×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

りつめいかん

立命館大学

私立大学 京都府/大阪府/滋賀県

スポーツ健康科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

スポーツ健康科学科(235名)

所在地

1~4年:滋賀

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●多様な関心や目指す進路に対応した4コースに分かれ、専門的な学修を深める
●グローバルな視野とリーダーシップを備えた人材に成長する
●最先端機器を駆使して実験に取り組む

「人」をテーマに社会の幅広い課題について多様な学問分野を連携させ、科学的に解決策を導き出していきます。

【キャンパス】びわこ・くさつキャンパス
【学生数】1000人(2019年5月1日現在)
【専任教員数】34人(2019年5月1日現在)

スポーツ健康科学科

講義・学問分野

スポーツ健康科学、スポーツマネジメント論、基礎スポーツ医学、学習科学論、コーチング論、スポーツ心理学、スポーツバイオメカニクス論、運動処方論、スポーツ指導実習、スポーツ栄養教育学、スポーツ教育学など

閉じる

学部の特色

インテグレーション コア

多様な関心や目指す進路に対応した4コースに分かれ、専門的な学修を深める

「人」をテーマに、細胞や遺伝子から臓器、人体、さらに「人」の集合体である集団まで、社会の幅広い課題について多様な学問分野を連携させ、科学的に解決策を導き出していきます。系統的なカリキュラムの中に、多様な関心や目指す進路に対応した4コースを配置しています。

閉じる

グローバルな視野とリーダーシップを備えた人材に成長する

本学部が目指すのは、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学を理解し社会に貢献できる人材の育成です。これは、国際的視野を持って自らの学びを実践し、豊かな社会の実現に力を発揮できる人のことです。また、責任を持って自らのミッションを果たし、チームのプロジェクトを先導できる人を指します。

閉じる

最先端機器を駆使して実験に取り組む

本学部があるびわこ・くさつキャンパス(BKC)には、充実した最先端の機器や設備があり、理論として学んだことを実験などを通して確かめることができる環境が整っています。多様な実習科目や研究活動で利用します。

閉じる

学べること

スポーツ健康科学科

「遺伝子」から「社会」まで、「運動」と「健康」を軸にして人間を科学する

系統的なカリキュラムのなかに、多様な関心や目指す進路に対応した4コースを設定。1・2回生ではスポーツ健康科学の基礎的な科目を学び、3回生から各コースに分かれて専門的な学修を深めます。

●スポーツ科学コース/自然科学的な観点からスポーツを理解するとともに、その理論を実践に生かすスキルを学び、科学的に競技力向上を目指します。
●健康運動科学コース/健康の維持・増進のために、運動の役割を理解し、健康に関わるプログラムを学びます。
●スポーツ教育学コース/保健体育教員、競技スポーツや健康教育の指導者に関わる指導スキルを身につけます。
●スポーツマネジメントコース/スポーツ健康関連組織の理解を深め、組織内でリーダーシップ、コーチング力を発揮できる力を身につけます。

閉じる

アドミッションポリシー

〈求める学生像〉

スポーツ健康科学部は、グローバルな視野とリーダーシップを備え、スポーツ健康科学の理解をもとに社会の発展に貢献する人間を育成することを目的としています。
この目的を実現するために、以下のような学生を求めています。
1.文理融合の総合科学であるスポーツ健康科学を学ぶための確かな学力を有する学生
2.理論と実践を通じてスポーツ健康科学を学ぶ知的好奇心と強い関心・意欲を有する学生
3.修得した専門性を国内外に向けて積極的に発信・実践していきたいと考える学生

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ