どうししゃ

同志社大学

私立大学 京都府

理工学部の詳細情報

〈京田辺校地〉

学科・定員・所在地

学科・定員

インテリジェント情報工学科(83名)
情報システムデザイン学科(83名)
電気工学科(80名)
電子工学科(86名)
機械システム工学科(96名)
エネルギー機械工学科(70名)
機能分子・生命化学科(83名)
化学システム創成工学科(83名)
環境システム学科(51名)
数理システム学科(41名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●「人間のための科学技術」を追究する
●「基礎学力」を重視し、あらゆる変化への対応力を養う
●海外の大学・研究機関と積極的にかかわりグローバルな活躍をめざす

“良心”を貫き、科学技術の新時代を拓く人材を育てる

【キャンパス】京田辺校地
【学生数】3376人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】111人(2017年5月1日現在)
【大学院】理工学研究科

インテリジェント情報工学科

講義・学問分野

情報工学概論、数理統計学、情報メディア など

閉じる

情報システムデザイン学科

講義・学問分野

情報数学、プログラミング、情報システム など

閉じる

電気工学科

講義・学問分野

解析学、電気回路学 など

閉じる

電子工学科

講義・学問分野

電気回路学、電子デバイス、量子力学、電子回路 など

閉じる

機械システム工学科

講義・学問分野

製図学、機械工学概論、工業材料、伝熱工学 など

閉じる

エネルギー機械工学科

講義・学問分野

製図学、機械工学概論、エネルギー変換工学、流体工学 など

閉じる

機能分子・生命化学科

講義・学問分野

化学工学、物理化学、分析化学、無機化学、有機化学、生命化学 など

閉じる

化学システム創成工学科

講義・学問分野

化学システム創成工学概論、製図学、電子工学概論、生物化学 など

閉じる

環境システム学科

講義・学問分野

環境物質科学、地球環境科学、環境地球化学、生命環境科学、資源・エネルギー学、自然災害論 など

閉じる

数理システム学科

講義・学問分野

応用代数学、応用幾何学、計算代数、数理モデル など

閉じる

学部の特色

「人間のための科学技術」を追究する

目覚ましい科学技術の発展の中で求められるのは、幅広い視野と確かな基礎学力を備えた人材です。本学部では、社会のニーズに応えるべく、「人間のための科学技術」を基本理念に置いた“良心教育”を行っています。現代社会が抱える諸問題を正しく理解し、技術やニーズの変革に的確に対応するには、高い倫理観と確かな人間性が求められるからです。そのため、専門科目のほか自然科学系、人文科学系などの幅広い科目を設定し、多角的な視野を養います。

閉じる

「基礎学力」を重視し、あらゆる変化への対応力を養う

「基礎学力」を特に重視しているのも本学部の大きな特徴。一人ひとりの個性と基礎能力を伸ばしながら、ものづくりへの興味を大きく育て、社会で生かせるよう、少人数教育を徹底しています。さらに、世界トップレベルの実験施設・設備を持つ先端科学技術センターを併設し、民間企業や他大学との連携を積極的に行うなど、理想的な研究環境を整えています。

閉じる

海外の大学・研究機関と積極的にかかわりグローバルな活躍をめざす

「国際主義」を掲げる本学部の卒業生は、多くが世界を舞台に活躍しています。そのため外国語教育を充実させるほか、国際的な教育環境の整備をめざし、理工学分野の教育・研究機関として名高い海外の大学と研究交流や学生交換を行っています。
例えば、フランスの理工系グランゼコール(高等教育機関)であるエコール・セントラル・グループと交流協定を締結し、学部3年次からの2年間の留学と帰国後の大学院修了で、両校の修士学位を修得できるダブルディグリープログラムを導入。そのほか、中国の西安電子科技大学、イタリアのミラノ工科大学、スペインのマドリッド工科大学など、世界の多くの大学とダブルディグリープログラムや交換留学制度を設けています。
また、3年次から大学院への「飛び入学制度」など、学びの意欲を育む体制も整備。充実した環境の中、本学部の学生の実に約50%が大学院に進学しています。

閉じる

学べること

インテリジェント情報工学科

人と環境にやさしい、賢いシステムを追究

情報工学は、インターネットのようなコンピュータネットワークから、自動車や家電製品などで活躍する制御用コンピュータに至る、さまざまなインテリジェントシステム(賢いシステム)を実現し、さらに、賢いシステムを開発することによって、より大きな価値を社会に提供することをめざす学問です。こうした情報技術開発の最前線で、賢さの基になる要素技術(シーズ)を育てながら、インテリジェントシステムの企画や設計、開発ができる情報技術者を育成するのが本学科の目的です。
1年次には、数学や物理学を中心に、情報処理の基礎やプログラミングなどを学ぶとともに、最先端の情報工学とその課題についての知識を蓄えます。これらの学びを土台に、2年次からは、より高度な数学やプログラミングと知的メカニズムの基礎と応用を学習。3年次からは、さらに高度な学びへと発展させ、専門領域を絞り込んでいきます。4年次には全ての学生が研究室に所属し、卒業研究に取り組みます。

【授業・講義】
演習・実験科目に十分な時間を割り当て、技術者として成長する

1年次の「コンピュータ基礎実習」に始まり、3・4年次の「ソフトウェアエンジニアリング」までの演習科目、さらに「情報工学実験 I ~ III 」と、演習・実験科目に十分な時間を割り当てることにより、技術者としての成長を支援しています。
卒業研究は人間の知的能力を模倣するコミュニケーションロボット、人間の生活環境を知的化するインテリジェントハウスなどのインテリジェントシステムに関する研究が行われています。幅広い学びのニーズに応えるため「ロボティクス」や「知識情報処理」「視覚情報処理」「技術英語」「知的財産権」などの講義も設定しています。

閉じる

情報システムデザイン学科

情報処理機能の発展を、社会に展開できるエンジニアをめざす

コンピュータは、人間の力や社会のしくみに効果的に統合されて初めて、役立つサービスや技術を可能とします。情報システム学は、望ましい統合の実現をめざして、人間や社会を中心に据えてコンピュータによる情報処理を行うシステム、すなわち情報システムの開発技術や高度化技術を総合的に扱う学問です。
本学科では、誰もが容易に使いこなすことができ、社会に役立つ情報システムの設計や開発を、その必要性(ニーズ)の観点から遂行できる情報技術者の育成をめざしています。
カリキュラムは、理工学基礎、情報科学、情報システムの3つの科目群を設定。1年次に、数学や物理学の基礎を固め、情報産業の実像を学び、「計算機構成論」や「プログラミングJava」などで、コンピュータの動作原理やプログラムの作成技術を修得。さらに情報の概念やアルゴリズムの基礎を学びます。2年次からは、「情報システム演習実験」で、webシステムや論理回路の設計を体験し、「情報ネットワーク」などでアプリケーションの開発技術なども修得します。3年次には、「ソフトウェア工学」「画像工学」など、より専門性の高い講義を設定。これらの学びから自分の興味・関心に応じて研究テーマを選択し、4年次の卒業論文へと進みます。

【授業・講義】
自然科学系と人間社会科学系科目をバランスよく学ぶ

利用者の立場に立ったシステムを構築するには、人や社会のしくみを理解することが大切です。そのため、自然科学系と人間社会科学系の科目をバランスよく配置。人間社会科学系の講義から広範な知識を学ぶことができます。また、1年次から選択できる「シミュレーション基礎演習」では、コンピュータを使って物理現象や社会システムの振る舞いをシミュレーションする理論や解決方法を習得。2年次から本格的に始まる演習・実験では、コンピュータグラフィックスや組み込みシステムプログラミング、Webアプリケーション、パターン認識、データ処理など情報処理システムの高度な技術力を培います。

閉じる

電気工学科

安全で自然にやさしい、未来のエネルギーシステムを探る

電気は社会と生活の原動力となるエネルギーであり、電気工学の研究対象領域も限りなく広がっています。本学科では、特にライフラインや一般的な家庭やビルを含めたインフラストラクチャ工学・技術の基本要素として電気を学ぶ「インフラストラクチャ分野」、電気機器を効率的に利用する手法を研究する「パワーエレクトロニクス分野」、これらの技術をバックアップする「情報システム分野」に焦点を当てて研究・教育を展開。海外の大学・研究機関との共同研究も盛んに行い、高度な学修・研究水準を保っています。学びを通して独創的で高度な研究開発能力を有するエンジニアを育てます。
卒業生はパワーエレクトロニクス、インフラストラクチャ分野を含め各方面から期待を寄せられており、民間企業や官民の研究機関、教育機関などの幅広い職種で活躍しています。

【授業・講義】
独創的で高度な研究開発能力を養う

1・2年次に数学、物理、基礎電気理論を重点的に学び、3・4年次にはそれらの基礎理論がインフラストラクチャーやパワーエレクトロニクスの各分野でどのように応用され、発展するかを学べるよう科目を配置しています。専門科目は、3・4年次になった時点で、各自の関心に従って選択できるほか、電子工学科の専門科目を選ぶことも可能です。企業と連携して「インターンシップ」に参加する「学外実習」も実施しています。

閉じる

電子工学科

電子工学の最先端領域を学び、ITの活躍する

電子工学技術の応用範囲は社会のあらゆる場面に広がっています。電子工学には、情報の信号化、通信媒体、情報通信機器など情報の伝達をテーマとする「情報通信」と、ICやLSIなど情報通信機器に不可欠な電子材料をテーマとする「光・電子デバイス」の2つの分野があります。電子工業の目覚ましい発展はこの2分野の高度なコンビネーションのおかげとも言えます。
技術革新のスピードが速い電子工学の分野では、技術環境や産業ニーズの変化に即応できるフレキシブルな発想も必要です。最先端で活躍する研究者や電子工業界のトップ開発者を招いた「特別講義」を開講し、先端研究のダイナミズムを実感しながら、将来の開発者として求められる発想力を養います。
このようにして、電子工学の基本的知識とそれを応用・展開し新しいニーズを捉える力を身に付けた多くの卒業生が世界の電子産業をリードする日本の電子・通信関連企業へ就職しています。卒業生の約40%が大学院へ進み、大学院修了者も最先端の研究者・技術者として電子立国・日本の技術基盤を支えています。

【授業・講義】
光・電子デバイスと情報通信の応用、発展を追究

1・2年次に数学、物理、基礎電気理論を重点的に学び、3・4年次に光・電子デバイスや情報通信の各分野について基礎理論がどのように応用され、発展していくかを学びます。実験を重視した体験的な学修により問題解決能力の向上を図り、独創的で高度な研究開発能力を有するエンジニアを育成します。企業と連携し「インターンシップ」に参加する「学外実習」の制度も実施しています。

閉じる

機械システム工学科

ものづくりを原点に、最先端の生産システムと素材技術を世界に発信

自動車、航空機、建設機械などの身近にある機械や、これらをつくり出す工作機械やロボットなどを対象に学びます。そのため、ものづくりに関わる基礎学問を中心に、高い機能を有する先端材料、環境にやさしい素材、構造物の強度設計の基礎となる構造解析技術、インテリジェント化を実現する生産システム、振動と制御技術などを学び、活用する能力を修得します。
カリキュラムは、機械工学を支える基礎(数学・力学・物理学)、設計製図科目、専門基礎科目(材料力学、流れ学、熱力学、機械力学、制御工学)などからなり、基礎学力を十分に養い、高い設計力を身に付けた上で、材料、熱・流体、機力・制御、理工学の各コースを系統立てて学習。機械工学技術者に必要な知識を確実に習得できるようグレード制を採用しています。
就職希望者の就職率は100%で、卒業生のうち約60%が大学院に進学しています。

【授業・講義】
PBL授業を取り入れ、問題解決能力を養う

少人数クラスの演習を提供し、例えば「機械設計製作」では、実際にポンプやリンク機構、遊星歯車などを設計・制作し、その性能を競います。その中では、自ら問題を発見し解決する「PBL授業」が組まれています。卒業研究では研究室に所属し、先進材料の開発や構造解析、知的生産および加工技術、車の乗り心地と人間の動作解析など、最先端のテーマに取り組んでいます。

閉じる

エネルギー機械工学科

人と地球を支える、機械工学の新次元を切り拓く

エネルギーの視点から機械工学にアプローチするのが本学科であり、地球資源の有効利用や、有害排出物を極限まで抑えた無公害エンジン・生産機械の開発をめざし、エネルギーの発生技術とその利用技術に注目した教育・研究を行っています。
具体的な研究課題は、低エミッションエンジン、水素エンジン、コージェネレーションシステム、燃料電池、空調・冷凍機器など高効率エネルギー変換装置の開発、自動車・航空機・高速鉄道・環境機器などのエネルギー消費を抑えるための熱・流動シミュレーション解析、サステナブル(持続可能な)社会構築のためのエネルギー利用グリッドの最適化などが挙げられ、まさに21世紀の人類に課せられた課題に取り組んでいます。
卒業後は、約70%の学生が大学院に進学しており、卒業生は、機械工業、電気工業、化学工業などの分野で第一線の技術者として活躍しています。

【授業・講義】
エネルギーを軸に最先端の研究に挑む

エネルギー機械工学の視点から機械工学を幅広く学びます。「機械設計製図」の授業では、エネルギー関連で活躍する技術者を講師に招き、風車などを題材に高度な計算法や設計法を学びます。4年次の卒業研究では、燃料電池やコージェネレーション、高効率エンジンの開発など、一人ひとりが設定したテーマについて、先端設備を駆使して研究に取り組みます。その際は「エネルギー変換研究センター」や学外の機関と連携しながら研究を進めます。

閉じる

機能分子・生命化学科

分子の性質と独創性で、先端領域を開拓する

原子や分子、あるいはそれらの集合体が持つ機能に注目し、化学の素晴らしさが学べるように工夫しています。生命化学分野は、高度な機能を持つ物質(機能分子)の化学と並んで、これからの化学の中核をなす分野です。本学科では、機能分子の化学と生命化学を2つの柱として、広い視野から学習・教育目標を定め、基礎化学の学習だけでなく思考力・応用力を養う実験を重視した教育プログラムを展開しています。
就職希望者の就職率は、常にほぼ100%を達成しており、化学関連企業だけでなく、さまざまな先端的企業から求人があります。また、50%前後の卒業生が大学院へ進学して、高いレベルでの研究に励んでいます。

【授業・講義】
産業や医療に役立つ研究を実践

カリキュラムは、主に1・2年次に学ぶ2つの基礎科目群と実験科目からなる共通科目、主に3・4年次に学ぶ工学および理学関連科目群で構成。「化学実験I・II」などの実験実習科目を通して、問題解決能力とデザイン能力を養います。
研究面では「ナノサイエンス研究センター」を中心に産学官の連携を強め、どの研究室も先進的な研究体制を整備しています。具体的には、人工血液、酸素貯蔵物質、次世代燃料電池など、工学と医学への応用を視野に入れた研究や、それらの先端材料を支える基礎分野の研究を展開しています。

閉じる

化学システム創成工学科

新しい化学工学の視点から、持続可能な社会形成を支える

化学と化学工学を基盤に、人と環境にやさしい持続可能な社会づくりに向けた新しい化学システムの創成をめざしています。1年次は、「数理基礎」「化学基礎」「化学システム工学基礎」の3分野を中心に、基礎学力を確実に身に付け、秋学期からは「実験実習」も始まります。2年次には、ナノ材料などの高機能な材料の開発やそのプロセス開発に関わる「マテリアル・プロセスデザインコース」と、地球環境問題や生物・生体システムに関わる「環境・バイオテクノロジーコース」のコース科目がスタート。いずれも演習や実験など、コースに対応した教育課程を設置し、化学工学を基盤とした技術・研究思考力を養います。
これらの学びを通じて、化学技術者としての実践的な技術を身に付けた人材は、化学産業や医薬品、食品、化粧品などのファインケミカル産業をはじめ幅広い分野での活躍が期待されています。卒業生の約60%が大学院に進学しています。

【授業・講義】
化学工学を社会で生かす

1年次に履修する「化学システム創成工学概論」では、化学工学の学問体系が学べるとともに、社会で化学工学が果たす役割についての講演でリアルな研究の現場を感じることができます。また、1・2年次の「化学工学量論演習」や「物理化学演習」などの演習科目により、早くから高度な知識を身に付けることができます。そこで培われた知識は、物質の特性を原子レベルから、あるいは地球全体を大きなシステムとして捉えるといった、幅広い化学工学の研究の中で生かされます。

閉じる

環境システム学科

人間と自然を深く見つめ、環境科学で未来を拓く

環境問題の本質を追求し、人間と地球のより良い明日のために具体的な解決策を提示できる専門家を育成します。地球環境や生態系、社会システム、環境技術など幅広い分野を研究対象とし、環境問題に科学的な視点・手法で対応できる力を身に付けます。
カリキュラムは、「理工学・環境科学の基礎」「環境システム学共通科目」「環境システム学展開科目」「実験・実習科目」の4科目群から構成。まず、理工学の基礎となる数学、物理学、生物学、化学、地球科学、プログラミングなどを幅広く学び、その上で、地球システム科学、環境保全・防災科学、新エネルギーシステム、環境システム工学、生命環境保全、人間環境、地域環境などの専門科目を学びます。また、演習や実験・実習を通して環境へのアプローチ方法を学び4年次の卒業論文へと進みます。
卒業後は、環境のプロフェッショナルとして企業での活躍が期待されるほか、コンサルタントや教育者、研究者としての道も開かれています。

【授業・講義】
多様な環境問題を科学的に検証する

「環境の科学を理解し、実践するためには、さまざまな学問を基礎として、私たちの周りで起こっていることを深く洞察し、そこから多角的に思考できる能力が必要です。」と語る環境システム工学研究室の盛満先生は、環境・エネルギー分野に関わる材料やシステムの開発が専門です。
環境システム工学研究室では、「次々世代蓄電デバイスとしての水素/空気二次電池の開発」「環境・医薬・食品分野に用いる新たな電気化学センサの開発」「省エネルギー・低環境負荷のレアメタルの新規製造技術の開発」などに関する卒業研究が行われています。

閉じる

数理システム学科

無限に広がる数学の世界で、あくなき探究心を育む

数理科学は、例えば、経済において証券市場を定式化し、証券価格がどう決定されるかのメカニズムを解析する数理ファイナンスとして活用されるといった、社会と密接に結び付く大きな可能性を持った学問分野です。だからこそ、数理科学を身に付けた人材は社会に強く求められています。
こうしたニーズに応えるため、1年次には、数学的基礎を固め、情報処理や数式処理ソフトの扱いを学びます。少人数による演習も特徴で、「数学演習」では一人ひとりの得手不得手に合わせた丁寧な指導が行われます。2年次からは、代数学や幾何学、解析学を学ぶ「数理分野」、確率・統計とその金融工学への応用などを学ぶ「情報統計分野」、カオス・フラクタルなど応用数学のトピックスを学ぶ「応用数理分野」の3分野の専門科目を受講します。
このようにしっかりとした基礎能力と柔軟な思考力を身に付け、問題発見・問題解決能力を持つ卒業生は、特に金融・情報関連産業での活躍が期待されるほか、中学・高等学校の数学科教員や研究者への道が開かれています。

【授業・講義】
純粋数学から応用数学までを幅広く学ぶ

高度な問題発見能力と問題解決能力を身に付けるため、純粋数学と応用数学がバランスよく配置された講義と演習を履修します。1・2年次に基礎科目を学んだ後は、社会で注目を浴びている先端分野に関する科目を学びます。例えば「金融・投資の統計科学」では、確率・統計学の知識と手法を駆使して数理統計ファイナンスについて学びます。「応用代数学」では、抽象的に構成されたガロア体と楕円曲線を、今日の社会において重要な役割を果たしている暗号理論に結びつけます。

閉じる

アドミッションポリシー

〈求める学生像〉

1.一国の良心となる人物の育成という同志社大学の建学の精神と本学の三つの教育理念であるキリスト教主義、自由主義、国際主義を理解しようとする学生。
2.自然科学と工学の基礎および応用理論を身に付けて、各界で活躍できる人材を育成するという本学部の教育目的を受け入れ、本学部での勉学を強く望む学生。
3.各学科の人材養成の目的を受け入れ、専門分野の履修に必要な基礎的学力を持ち、それぞれの学問分野の習得を高い意欲と志をもって成し遂げようとする学生。
4.本学部の教育をとおして、高い倫理観と学識をもつ研究者及び技術者となって、新島襄が語った「人間のための科学技術」に貢献しようとする学生。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ