あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

創造表現学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

創造表現学科/創作表現専攻(95名)
定員減届出中
創造表現学科/メディアプロデュース専攻(130名)
創造表現学科/建築・インテリアデザイン専攻(70名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●メディア社会を見据えた「時代を創造する人材」を育成
●第一線で活躍する作家やクリエイター、建築家などプロフェッショナルから学ぶ
●最先端の施設や設備が整うクリエイティブ環境で、学びを深める

「創作表現専攻」「メディアプロデュース専攻」「建築・インテリアデザイン専攻」の3専攻を設置。言語・ディア・建築など多様な表現領域から、自己表現力や創造力、情報発信力を身につけ、社会や地域を豊かにする人材を育成します。

【キャンパス】長久手キャンパス
【学生数】685人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】25人(2017年5月1日現在)

創造表現学科/創作表現専攻定員減届出中

講義・学問分野

小説、評論、詩歌、児童文学、マンガ、演劇、ノンフィクション、シナリオ、編集 など

閉じる

創造表現学科/メディアプロデュース専攻

講義・学問分野

放送制作、映像制作、映画、写真、情報デザイン、CG など

閉じる

創造表現学科/建築・インテリアデザイン専攻

講義・学問分野

住宅、インテリアデザイン、建築デザイン、都市計画、まちづくり など

閉じる

学部の特色

メディア社会の新たな担い手の育成をめざす

メディア社会を見据えた「時代を創造する人材」を育成

「創作表現専攻」「メディアプロデュース専攻」「建築・インテリアデザイン専攻」という3つの専攻を設置。それぞれの学修を通じて、表現力・創造力・コミュニケーション力を磨きます。また、表現のための感性を豊かにする「学部共通科目」により、文化、歴史、思想などの知識も修得します。
表現と知識を融合させた学びを、優秀なクリエイターである講師陣がきめ細かく指導。社会を見据えた「創造できる人材」を育成します。

閉じる

各界の第一線で活躍する著名なプロから直接学ぶ

第一線で活躍する作家やクリエイター、建築家などプロフェッショナルから学ぶ

作家、文芸評論家や漫画家、演劇人、元テレビ局のプロデューサー、映画監督、建築家など、第一線で活躍するプロフェッショナルを講師として迎えており、講義はもちろん、ゼミでも直接指導します。また、自己表現力とプレゼンテーション能力も磨くことができます。

閉じる

スタジオ機器など豊富な機材を使い実践的に学ぶ

最先端の施設や設備が整うクリエイティブ環境で、学びを深める

編集作業や漫画制作ができるアトリエ、大型スクリーンを備えたミニシアターをはじめ、スタジオ、製図室、CAD室、材料実験室などの専門教室を備えています。

閉じる

学べること

学生一人ひとりの表現活動を促進

創造表現学科/創作表現専攻

言語メディアを基盤とし、小説、評論、詩歌、児童文学、マンガ、演劇など創作の表現方法を学ぶ

感性と理論の両面から"言葉"を学び、豊かな表現力や独創性を身につけます。経験豊富な専門家がオリジナリティあふれる授業を展開。一人ひとりの個性が発揮できるよう指導します。プロの作家やライターをめざすだけではなく、紡いだ言葉で人の心を動かすことができる"言語表現者"として、多分野での活躍が期待されます。

【授業・講義】
劇場技術についてと具体的に学ぶ「ステージデザイン」

舞台照明、舞台音響、舞台美術など劇場技術について、各セクションの概要と知識および具体的な舞台技術を修得します。

閉じる

最新の設備が豊富にそろっている

創造表現学科/メディアプロデュース専攻

放送制作、映像制作、映画、ウェブやCGなどのメディアコミュニケーションを主体とした表現法を学ぶ

さまざまなメディアの特性を理解し、メディアに関わる表現者として情報発信できる人材の育成をめざします。本専攻が考える表現者とは、発想力や企画力を活かし、物事を総合的に捉える“プロデュース力”を持った人材です。問題点を鋭い感度で捉え、分析し、発信できる力を備えた人材は、メディア関連業種に限らず、一般企業においても必要とされています。

【授業・講義】
映像制作を実践的に学ぶ「映像制作実習I(基礎)」

カメラの基本的な操作から、映像の構成や演出まで、映像制作について実践的に学びます。

閉じる

建物や施設の計画・設計を学ぶ

創造表現学科/建築・インテリアデザイン専攻

空間造形メディアを基盤とした、住宅、インテリアや建築デザイン、都市計画、まちづくりなど、その社会的役割と計画手法を学ぶ

建築・インテリアデザインの基礎から応用までの学びを通して、歴史・経済・文化・環境といった、さまざまな背景も学んでいきます。工学系大学と同等のカリキュラムによって、一級建築士の資格取得をめざすことができるほか、建築・インテリアデザインという枠組みを通して、広く社会を捉える視点も養います。

【授業・講義】
デザインし、表現するための手法を実践的に身につける「空間設計I・II」

現実の敷地に建つ設計課題に対して、構想から具体案を出し、分析から計画案をまとめるまでのプロセスを学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市千種区桜が丘23
アドミッションセンター
(052)781-7084(直通)
 【URL】http://www.aasa.ac.jp/faculty/department2016/creation_expression/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ