立命館大学/産業社会学部|Benesse マナビジョン
学校パンフ取り寄せで図書カードGET

りつめいかん

立命館大学

私立大学 京都府/滋賀県/大阪府

産業社会学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

現代社会学科/現代社会専攻(330名)
現代社会学科/メディア社会専攻(180名)
現代社会学科/スポーツ社会専攻(100名)
現代社会学科/子ども社会専攻(50名)
現代社会学科/人間福祉専攻(150名)

所在地

1~4年:京都

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●クロスオーバー・ラーニングで学びを「深化」させる
●アクティブ・ラーニングで問題を発見し解決する力をつける
●国際社会の問題に対応できる力を養う

「現代化」「総合化」「共同化」を掲げ、現代社会の問題解決をめざします。社会科学が内包するさまざまな分野の学びを、それぞれ独自のカリキュラムを展開する5 つの専攻を設置。探究の過程においては各専攻の壁を超えて多彩なテーマを学ぶことができます。

【キャンパス】衣笠キャンパス
【学生数】4006人(2017年5月1日現在)
【専任教員数】101人(2017年5月1日現在)

現代社会学科/現代社会専攻

講義・学問分野

産業社会学、環境論 、国際社会論、多文化共生論、社会階層論、環境ライフスタイル論、国際援助論、社会病理学、景観デザイン論、アジア文化論、企業社会論など

閉じる

現代社会学科/メディア社会専攻

講義・学問分野

現代メディア史、ジャーナリズム論、メディア技術史、メディア文化論、広告表現論、ニュース論、コミュニケーション政策論、活字メディア論、音声メディア論、国際ジャーナリズム論、映像ジャーナリズム論など

閉じる

現代社会学科/スポーツ社会専攻

講義・学問分野

ウエルネス論、現代余暇論、スポーツ文化論、余暇の社会史、スポーツ心理学、スポーツメディア論、スポーツ政策論、スポーツ史、スポーツ人類学、スポーツ産業論、身体表現論など

閉じる

現代社会学科/子ども社会専攻

講義・学問分野

子どもと教育の歴史、世界の子どもと学校、現代学校教育論、現代教職概論、道徳教育論、子どもと非行、子どもとメディア、学校カウンセリング論、いのちの教育、臨床人間学など

閉じる

現代社会学科/人間福祉専攻

講義・学問分野

児童福祉論、障害者福祉論、老人福祉論、心理学、公的扶助論、福祉経営論、人間発達論、ソーシャルワーク論、福祉住環境論、人間コミュニケーション論、ライフサイクル論など

閉じる

学部の特色

以学館

クロスオーバー・ラーニングで学びを「深化」させる

産業社会学部の特長は柔軟なカリキュラム。専攻での専門能力を高めつつ他専攻の科目も横断的に学ぶことで、多彩なテーマの中から自分だけの学びをデザインすることができます。

閉じる

アクティブ・ラーニングで問題を発見し解決する力をつける

教室での学びだけではなく、フィールドワークやボランティアなどのアクティブ・ラーニングを重視。国内外を問わず実社会で学ぶことで、問題を発見し解決する力をつけます。

閉じる

国際社会の問題に対応できる力を養う

国際社会が直面する課題に主体的・実践的に取り組めるプログラムを設定。学部独自の海外研修や、英語能力と学部の専門性を同時に高める英語副専攻などユニークなプログラムを提供しています。

閉じる

学べること

現代社会学科/現代社会専攻

現代社会の課題に3つの視点から迫り、真に豊かな未来を探究する

自然環境と経済活動の調和をめざす「持続可能な社会」の創造や公共空間の再生、社会倫理や国際ネットワークの構築といったさまざまな課題に、3つの領域からアプローチし、真に豊かな社会を実現するための方法を探究。社会形成領域では、政治・経済・労働など社会の骨格についての論理を学び、さまざまな場面で社会変革を推進、管理できる力を養います。
社会文化領域では、人間・文化・社会についての論理的思考を柱として、新しい生活規範を創出していきます。
環境社会領域では、持続的社会の形成をめざし、自然環境の保全のみならず、住みよい社会環境の創出に主体的に関わるための力を培います。
いずれの領域も、文献学修だけでなく、フィールドワークにも積極的に取り組みます。

閉じる

現代社会学科/メディア社会専攻

メディアの機能・役割について学び、社会とのよりよい関係を創出する

社会とメディアとの「よりよい関係づくり」をめざします。
新聞や放送などの社会的機能やインターネットに至る発展と歴史、またマンガや広告といった文化など、メディアと社会の関わりについて学び、各種メディアが果たすべき役割や責任について考察します。さらに情報を的確に読み解く力や発信するためのスキルも養います。
現代社会におけるメディアの機能を検証する「メディア社会」、メディアと人との関わりに注目する「市民メディア」、映画、マンガといった文化としてのメディアを学ぶ「メディア文化」という3つの領域を設定しています。
自分の関心や進路の希望に合わせて、1つあるいは複数の領域から多角的に学ぶことが可能です。

閉じる

現代社会学科/スポーツ社会専攻

心豊かで健康な人間社会のために、スポーツや余暇のあり方を考察する

社会や生活におけるスポーツの役割や、余暇、健康との関わりについて多角的にアプローチしていきます。
公的機関や民間企業、ボランティアの立場から文化としてのスポーツや余暇に対する知見を深め、豊かな社会を実現する方法を模索します。
基盤となるスポーツ理論の学習に加え、現地調査などを取り入れた実践的な授業を展開。海外研修なども活用しながら、社会でスポーツをマネジメントしていく力や余暇の新たな可能性を見出す力を養います。

閉じる

現代社会学科/子ども社会専攻

現場で子どもたちと関わりながら、これからの学校教育について考える

発達や心理をはじめとする領域から子どもを理解することはもちろん、メディアや生命倫理、環境といった多様な視点から子どもを取り巻く社会環境について考察を重ねます。
小学校教員養成課程を設置しており、子どもに関わる幅広い科目と教職科目の両方を履修できることが特長です。グローバル教育や小学校英語教育の学修も可能です。
少人数での学びをもとに、これからの教育と社会を担う人材であり、専門的な知見を有した「子どものスペシャリスト」の育成をめざします。

閉じる

現代社会学科/人間福祉専攻

福祉マインドを養い、人間らしく生きられる社会づくりに貢献する

「福祉」というテーマに対し、「福祉社会」、「人間発達」、「福祉テクノロジー」という3つの領域からアプローチします。政治や社会、経済といったマクロな視点と、生活や発達、悩みや困難といった人間そのものを捉える2つの視点から問題に迫ります。
誰もが人間らしく生きられる社会づくりに不可欠な意識や姿勢を身に付け、福祉マインドを培って社会のさまざまな場面で活躍するための実践的な知識・技能を修得します。また、社会福祉士といった高度な専門資格の取得もサポートしています。
まずは身近な問題意識から自分の視点を見定め、将来を見据えて専門性を高めていきます。

閉じる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ