×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

学部・学科

学べること

日本語表現では、グループワークや相互添削により能力向上を図る

1年次全学必修「基幹科目」を教育のベースに学びを深める

基幹科目は、学部・学科を問わず、本学の学生全員が受講する必修科目です。多様な価値観のもと、「共生」をテーマに、社会、人、自分自身と向き合い、次代を生き抜く力を身につけることを目的としています。授業ではグループワークを導入し、学生自らが主体的に学び、自分と違う見方、考え方にふれる機会を設けています。

『違いを共に生きる・ライフデザイン』
性別、国籍、文化、世代など、現代社会の中にあるさまざまな「違い」を各分野の専門家から学びます。講演やグループワークを通して、違いを認め合う精神について学び、自分のあるべき姿を考える機会とします。すべての学生にとって、ゆるぎないアイデンティティを築くきっかけとなる科目です。

『日本語表現T1』
日本語基礎力を身につけ、表現技術と応用力を高めます。日本語による表現技術の基礎を定着させ、応用力を養います。特に、大学での学修に欠かせないふたつの文章力を身につけます。

閉じる

商店街活性化事業を実施している

広い視野と行動力を育て、社会人基礎力の向上をめざすコミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)

年間延べ18,000人を超える学生が利用するコミュニティ・コラボレーションセンター(CCC)は、全学共通教育アクティブラーニング科目と活動サポートで学生の地域貢献活動を応援する機関です。企業・地域と学生の架け橋として、さまざまな情報と機会の提供をおこなっています。
<CCCの特色>
NPOや企業が抱える課題をグループで解決するPBL(課題解決)型授業、ボランティア活動やまちづくりに関する基礎知識を修得する授業など、社会貢献活動にすぐに役立つ実践的なカリキュラムを用意しています。地域の行政機関・企業・NPOなどからのボランティア活動依頼を受け、学生一人ひとりに、それぞれの想いに合ったボランティア活動を紹介・支援しています。地域の課題を自ら発見し、解決するために活動する学生団体をサポート。相談に乗り、一緒に課題解決をめざします。学生たちの想いを資金面で支援する制度「チャレンジファンド」も設けています。

【授業の一例】
・東日本大震災支援(連携先/愛知県被災者支援センター)
・介助犬の認知度・理解拡大(連携先/社会福祉法人日本介助犬協会)
・ながくて一家プロジェクト~はじめてのおつかい~(連携先/長久手市くらし文化部たつせがある課)
・来日留学生との交流イベント(連携先/公益財団法人日本YMCA同盟)
・環境学習イベント(連携先/東邦ガス株式会社)

閉じる

現場を体験する「教職インターンシップ」を実施

教職・司書・学芸員志望の学生を支援してくれる充実の教育センター

教員養成の伝統校である本学は、これまでに1,500人以上の卒業生を教育界に送り出してきました。ほとんどの学部・学科で教員免許状が取得できるようカリキュラムの充実を図るとともに、教員免許状取得や教員採用試験対策の支援・指導に力を注いでいます。
「教職・司書・学芸員教育センター」では、教職・司書・学芸員をめざす学生の向学心や目標の実現への熱意に応えるべく、さまざまな形で学生をサポート。個別相談、指導から情報の提供まで、免許・資格取得をバックアップします。

●授業から採用試験まで、あらゆる相談に個別で対応
個別相談に、センター所属教員がマンツーマンで親身に対応します。相談内容は、授業の履修計画、教職に関するボランティア活動、教育実習、図書館実習、博物館実習、採用試験対策など何でもOKです。

●学生スペースを自由に使い、夢に向かって仲間と高め合える
「学生スペース」は、学生の自主学習のための場所。授業の復習、レポート作成、模擬授業や集団面接・討論の実践、板書の練習、博物館資料の取り扱いの練習など、個人またはグループでの勉強に自由に使われています。

●教職・司書・学芸員に関する資料や情報が集まっている
教職・司書・学芸員に関する専門書、採用試験の参考書・問題集など、日頃の学修や進路選択に役立つ資料が揃います。各課程の採用試験や求人などの最新情報も、本センターに集約されています。

閉じる

学部・学科

先輩の学問体験記

パンフ・願書を取り寄せよう!

学部・学科情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ