×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

とうよう

東洋大学

私立大学 東京都/群馬県/埼玉県

経営学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

経営学科
マーケティング学科
会計ファイナンス学科

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

グローバル化と情報化が進むにつれ、企業活動は多様さと複雑さを増しています。その変化に対応する幅広い視野を獲得するため、社会経済から環境問題、世界情勢などさまざまな分野を学び、これからの企業社会で活躍できる実力を培います。

【キャンパス】白山キャンパス
【学生数】2961名(2019年5月1日現在)
【専任教員数】66名(2019年5月1日現在)

経営学科

講義・学問分野

経営分析論、コーポレートガバナンス論、日本経営史、経営組織論、競争戦略論、ベンチャー企業論、ビジネス・ネゴシエーション、品質マネジメント、公共経営論など

閉じる

マーケティング学科

講義・学問分野

マーケティング論、マーケティング・リサーチ論、製品戦略論、ブランド戦略、広告論、インターネット・マーケティング、サービス・マーケティング論、ファッション・マーケティング論など

閉じる

会計ファイナンス学科

講義・学問分野

財務会計論、簿記原理、アカウンティング特講、会計学総論、国際会計論、税務会計論、ファイナンス論、国際金融論、証券投資論、ファイナンス情報処理特論など

閉じる

学べること

経営学科

企業を分析する知識とスキルを養う

経営学は、企業などの組織に関わる現象を対象とした学問です。たとえば、企業の考え方(経営理念)や戦略、組織のかたち、保有するもの(経営資源)などに着目し、企業の成長過程や優劣の要因を分析します。分析の方法論はさまざまであり、経済学や社会学、心理学などの考え方も用います。
本学科では体系的に学べるように、専門科目を(1)経営組織・経営管理、(2)経営戦略、(3)経営情報・分析メソッド、(4)財務・会計・マーケティングという4つの分野で構成しています。
どのように組織をデザインするか、いかにライバルと競争するか、情報とITを経営にどのように活かすか、企業の財務状況をどのように把握するかなど、経営に関わるさまざまな「問い」について学べる科目を多数配置しています。

【授業・講義】
基礎実習講義

統計分析、戦略分析、企業分析に関する基礎的な内容について、教員と学生の対話、さらには学生同士の議論を重視しながら学びます。基礎スキルが身につき、さらに「経営学」を学ぶ面白さを体感できます。少人数制クラスを複数の教員が担当し、きめ細かい指導が可能になっています。

閉じる

マーケティング学科

効果的で魅力的なマーケティング戦略の構築の仕方を学ぶ

消費者のニーズやウォンツを敏感に読み取り、そのニーズを満たす商品やサービスを開発して提供する、つまり、売れるしくみづくりを構築する、というのが一連のマーケティングです。マーケティングを学ぶにあたって必要なのは、(1)マーケティングセンス(Sense)、(2)サイエンス(Science)、(3)戦略(Strategy)の3Sです。マーケティングセンスは、常に顧客視点で問題を考えることが基本です。また、情報感度が高いことも必要になります。そして、市場や顧客が何を求め、何を必要としているのかについて敏感になることです。サイエンスは、現実の事象を客観的なデータ分析によって理解することが基本になります。そのため、多変量解析を習得できるように教育しています。マーケティング理論を理解し、それを応用することによって、マーケティングセンスとサイエンスですばらしいマーケティング戦略の立案・実行ができるように教育しています。これらを身に付け、戦略的な発想で企画、立案、実行ができるスキルを習得します。

【授業・講義】
ビッグデータ時代のサイエンス教育

マーケティングを学ぶための基礎知識の習得を重視し、まず1年の春には「基礎実習講義」を受講します。また、1年の秋には「マーケティングデータ分析入門」で1年次の終わりには重回帰分析ができるようになることを目標としています。その後も「現代のマーケティング・サイエンス」や「現代のマーケティングデータ分析」で多変量解析などのデータ分析を学びます。

閉じる

会計ファイナンス学科

会計とファイナンスをベースに、関連する各領域について専門的に学ぶ

「会計」は、おかねの流れを記録・管理し、利害関係者への報告や企業戦略の立案に役立ち、「ファイナンス」は、経済活動のために必要なおかねを調達するしくみや運用方法です。これらの分野を専門的に深く学び、公認会計士、証券アナリスト、研究者など、その道のスペシャリストのほか、両方の分野を広く勉強して広範な専門知識とスキルを習得し企業内で活躍するゼネラリストを目指します。また、英語や中国語を学び、国際的なビジネスパーソンを目指すこともでき、会計やファイナンスの科目のほか、経済学、経営学、マーケティング、法学など、希望に沿った学びも可能です。

【授業・講義】
1年次に基礎を固め、2年次からは5つの専門コースで学びを深める

1年次は、「基礎実習講義」で大学での勉強の方法や2年次以降のゼミで必要となる知識やスキルを身につけるとともに、「会計基礎論」、「簿記原理」、「経済学(ミクロ)」、「経済学(マクロ)」、「ファイナンス論」、「金融論」を履修することにより、会計学やファイナンスの基礎を習得します。公認会計士などの難関資格の現役合格を目指す学生のために、正課の授業と並行して、入学後すぐに簿記課外講座が開講されています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都文京区白山5-28-20
入試部
(03)3945-7272(直)平日9:00〜17:00、土曜9:00〜13:00
 【URL】http://www.toyo.ac.jp/nyushi/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ