とうよう

東洋大学

私立大学 東京都/群馬県/埼玉県

文学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

哲学科
東洋思想文化学科
日本文学文化学科
英米文学科
史学科
教育学科/人間発達専攻
教育学科/初等教育専攻
国際文化コミュニケーション学科

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

文学部では少人数で学ぶ演習(ゼミナール)などのきめ細かな教育を通して、「読む力」「書く力」「考える力」の育成を重視しています。より深く専門分野を探究し、十分な語学力や幅広い教養を備え、社会のどんな分野でも、また、世界のどんな地域でも活躍できる、これからの時代を切り拓く人財を育てます。

【キャンパス】白山キャンパス
【学生数】4101名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】94名(2017年5月1日現在)

哲学科

講義・学問分野

哲学演習、西洋哲学史概説、古代哲学演習、論理学概論、哲学基礎概説、哲学概論、現代哲学演習、現代思想演習、宗教思想など

閉じる

東洋思想文化学科

講義・学問分野

東洋思想文化演習、インド文化概論、インド思想史、中国学研究法、中国学概論、東洋の身体論、韓国文化事情、日本の美術、仏教と社会福祉、書道、日本仏教史、中国哲学史、インド・仏教の美術など

閉じる

日本文学文化学科

講義・学問分野

日本文学文化概説、日本語概説、作家作品研究、フランス語圏文学文化と日本、ドイツ語圏文学文化と日本、日本の伝統行事、日本の伝統芸能、創作書道、伝統文化講座、日本の美術など

閉じる

英米文学科

講義・学問分野

英会話、アメリカの文化と思想、イギリスの文化と思想、英文学特講、時事英語、英文学史、フレッシュマン講読セミナー、英語学演習、英文法概説など

閉じる

史学科

講義・学問分野

日本史学演習、東洋史学演習、日本史史料研究、東洋史学特講、日本史学卒論演習、東洋史概説、西洋史学演習、博物館実習、西洋史概説、西洋史学特講、博物館情報・メディア論、考古学研究など

閉じる

教育学科/人間発達専攻

講義・学問分野

生涯学習概論、教職論、生涯発達心理学、児童文化研究、教育心理学概論、特別支援教育概論、家族心理学、カウンセリングの理論と実際など

閉じる

教育学科/初等教育専攻

講義・学問分野

教育心理学概論、学校教育社会学、生涯発達心理学、初等教科教育法、初等科図画工作、科学実験講義など

閉じる

国際文化コミュニケーション学科

講義・学問分野

比較文学、世界の文学文化と日本、国際文化理解、ジャパニーズ・アニメーションなど

閉じる

学べること

哲学科

「善く生きる」ために、物事の本質を見極める

「哲学」とは、身近な問題を深く洞察し、物事の本質を見極める学問です。
古代ギリシアで誕生した後、ヨーロッパ大陸を中心に発展し、現在に至るまで多くの哲学者たちが思考を続けてきました。それは、「善く生きたい」という、誰しもの希望をかなえるための試みです。
現代に生きる私たちも、先人の哲学者が遺した財産を受け継ぐだけでなく、目の前にある物事の本質を探ることで、いまを「善く生きる」ということの意味を考えていきます。それが「哲学」という学問の醍醐味です。

【授業・講義】
演習科目の充実

哲学科で単位修得する演習科目は、1年次に1科目、2年次に2科目、3・4年次には合わせて5科目以上となっています。これは大学入学以前に哲学を学ぶ機会が少ないため、1・2年次には哲学の基礎的な知識と考え方に学習の重点が置かれているからです。

閉じる

東洋思想文化学科

世界的な広がりをもつ東洋の思想・文化を理解する

19世紀のドイツの地理学者リヒトホーフェンは、ユーラシア大陸を横断する古代の交通路を「シルクロード」と名づけました。彼の弟子であったスウェン・へディンは、その道を踏破してかつてのオアシス都市楼蘭を発見し、同じ頃の敦煌文書の発見とともに、ヨーロッパの目がアジアに向かう契機をつくりました。
このように、インド・中国・日本を結ぶ「東洋学」という考え方は、単に地理的な西洋に対する東洋ではなく、中央アジアを軸とする「歴史的な文化交渉」を明らかにする中から生まれました。それらのさまざまな面を深く学ぶため、2年次から「インド思想」「中国語・中国哲学文学」「仏教思想」「東洋芸術文化」の4つのコースで専門科目を履修します。

【授業・講義】
東洋思想文化が実践できる実技講義科目

インド・中国などでは思想や文化がたくさんの書物に書き記されていますが、書物だけでなく実際の体験も重要な文化として伝えられています。本学科では、「ヨーガ」「坐禅」「写経」「インド舞踊」「仏教の芸能」「日本の宗教を歩く」といった多彩な実技講義科目を設置しています。

閉じる

日本文学文化学科

今まで気づかなかった日本や日本人の魅力を発見

日本や日本人のあり方が厳しく問われる国際化社会において、閉鎖的な日本文化論に陥ることなく、グローバルな視点で日本を考察できる力が求められています。
その力を得るためには、日本文化の伝統をふまえつつ、それを今の時代でとらえ直すこと、さらに海外の文化と比較研究していくことも不可欠となってきます。
「日本語学」「古典文学文化」「近現代文学文化」「比較文学文化」の4つの専門分野で学び、さまざまな観点から文化理解を深めていくことを通して、今まで気がつかなかった日本や日本人の魅力を発見します。

【授業・講義】
「初年次ゼミナール」「実践基礎ゼミナール」

本学科では初年次教育として、担任制度によって「初年次ゼミナール」と「実践基礎ゼミナール」が行われています。
初年次教育ではグループ学習やアクティブラーニングの手法も取り入れ、コミュニケーション力やプレゼンテーション・スキルを磨くこと、図書館情報検索や図書館との連携によるゼミナール指導を丁寧に行います。

閉じる

英米文学科

英語を通して知性を鍛え、豊かな情緒を育む

「英文学」「米文学」「英語学」という、3つの学問分野について学びます。いずれの分野でも、「読む」「書く」「聴く」「話す」の英語の4技能の習得は不可欠です。母語ではない言語やその文学作品を研究することは、決して簡単なことではありません。しかし、英語圏の社会や文化や価値観を知ることは、同時に日本人や日本語への理解をも深めることでもあります。そしてそれはネイティブスピーカーにはない視点や発想で、英語や英米文学に切り込んでいくことにつながります。英米文学科では、英語力を磨き、日本人ならではの視点で、英語圏の文化や価値観を捉えて、世界に発信できる人財をめざします。

【授業・講義】
英文学、米文学、英語学を幅広く網羅した授業

英語を通してイギリスやアメリカを中心とした英語圏の文学作品(小説、詩、戯曲、批評など)を味読し、英語圏の文化や思想を理解する能力を培い、英文法、英語学、英語教育の知識と技能を修得できるように指導します。同時に、人間の多様性を広い見地から深く理解できるように養成します。

閉じる

史学科

歴史から豊かな「知恵」をくみ取る

「歴史学」とは、人類の過去の営みをさまざまな視点から知ることにより、現在の社会の起源を探究し、その成果を現代に生きる私たちのために活用していく学問です。
また、史料や原典から史実を分析することを通して、過去の社会や生活をできる限り正確に知り、各自が探究する歴史像を組み立てるクリエイティブな学問でもあります。
政治、経済、文化とあらゆる面から人類の歴史を探り、正確な歴史知識に裏打ちされた揺るぎない世界観を持つ人財を育てます。

【授業・講義】
調査研修

毎年4月、新入生を中心に歴史系博物館や公文書館を訪問し、見聞を広めています。
歴史の研究・学習には、現物を見て知るということが重要な役割を果たします。実際の物から当時の状況を想像していくことで、歴史の理解を飛躍的に高められます。

閉じる

教育学科/人間発達専攻

不登校、いじめ、特別支援教育など、現代の課題に取り組む

情報化や国際化、高齢化の波を受けて、いま、教育のあり方が大きく変わろうとしています。不登校やいじめ、特別支援教育、環境教育、生涯学習など、従来の「教科教育」というジャンルに当てはまらない課題を解決するためには、広い視点と開かれた感覚が求められます。教育学科人間発達専攻では、「生涯にわたる発達」という視点から、教育学を中心に、歴史、哲学、心理学、社会学を学ぶことによって、現代社会における教育の根本を追究していきます。

【授業・講義】
学生の関心に合わせた学びを追究できる

本専攻では、1年次から少人数制のゼミに参加できるのが特徴です。また、教育という分野で、社会に貢献できる人財を育成するためのカリキュラムを展開しています。 専門科目は「教育と現代社会」「心理学と発達臨床」「社会教育」「学校教育」「特別支援教育」の5つの領域を設けており、学生一人ひとりの関心に合わせて専門分野の学びを追究していくことができます。

閉じる

教育学科/初等教育専攻

教育現場での実習により「確かな授業力」を身に付ける

教育学科初等教育専攻では、大学入学と同時に「小学校教諭一種免許状」の取得をめざすカリキュラムを実施しています。現代の教育現場で求められる、豊かな知識と人間性に裏付けされた「確かな授業力」を身に付けられるように、教科教育の授業を充実させるとともに、1週間に1回、小学校の教育現場を体験できる「往還型教育実習システム(東洋大学モデル)」を採用しています。さらに、少人数制の演習を4年間必修とし、学生それぞれの個性を尊重しつつ、一人ひとりの学びを深めています。

【授業・講義】
「往還型教育実習(東洋大学モデル)」による実践的指導力の育成

本専攻では、急激に変化する環境の中で成長・発達する子どもについて、深く理解する力と豊かな人間性を備えた小学校教員の養成をめざします。そのため、教育に関する必修科目(教育学概論、教育心理学概論、生涯学習概論Ⅰ、教職論、特別支援教育概論Ⅰ)および5領域の選択科目群(「教育と現代社会」、「心理学と発達臨床」、「社会教育」、「学校教育」、「特別支援教育」の各選択科目群)を通して、現代の教育に関する総合的な理解力を育みます。

閉じる

国際文化コミュニケーション学科

真の「コミュニケーション力」を獲得する

グローバル化が進み、さまざまな背景(国籍、歴史、文化、価値観など)を持つ人々がともにある世界において、さまざまな“違い”を乗り越えて信頼関係を築くため、他者を理解し、自らを伝える真の「コミュニケーション力」の獲得をめざします。
英語を中心に、フランス語・ドイツ語などの外国語を、コミュニケーションのための言語としてはもちろん、各文化の一部として捉え、異文化への理解を深めます。さらに、日本の文化に対しては、伝統を尊重するとともに新鮮なまなざしでその魅力を捉え直し、発信するスキルを身に付けます。

【授業・講義】
英語運用力を高め、発信力を身に付ける

国際的なコミュニケーションの基礎となる英語については、ネイティブの英語教員による授業を配置。1年次には、本学学生の留学・国際交流支援を行う「国際教育センター」による各種プログラムも含めたプランで学習を進めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都文京区白山5-28-20
入試部
(03)3945-7272(直)
 【URL】http://www.toyo.ac.jp/nyushi/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ