×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

診療情報管理士

診療情報管理士

 カルテをはじめとした診療情報を管理する職業。カルテに書かれたことが正しいかを確認し、病院のデータベースに入力・管理することが仕事だ。患者の大切な個人情報を守り、かつ病院の経営や病気の研究にデータを役立てるために必要な職業と言える。

診療情報管理士になるには

日本病院会が指定する養成機関で学ぶとよい

 一般社団法人日本病院会が指定する大学、専門学校で3年以上、指定の学位を修得した後、認定試験に合格すると、「診療情報管理士」として認定、登録される。指定校は、2016年現在、全国に21大学、専門学校54校がある。指定校以外の大学、短大、専門学校を卒業後、一般社団法人日本病院会が主催する「診療情報管理士通信教育」を2年間受講しても、認定試験の受験資格が得られる。

診療情報管理士 なるためチャート

続きを読む

診療情報管理士の仕事の内容

診療録を管理し整理する責任者

 医師が病院で患者に行った医療行為を記録した診療録(カルテ)や検査記録などの診療情報を管理し、必要な場合は情報開示などを行うのが診療情報管理士の仕事だ。
 診療情報管理士は、カルテに書かれてい…

続きを読む

診療情報管理士の働き方と生活

休日や福利厚生も充実し、長く働ける職場

 診療情報管理士は病院で働くが、看護師や医師のような夜勤はなく、労働時間や休日、福利厚生などは、病院事務の職員とほぼ同じ扱いとなることが多い。年齢の幅も広く、長く働ける職場だ。
 雇用形態もさ…

続きを読む

診療情報管理士に向いている人・適性

医療知識が豊富で、情報を管理する責任感のある人

 診療情報管理士には、診療内容を正しく理解したうえで、わかりやすく文章を書くことが求められる。医師のように直接治療に関わるわけではないが、専門的な医療知識が不可欠だ。そのうえで、医師が書いた内容をきち…

続きを読む

診療情報管理士の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

勤務先により異なる

続きを読む

診療情報管理士の資格

関連資格

診療情報管理士

続きを読む

診療情報管理士の将来性

カルテの電子化により必要性が高まる

 病院を評価する制度や、カルテの電子化、医療費支払いの目安となる「診療録管理体制加算」とよばれる制度の登場にともない、診療に関するデータは多方面で活用されるようになっている。このような事情を背景に、診…

続きを読む