×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 教育系

日本語教員

日本語教員

日本語教員になるには

大学の養成課程で学ぶと可能性大

 日本語教員になるために絶対に必要な資格というのは、今のところ特にない。しかし、文化や宗教、生活習慣の異なる外国人を相手に日本語を教えるため、日本語の読み書きができればだれでもなれるわけではない。日本語や日本文化に関する豊かな知識と指導技術を持っていることが求められる。
 一般的には、大学で開設されている日本語教員養成課程を修了する方法や、(財)日本国際教育支援協会が実施している日本語教育能力検定試験に合格する方法、民間の日本語教師養成講座を420時間以上受講する方法のいずれか一つ、または複数の方法で知識と教授法を身につけ、日本語教員となる人が多い。日本語教員には大学院修了者も多いようだ。

日本語教員 なるためチャート

続きを読む

日本語教員の仕事の内容

外国人に日本語や日本文化を教える

 日本語教員の仕事は、日本語を母語としない外国人などに、読む、話す、書く、聞くの各分野で正しい日本語能力を身につけさせることだ。また、日本文化について教えることも大きな役割の一つである。教える相手は語…

続きを読む

日本語教員の働き方と生活

非常勤の場合生活は不安定になりがち

 日本語教員には専任教員と非常勤教員がいるが、多くは非常勤で、いくつかの学校をかけ持ちしているのが現状だ。非常勤の場合は、受け持ち時間数によって勤務時間や給与が変わるので、生活は不安定になりがちである…

続きを読む

日本語教員に向いている人・適性

異なる文化や習慣を理解し忍耐力のある人

 日本語の正しい知識はもちろん、日本や相手国の文化、生活習慣などに通じ、国際的な視野を備えていることが望まれる。また、教える相手によっては、特定分野の専門知識も必要となる。
 文化や生活習慣の…

続きを読む

日本語教員の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

雇用形態などにより異なる

続きを読む

日本語教員の資格

関連資格

日本語教育能力検定試験

続きを読む

日本語教員の将来性

長い目で見れば有望な職業

 日本企業の海外進出などで、海外での日本語学習熱は高く、日本語教員として海外で働く機会もある。また国内でも、日本に住む外国人や留学生など多くの人が日本語を学んでいる。
 今後も、国際化の進展に…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す