×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 事務系

学校職員

学校職員

学校職員になるには

自治体には「学校事務」の採用区分があることも

 公立の学校職員になるには、自治体によって異なるが、「学校事務」「教育事務」などの区分で、地方公務員採用試験に合格しなければならない。
 国立の学校職員の場合は、国立大学法人等職員の採用試験に合格する必要がある。
 私立の学校職員は、独自に求人募集が行われる。試験内容は学校によって異なるが、一般教養、適性検査、小論文、面接などを課すところが多いようだ。

学校職員 なるためチャート

続きを読む

学校職員の仕事の内容

校内の事務手続きにはほとんど携わる

 小学校、中学校、高校、短大、大学、専門学校などに勤務し、学校内のさまざまな事務や管理業務に携わっているのが学校職員である。学校の規模が大きくなるほど職員数も増え、業務窓口が細かく分かれている。

続きを読む

学校職員の働き方と生活

勤務時間は規則的で残業も少ない

 国公立、私立を問わず、勤務時間はおおむね8時30分ごろから17時ごろまでと規則的で、残業も少ない場合が多いようだ。
 運動会などの学校行事の際には、土日や祝日に出勤することもある。

続きを読む

学校職員に向いている人・適性

着実な仕事ができて親しみやすいタイプ

 学校職員は、さまざまな事務や管理業務を担当する、学校運営には欠かせない存在だ。細かな事務処理が多く、金銭を扱うこともあるため、正確かつ着実に仕事ができることが望まれる。
 また、子どもや若者…

続きを読む

学校職員の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約17〜20万円

続きを読む

学校職員の将来性

学校数減少にもかかわらず人気は高い

 少子化により、今後しばらくは学齢期の子どもの数が増える見込みはなく、学校を統廃合する動きもある。しかし、学校が一般企業のような形で倒産することはあまりなく、その意味では、学校職員は安定した職業の一つ…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す