あいちしゅくとく

愛知淑徳大学

私立大学 愛知県

健康医療科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

医療貢献学科/言語聴覚学専攻(40名)
医療貢献学科/視覚科学専攻(40名)
スポーツ・健康医科学科(130名)
定員増構想中
健康栄養学科(80名)

所在地

1~4年:愛知

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●ライフステージに合った健康を維持し、「生涯健康」社会の実現をめざす
●健康と医療に関する幅広い知識とスキルを身につける
●医学的な専門知識を修得できる最先端の学修環境

生涯健康社会の実現に貢献することを基本理念に、各学科の専門知識を活かし、地域の医療機関で活躍できる人材を育成します。

【キャンパス】長久手キャンパス
【学生数】1,051人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】43人(2017年5月1日現在)

医療貢献学科/言語聴覚学専攻

講義・学問分野

基礎医学入門、臨床医学入門、音声学・音韻論、言語発達学、失語症、言語聴覚障害学、聴覚障害、音響学・聴覚心理学、吃音、高次脳機能障害、臨床演習 など

閉じる

医療貢献学科/視覚科学専攻

講義・学問分野

臨床医学入門、実験心理学、色彩心理学、視覚生理学、視能検査学、視能訓練学、生理光学演習、神経眼科学、眼疾病学、ロービジョン医学演習、臨地実習 など

閉じる

スポーツ・健康医科学科定員増構想中

講義・学問分野

健康スポーツ概論、解剖学、レクリエーション概論、スポーツ栄養学、ストレスマネジメント、生理機能検査学演習、バイオメカニクス、学校のメンタルヘルス など

閉じる

健康栄養学科

講義・学問分野

早期体験学習、管理栄養士概論、食品学実験、給食経営管理実習、栄養アセスメント論、栄養教育論、栄養カウンセリング論、医療・福祉・介護と栄養ケア、臨地実習I〜IV など

閉じる

学部の特色

「生涯健康」社会の実現に貢献できる人材を育成

ライフステージに合った健康を維持し、「生涯健康」社会の実現をめざす

健康づくりは今や、国を挙げて取り組むべき大きな課題です。「生涯健康」に支えられた生活という社会のニーズに応えるために、健康や医療に関する幅広い知識・技能を身につけます。高齢者や障がい者をはじめ、全ての人の生活の質の向上に貢献することを理念に掲げ、それぞれのライフステージに合った健康を維持し、「生涯健康」社会の実現に貢献できる人材を育成します。

閉じる

健康医療科学分野の基礎知識を徹底的に養う

健康と医療に関する幅広い知識とスキルを身につける

本学部では、健康医療科学分野の全般的な知識・技能を全ての学部生が身につけるために「学部基礎科目」を設置。人体の構造やメカニズムを理解する基礎医学、病気のなりたちや治療法を学ぶ臨床医学の2つの専門分野を中心に、心理学、スポーツ科学、栄養学など、幅広い学問領域を横断的に学習します。さらに、それぞれの学科・専攻領域へと学修を展開し、高度な専門性と確かな臨床能力を身につけます。

閉じる

チーム医療で活躍できる管理栄養士を養成

医学的な専門知識を修得できる最先端の学修環境

実習や実験の舞台となる11号棟には、オージオメーター、発声・発語分析、大型弱視鏡、心電計など、各学科・専攻で必要となる高度な検査機器や医療機器を豊富にそろえ、医療の進歩や多様化にも対応しています。
また、新しく健康栄養学科の専用棟として12号棟を建設。新たな学びの拠点が誕生しました。

閉じる

学べること

失語症検査の演習

医療貢献学科/言語聴覚学専攻

ことばや聴こえの障がいに広い視点からアプローチし、人と人をつなぐ、言語聴覚分野のスペシャリストを育成

言語聴覚士の資格取得を目標とし、コミュニケーション障害学、医学、心理学、言語学などを学び、専門性と科学的思考力を身につけます。人の痛みに共感し、共に歩めるやさしさ。障がいのある方と社会との間に立ち、障がいへの理解を高め、環境を改善していく強い心。その両面を兼ね備えたコミュニケーション障害学のスペシャリストを育成します。卒業生達は、全国の病院、福祉施設、療育施設などで活躍しています。

【授業・講義】
失語のタイプ、検査・評価、訓練法を学ぶ「失語症I~III」

失語症に必要な基礎的な神経学的知識をふまえた上で、失語症研究の歴史、症状やタイプ、臨床における情報収集、検査・評価およびリハビリテーションと介入方法について学びます。また、失語症患者会などにボランティアとして関わり、失語症者に対する理解も深めます。

閉じる

レンズ交換法による矯正視力検査

医療貢献学科/視覚科学専攻

すぐれた技術と科学的思考を身につけ、“見る”を支える視覚分野のスペシャリストをめざす

眼や見え方に関するさまざまな症状の検査・評価をおこなうほか、弱視や斜視の訓練に携わるなど、視覚障がいのある人々を支えるスペシャリスト・視能訓練士の国家試験合格をめざし、豊富な知識と優れた技術を修得。加えて、科学的思考を身につけ、新しい検査・訓練方法を積極的に研究し、この分野をリードしていくことのできる人材を育成します。

【授業・講義】
実際の検査をトレーニング「視能矯正学実習1〜3」

学内で視能検査を実習し、検査の目的と方法をしっかり理解し、自信を持って検査がおこなえるようにトレーニングします。医療現場での学外実習に向けて、授業で得た知識・技術の確実な定着を図ります。

閉じる

高度な検査機器や医療機器を使用し、数多くの体験的学習を実施

スポーツ・健康医科学科

心身の健康について幅広く探究し、生涯健康社会のリーダーの育成をめざす

ライフステージに応じた健康のあり方、すなわち「生涯健康」を基礎医学・臨床医学・体育学・スポーツ科・栄養学・メンタルヘルスといった6つの分野から多面的に学修。健康科学の総合力を培い、心身についての理解を深め、多様なニーズに応えることができる人材育成をめざします。インターネットやメディアにあふれる健康に関する情報を、正しい知識によって取捨選択する力、子どもや高齢者、アスリートや障がい者に対して適切な健康支援をおこなう実践力を身につけます。

【授業・講義】
さまざまな検査を実際に体験する「生理機能検査学演習」

超音波診断装置、心電計、脳波計、血圧計などの実際の医療機器を用い、人体の構造や機能を測定。超音波診断装置や心電計、血圧計などの操作方法を実践的に学びます。

閉じる

管理栄養士としての実践力を養う

健康栄養学科

チーム医療で活躍する管理栄養士を養成

キャンパス内にある愛知淑徳大学クリニックは、内科・糖尿病内科、耳鼻咽喉科、眼科、心療内科・精神科を掲げ、地域住民の医療に貢献しています。その土壌を活かし、健常者をはじめ傷病者、高齢者、要介護者および障がい者など幅広い対象者の栄養ケアを担うことができる管理栄養士を育成します。

【授業・講義】
多職種連携を学内で学ぶ「在宅栄養管理実習」

在宅における多角的な栄養ケアを学修することを目的とし、管理栄養士、医師、歯科医師、言語聴覚士、視能訓練士という多職種の教員が授業をおこないます。言語聴覚学専攻や視覚科学専攻を擁する本学ならではの授業で、多職種との連携により管理栄養士がどのような立場でどのような指導をしていくのかについて学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】名古屋市千種区桜が丘23
アドミッションセンター
(052)781-7084(直通)
 【URL】http://www.aasa.ac.jp/faculty/department2016/health/index.html

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ