とうよう

東洋大学

私立大学 東京都/群馬県/埼玉県

国際学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

グローバル・イノベーション学科
国際地域学科/国際地域専攻

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

経済、貧困、資源、環境、紛争……私たちの世界は今、さまざまな課題を抱えています。目指すのは、そうした課題の解決に向け、世界を舞台に活躍し、地球社会の発展に貢献する人財。グローバルな視野と諸問題に関する知識を身につけ、解決に向けた実践的な能力を獲得します。

【キャンパス】白山キャンパス
【学生数】623名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】42名(2018年5月1日現在)

グローバル・イノベーション学科

講義・学問分野

ICT and New Industrial Revolution、Contemporary Global Issues and Japan、Role of Entrepreneurs in Creating Social Value、Role of Media in Public Policy Formation、Housing the Poor in Asiaなど

閉じる

国際地域学科/国際地域専攻

講義・学問分野

地域文化研究、国際協力論、地域研究(アジア・中東・ヨーロッパ・アフリカ・米州)、地域社会学、地域形成論、国際環境計画入門、環境システム論、情報マネジメント、国際地域学研修、インターンシップ、フィールド調査実習など

閉じる

学べること

グローバル・イノベーション学科

グローバル化が進む世界を舞台に、次代の人々を導く力となる

現在、経済、経営、情報など、さまざまな行き詰まりを見せている「システム」。こうした状況を乗り越えるためには、文化や価値観の変革、イノベーションが必要です。これらを成功させるためには、優れたリーダーが求められます。本学科では、高い語学力とコミュニケーション能力、経済学、経営学、政治学、国際関係学、情報学などを「基礎力」として修得。さらに、協調性の高いリーダーシップ能力と、グローバルなネットワークを構築する能力を獲得し、世界の舞台で先端的な役割を担う「グローバル・アントレプレナー」を目指します。

【授業・講義】
国際社会での取り組みを見据えた学び

原則として、授業はすべて英語で行い、世界を舞台に活躍するための学びとして、常に世界へと意識を向けられる学習環境です。その一環として、最大1年間の海外留学プログラムを実施します。この留学では、異文化経験はもとより留学先大学の専門科目の受講を通じて知識を深め、専門見地だけでなく、国や地域の視点を加えた重層的な議論を英語でできるように育成することにあります。

閉じる

国際地域学科/国際地域専攻

「現場」に立ち、地域の発展に貢献する力を身に付ける

各地域が抱えるさまざまな課題・問題を理解するための幅広い知識を持ち、それらをグローバルな視点で解決に導く人財を育てます。特に、日本やアジアを中心に、開発支援やビジネスなどを通じて、地域の発展に貢献できるエキスパートをめざします。また、1年間を4つの期間に分ける「クォーター制」を導入。調査型研修など実践的学習の機会も充実しています。

【授業・講義】
海外英語実習の実施

「国内外の地域づくり」に求められる実用的な英語力の習得を目的として、5週間・110時間超の集中学習を1年次に行います。机上の学習だけでなく、学んだことをすぐに実践の場で使って身につけることを重視し、海外という異文化環境での実習を実施しています。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都文京区白山5-28-20
入試部
(03)3945-7272(直)
 【URL】http://www.toyo.ac.jp/nyushi/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ