる「実践力のある教員」の養成を目標とし、教員をめざす学生をさまざまな形でサポート。マンツーマンでの相談対応や教職に関する情報提供、学外講師らによる「教職対策講座」の開講などをおこなって、教職をめざす学生の意欲に応えています。
また、教職を志望する在学生・卒業生と、教職に就く卒業生、教職に就いていた卒業生が、共に学び合い、支え合う「教志会」では、世代をこえた教員同士の交流や情報の共有、教職志望の学生の支援なども実施しています。

閉じる

学部・学科

先輩の学問体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ