×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 教育系

中学校教諭

中学校教諭

中学校教諭になるには

大学、短大の養成課程に進むのが一般的

 中学校教諭になるには、中学校教諭1種(大卒程度)、2種(短大卒程度)、専修(大学院修士課程修了程度)免許状があり、教科によって免許状が異なる。取得にはそれぞれの教育機関において中学校教員養成課程などを修了することが必要だ。なお、普通免許状取得には社会福祉施設等で7日以上介護などを体験することが必要条件となっている。
 免許状取得後、公立の中学校に採用されるには、各都道府県や政令指定都市が実施する教員採用候補者選考試験に合格しなければならない。合格すると教員採用候補者名簿に登載され、面接試験などを経て配属される。私立の場合は、各中学校で独自に教員採用試験を行っている。中高一貫校は高校教諭の免許も求める場合が多い。

中学校教諭 なるためチャート

続きを読む

中学校教諭の仕事の内容

専門教科の指導に加え進路・生活指導も大切

 中学校教諭は、国語、英語、数学など、特定の専門教科を教える。授業以外にも、クラス担任を受け持ってホームルームの時間に生活指導などを行うほか、クラブ活動の指導、学校行事への参加、PTAの運営など、いろ…

続きを読む

中学校教諭の働き方と生活

授業以外の業務も多く残業や休日出勤もある

 仕事は、授業以外にも、補助プリントをはじめとする教材の準備、テストの作成、クラブ活動の指導、保護者との懇談などがあり多忙である。1日の平均労働時間は10時間を超えることが多く、授業の準備やテストの採…

続きを読む

中学校教諭に向いている人・適性

問題に立ち向かう熱意とバイタリティー

 中学生になると個性がめだつようになり、自立心や大人への反抗心が旺盛になる。非行などもその一つの表れと言える。これから中学校教諭をめざす人には、こういった問題にひるまず立ち向かうバイタリティーと、多少…

続きを読む

中学校教諭の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約25万円

続きを読む

中学校教諭の将来性

公立中学校の採用は増加傾向

 教員採用は厳しい状況が続いていたが、教職員定数改善計画の推進により、教科によっては少人数指導が取り入れられるようになっており、公立中学校の教員採用者数は増加傾向にある。
 また、今後数年間、…

続きを読む

中学校教諭に必要な資格が取得できる大学を検索

中学校教諭に必要な資格が取得できる専門学校を検索