必見!業界特集

教育業界
仕事とは?

私たちは学校や塾で勉強したり、キャリアアップに役立つ講座を受講したりして、よりよく生きるために必要なスキルや知識を身につけます。こうしたさまざまな人の学びをサポートし、社会の成長に貢献できるのが教育業界の仕事です。

教育業界について知ろう!

子どもから大人まで、幅広く学びをサポート

教育業界は、学校や学習塾などを通じて、学びに関するサービスを提供しています。代表的な例として、幼稚園や小・中学校、高等学校などの「教育機関」で働く学校教諭、または学習塾や予備校などの「学習支援機関」で働く講師がイメージしやすいでしょう。
また近年は、さまざまな社会の変化に伴ってキャリアアップをめざす人が増え、自己啓発や学び直しのニーズが高まっています。こうした社会人を対象にした「カルチャースクール」を運営する企業も教育業界に含まれます。老若男女問わず人々の成長をサポートすることで、将来的に社会の発展に貢献できる点が、この業界の大きな特徴と言えるでしょう。

時代のニーズに合わせて、教育スタイルも変革する

新型コロナウイルス感染症の流行により、学校の一斉休校や休塾などが続いた結果、教育業界は市場縮小を余儀なくされました。しかし、オンライン授業が普及したことで、学習塾などでも対面と非対面型の授業をうまく組み合わせたりして、時代の要請に合った学習スタイルの開拓が進んでいます。
また、日本では少子化に歯止めがかからず、教育業界でも市場縮小が懸念されていますが、実は子ども1人あたりに対する教育費の支出は年々増えています。少子化が進む状況でも、大人も含めた人々のニーズをキャッチし、新たなサービスを提供していくことで、まだまだ業界は成長していくでしょう。

デジタル化を進めてさらなる教育の充実を図る

コロナ禍を経て、小中学校ではパソコンやタブレットを1人1台導入する「GIGAスクール構想」が急速に進みました。2024年にはデジタル教科書も本格的に導入される予定で、デジタル化の波は今後教育現場にますます広がっていくでしょう。
パソコンやタブレットを使えば、オンライン授業でだれでも時間と場所を選ばすに学習できるので、社会人向けの通信教育や従業員の研修に活用する企業も増えています。また、一人ひとりに合った学びを提供するために、生徒の苦手な分野をAIが分析して問題を出題するといったように、教育現場にAIを導入する動きも広がっています。これからは、最新のデジタル技術を活用した教育内容やサービスを展開する流れが加速していくでしょう。

教育業界に向いているのはこんな人

人の成長に貢献できることにやりがいを感じ、「子どもたちを学習面でサポートしたい」「日本の教育をよりよくしたい」と熱意や向上心がある人にこそぴったりの業界です。また、生徒や保護者をはじめ人と向き合う機会も多いので、コミュニケーション力が求められることもあります。
教育環境は変化が目まぐるしく、例えば小学校では、3・4年生から英語の授業がスタートしたり、プログラミング教育が必修化したりしました。教壇に立つ教師や講師は、英語力やICT(情報通信技術)に関する知識も求められるようになっています。学習支援機関では、今後も変化に応じた新サービスを開発する企画力が必要となるでしょう。時代の変化に合わせて求められるスキルを身につけるため、たゆまず勉強を続ける姿勢を持つことが、教育業界で働く人には欠かせません。

教育業界に関係する職種

志望校を見つけよう!学校パンフ10校以上請求で、2,000円分の図書カードをプレゼント!

この分野をめざせる専門学校を体験してみよう

職業カテゴリから関心をもった業界、職業を選択して、実際に専門学校に行ってみよう!

キミにぴったりな職業は?

そのほかの業界もみてみよう

閉じる