にほん

日本大学

私立大学 東京都
※このほか、福島、千葉、神奈川、静岡にキャンパスがあります。

日本大学/理工学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

土木工学科(学部計:2030名)
交通システム工学科
建築学科
海洋建築工学科
まちづくり工学科
機械工学科
精密機械工学科
航空宇宙工学科
電気工学科
電子工学科
応用情報工学科
物質応用化学科
物理学科
数学科

所在地

海洋建築工学科 航空宇宙工学科 交通システム工学科 精密機械工学科 電子工学科 応用情報工学科
  1~4年:千葉
機械工学科 建築学科 物質応用化学科 数学科 電気工学科 土木工学科 物理学科 まちづくり工学科
  1年:千葉
  2~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●都心の最先端キャンパスと理工系トップレベルの大型実験施設で潜在能力を引き出す
●CST×DREAM教育プログラムで理学と工学、芸術からデザインまで学べる
●低学年次からきめ細かなキャリア形成プログラムを展開し、進路選択をサポート

少人数制の実験や実習、他学科の専門科目を履修できる「サブメジャー(副専攻)制度」や、自律性と創造力を育てるプロジェクトを展開する「未来博士工房」など、学生の可能性を広げる学びの環境を整えています。

【キャンパス】千葉・船橋(1年次全学科[交通システム工学科、海洋建築工学科、精密機械工学科、航空宇宙工学科、電子工学科、応用情報工学科は全学年])、東京・駿河台(2~4年次[土木工学科、建築学科、まちづくり工学科、機械工学科、電気工学科、物質応用化学科、物理学科、数学科])
【学生数】8,555名(2021年5月1日現在)
【専任教員数】333名(2021年5月1日現在)

土木工学科

講義・学問分野

測量実習、材料力学、コンクリート構造、地盤力学、地震工学、 構造とデザイン、都市計画、上下水道工学

閉じる

交通システム工学科

講義・学問分野

交通計画、自動車交通、観光交通、都市計画、公共交通、交通環境、鉄道工学、景観デザイン、空間情報

閉じる

建築学科

講義・学問分野

建築設計、環境工学、構造設計、建築デザイン、一級建築士、海外建築研修、建築材料、都市開発

閉じる

海洋建築工学科

講義・学問分野

海と建築、建築デザイン、建築構造、ウォーターフロント計画、一級建築士、海洋空間利用、沿岸環境、浮体式建築、陸と海の専門家

閉じる

まちづくり工学科

講義・学問分野

都市・地域デザイン、地域コミュニケーション、超高齢社会、都市計画、景観デザイン、暮らしの空間デザイン、まちづくり事業、リゾート整備、既存ストック活用

閉じる

機械工学科

講義・学問分野

メカニクス、機械設計製図、太陽熱エネルギー、機械工学、CAD/CAM、フォーミュラーカー、コンピュータプログラミング、先進自動車、未来博士工房

閉じる

精密機械工学科

講義・学問分野

メカトロニクス、インフォマティクス、エレクトロニクス、ロボティクス、AI、人間工学、宇宙エレベーター、エネルギー、未来博士工房

閉じる

航空宇宙工学科

講義・学問分野

超小型人工衛星、ジェットエンジン、航空機構造、人力飛行機、ロケットエンジン、熱・流体、無人航空機、無重力、未来博士工房

閉じる

電気工学科

講義・学問分野

情報・通信、音響・超音波、エレクトロニクス・画像処理、光学・オプトロニクス、エネルギー・制御、材料・物性、半導体

閉じる

電子工学科

講義・学問分野

電気電子回路・計測、コンピュータサイエンス、光通信・無線通信、人工知能、センサー技術、プログラミング、スピンエレクトロニクス、光・磁気物性、半導体・集積回路

閉じる

応用情報工学科

講義・学問分野

情報処理、ネットワーク、組み込みシステム、計算機工学、ソフトウェア工学、プログラミング、アルゴリズム、AI、情報セキュリティ

閉じる

物質応用化学科

講義・学問分野

地球環境、エネルギー、ナノ材料、触媒、化粧品、医薬品、バイオ、有機化学、無機化学、高分子合成、分析化学、生命科学、化学工学、化学プレゼンテーション

閉じる

物理学科

講義・学問分野

プラズマ・核融合、宇宙・天文、相対論・量子論、超伝導・物性物理、電磁気学、科学史・物理学史、原子核・素粒子・加速器、統計・計算物理、未来博士工房

閉じる

数学科

講義・学問分野

純粋数学、アルゴリズム、代数、数理情報、人工知能、確率統計、データ解析、暗号理論、ソフトウェア工学

閉じる

学部の特色

2018年7月竣工の「タワー・スコラ(南棟)」

都心の最先端キャンパスと理工系トップレベルの大型実験施設で潜在能力を引き出す

都心の駿河台キャンパスには、最先端の教育研究施設を備えた地上18階地下3階の超高層の校舎「タワー・スコラ(南棟)」が、2018年に竣工。また、東京ドーム6個分の船橋キャンパスには、理工系トップレベルの大型実験施設が多数あります。「テクノプレース15」には、環境水理実験室、航空機実験室、宇宙工学実験室など、多岐にわたる最新鋭の実験設備を設置。1年生から参加できる「未来博士工房」は、実践的な研究・教育活動で学生の潜在能力を引き出します。学生一人ひとりの可能性を広げる学びの環境を整え、豊かな社会還元力を持った人材を育成します。

閉じる

鳥人間コンテスト

CST×DREAM教育プログラムで理学と工学、芸術からデザインまで学べる

科学、技術、工学、芸術、数学にデザインを加えた、ユメをリアルにするCST×DREAM教育プログラムで学び、世界へ羽ばたくための知識と技術を身に付けます。「未来博士工房」では、「航空宇宙工房」「PC工房」「ロボット工房」「フォーミュラ工房」「物理学プロジェクト工房」「交通まちづくり工房」「電気エネルギー環境工房」「ブリッジ工房」の8つの工房を拠点に、もの・ことづくり教育を展開。工房の学生が開発した人工衛星は、宇宙を飛び地上と交信を続けています。また、鳥人間コンテストでは人力プロペラ機ディスタンス部門で最多優勝を誇るなど、未知への挑戦を通じて、自主性・チャレンジ精神・チームワーク力を養います。

閉じる

就職支援の様子

低学年次からきめ細かなキャリア形成プログラムを展開し、進路選択をサポート

社会を意識してキャリア形成に取り組めるように、「コンピテンシー診断」や「キャリアデザイン講座」などのプログラムを低学年から展開。さらに、グループディスカッションや模擬面接など、企業の採用動向をふまえた多彩なキャリア・就職支援を行っています。およそ23万人の卒業生と約千人の教員、専門のキャリアカウンセラーによる充実した相談態勢で、学生の適切な進路選択をサポートします。

閉じる

学べること

実際に学生自身が図面を引くなど、実践的な内容を実施

土木工学科

「人の役に立つ」生活の基盤をつくる技術を実践的に修得

人々の生活の基盤となるインフラストラクチャ一(道路・鉄道・上下水道・電力・通信・公園など)をはじめ、さまざまな分野でスケールの大きな事業に携わるシビル・エンジニア(土木技術者)を育成します。災害に強い街づくりや人に優しいバリアフリーの街づくりには、幅広い教養と感性が必要です。本学科では、ものづくリの専門技術を身に付けることはもちろん、「人の役に立ちたい」という気持ちを育むことも教育目標の一つです。1、2年次は専門科目の基礎理論を学び、3年次からはより高度な専門科目を通じて実践力を育成する、段階を経て理解度を高めるカリキュラムとなっています。また、3年次には行政機関や民間企業で数週間の就業体験を行う「インターンシップ」や、研究室に配属となり教員や先輩学生と研究に関連する知識を学ぶ「ゼミナール」があります。4年次は3年次までの間に身に付けた基礎力と応用力を結集して卒業研究に取り組みます。

【授業・講義】
プロジェクトスタディ

3年次設置の「プロジェクトスタディ」は、実社会で行われている高速道路や橋梁の設計、市街地整備などの土木プロジェクトを題材に取り上げ、プロジェクトの計画や管理、構造物の設計法を、学生自身が図面を引き、計算を行い、実践的に学びます。2年次までに学んだ土木の専門科目の知識を結集して問題解決に取り組む応用科目の1つです。

閉じる

海外研修では世界の交通施設を見学

交通システム工学科

持続可能な交通社会を実現するための技術と応用力を学び、地域、都市、世界に羽ばたく

交通に関わる知識・能力を備えた技術者を育成する日本におけるパイオニア学科です。環境に優しく、持続可能な交通システムをマネジメントできる技術を身に付けます。エンジニアリングとマネジメントのいずれかのコースが選択でき、交通工学と道路や軌道などの社会基盤を建設する技術を基本として、総合力のある交通技術者をめざします。そのため授業や教授陣は、交通工学を網羅する「交通計画系」、環境や都市デザイン、空間情報などを学ぶ「交通環境・情報系」、交通・都市基盤などを学ぶ「交通基盤系」が用意されています。また、交通システム工学科は日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受け、卒業生全員が就職に役立つ技術士補(建設部門)の国家資格を取得が可能です。さらに、在校生は「未来博士工房(交通まちづくリ工房)」で、学生自身の自由な発想で地域の交通問題に関する社会貢献活動に取り組み、実践力を養っています。

【授業・講義】
「交通流理論」自動車の流れを理論的に学べる!

ゴールデンウイーク、お盆や年末年始などに渋滞が起きる光景をよく見ると思います。なぜ、渋滞が発生するのでしょうか?この現象にはさまざまな要因が考えられますが、一例として下り坂から上り坂にさしかかるなどの原因により発生する「サグ」という場所で、運転者が気づかないうちに速度が低下し起きる渋滞があります。このように「交通流理論」では、交通渋滞の発生メカニズムをはじめとする自動車の交通流現象や交通事故を科学的・理論的に学んでいきます。

閉じる

建築学科

人に優しい建築と都市空間を創造する技術者・専門家をめざす

本学科では、現代の建築・不動産関連業種における多様なニーズに対応できるよう、建築学の専門領域を網羅するさまざまな分野の研究者や、実務経験豊富な建築デザイナーなど、多彩な教授陣から指導を受けられます。卒業時には一級建築士をめざすことができる実力が身に付くカリキュラムを組んでおり、人と環境に優しい機能性・安全性・造形性を備えた建築物・都市空間を創造できる、幅広い視野を身に付けた技術者・専門家を育成します。1・2年次は建築学を総合的に学び、基礎をしっかり身に付けます。3・4年次には、幅広い建築分野の専門性を深めることを目的として多様な専門科目が設置されています。特に4年次の科目「建築学の実践」では、各専門分野を横断したカリキュラムにより、建築学を統合的・実践的に学ぶことができ、建築の実現に必須な優れた問題解決能力を身に付けます。

閉じる

海に浮かぶ建築についての卒業設計作品を学生同士で評価し合う

海洋建築工学科

陸と海をつなぐ建築デザイナーと建築エンジニアをめざす

本学科では建築系学科として建築計画・デザインや建築構造・材料、設備などの建築工学を修得しながら、陸上の建築をはじめ、ウォーターフロントに代表される海辺の計画やランドスケープ・デザインを学びます。並行して海洋空間の利用や開発に必要な、水波・浮体工学、沿岸域工学や海洋環境工学を学ぶことで、建築技術で海を切り拓く方法を修得します。そのために「構造系」「計画系」および「環境系」の3系列を総合的に学んでいきます。4年次の総合演習科目では一般の建築物や海辺の建築はもちろん、水上・海上に浮かぶフローティング・ハウスやフローティング建築の提案・デザインや構造設計を行います。人と地球環境に優しい持続可能な都市・海辺・海洋空間をデザインできる専門家をめざすことができます。さらに卒業後に海洋開発分野でも十分に活躍できるだけの講義と演習が配置され、大学院進学を意識した授業内容が用意されています。

【授業・講義】
総合演習

1~3年次に修得した専門の技術と知識の総まとめとして、PBL(Project Based Learning)を意識した「総合演習」が4年次に必修で設置されています。学生は「建築デザイン」「ウォーターフロント・デザイン」「建築構造設計」「海洋構造物設計」および「海洋環境アセスメント」に特化したコースに分かれてそれぞれの内容について創造的でかつ実践的内容の演習を行います。

閉じる

建築空間と公共空間を総合的にデザインする「景観デザイン演習」

まちづくり工学科

より魅力的で豊かな都市・地域空間を総合的にデザインする

本学科は、「まち」という多様な生活空間を学問フィールドとして、「美しさ、楽しさ、自然と共生し心豊かに生活できる安全・安心を探求する“まちの総合デザイン”」を学びのテーマに掲げています。これに従い、わが国のまちにおいて、地域固有の魅力を生かし、輝きを持たせ必要な基本理念、基礎知識、そして、まちの持続的発展をさせるための計画手法、あらゆる人にやさしいまちの空間構造、災害に強い構造物の設計手法などを学びます。
学問体系は、まちづくりのための空間設計法である「まちづくり工学の基礎系」「社会基盤系」「都市・建築系」をベース科目として学び、次いで、まちづくり工学科のカリキュラムの特徴である3つの柱「環境・防災系」「景観・観光系」「健康・福祉系」をバランスよく学びます。そして、各学問群は実務社会とのつながりが深いことから、「理工系キャリアの育成系」(外部講師を招いた講義の受講や就業体験)および「まちづくり技術の実務実践系」(社会で活躍している実務者が非常勤講師として授業に参画)において、学んだ技術が社会においてどのように役立つのかを自らの経験を経て理解します。そして、まちづくり工学の学問群の理解の集大成として、「総合実践系」を学びます。

閉じる

機械設計製図II: 歯車式減速機の設計と製図

機械工学科

あらゆる機械の設計・製造・運用を学び、コンピュータ技術も重視したカリキュラムで高い能力を身に付ける

本学科では、講義と演習において、物体の運動、制御、変形、熱、流れ、材料に関する力学系の基礎工学を、学生が納得いくまで教育します。自動車などの輸送機械、工場で活躍している工作機械、人の命に関わる医療機器など、ありとあらゆる機械の設計・製造・運用について学びます。ものづくりに必要な基礎学力や技術はもちろんのこと、大量のデータを取り扱うツールとしてのコンピュータ技術やプログラミングの知識の修得にも力を入れています。「機械力学・制御工学」「材料力学」「熱工学」「流体工学」「機械加工学」の5系列からなるカリキュラムは、年次ごとに導入的な内容から、基礎教育、専門教育と科目の内容がステップアップしていき、卒業するまでには、システム全体を把握する能力や、高い解析能力などが身に付きます。また、学生自らがフォーミュラカーを設計・製作する「未来博士工房(フォーミュラエ房)」の活動支援も行うなど、充実した教育・研究環境が整備されています。

【授業・講義】
機械設計製図 I・II

機械工学科では、1年生から2年生にかけて、機械設計製図を学びます。1年次には、国際規格に対応した図面の読み描きを基礎から丁寧に学びます。2年生になると、機械系の専門科目である「機械力学、材料力学、流体力学、熱力学、機械工作法、機械要素」などを学びながら、一人一人が減速機と呼ばれる機械を設計して図面に仕上げます。減速機とは、入力された動力を、目的の回転数に減速して出力する機械です。入力軸や出力軸の太さ、歯車の幅、歯の形状、ベアリングの耐久性など、実際の機械製品として必要な基本性能を満足するように、強度計算などを行い、減速機を設計します。また、設計した減速機について、組み立てた際の図面(組立図)と、構成部品一つ一つを造るために必要な図面(部品図)を作図します。これらの一連の経験を通じて、機械設計者・開発者として高性能な機械を生み出すための基礎力を身に付けます。

閉じる

授業の題材となるロボットの一例

精密機械工学科

ロボット製作など豊富な実習で、知識と技術を兼ね備えた技術者をめざす

本学科では、機械分野(メカニクス)、情報分野(インフォマティクス)、電気電子分野(エレクトロニクス)の各分野をバランスよく学び、これらの基礎知識と技術を応用して、ロボティクス(ロボット工学)に代表される自動化技術、超小型機械であるマイクロマシンや微細加工技術分野などに対応できる専門知識・技術を兼ね備えたエンジニアを育成します。本学科は、「システムに強いメカトロニクス(機械工学と電気・電子工学を合わせた技術)技術者養成」に重点を置いたカリキュラムを構築。入学後すぐに小型ロボットを製作して競技会を行うなど、工作実習・実験の機会を多く設けているほか、プログラミングやグラフィクスなどの情報技術も学びます。また、精密機械を製作するための設備が整った「マイクロ機能デバイス研究センター」や、次世代ロボットの技術開発や学生プロジェクトを展開する「未来博士工房(ロボット工房)」など、授業で学んだ知識を生かしながら、次世代の新しい機械を実際に製作できる、実践的な教育、研究環境が整備されています。

【授業・講義】
ロボット工学I・II

ロボッ卜工学Iでは、ロボッ卜を製作するために必要な各種モータやセンサ、それらを接続してフィードバック制御を行うための組込み型マイコンの基礎など、主にハードウェアについて学修します。
ロボット工学IIでは、ロボッ卜マ二ピュレータや移動ロボッ卜に所望の動作をさせるために、その機構に基づいた、幾何学的関係である運動学や、それに基づいて目標値や制御量を算出する手法について学修します。
この科目で得た知識は、ロボットだけでなく、コンピュータ制御が必要な「システム系」と呼ばれるクルマや工作機械、携帯電話やテレビなどの各種電子機器などにも、幅広く応用することができます。

閉じる

グライダー曳航実験

航空宇宙工学科

空や宇宙を飛ぶための知識と技術を身に付け、フロンティア精神を育み、将来に役立てる

本学科は、空や宇宙を飛ぶ機械について学べる学科として、航空機や宇宙機の設計・開発・製作・運用ができる人材を育成しています。そのために機械工学の基礎はもちろんのこと、解析力、論理的思考力、柔軟な発想、フロンティア精神などの総合的な能力を備えた人材の育成を重視しています。
本学科では、機械工学の基礎である「工業力学」「材料力学」「流体力学」「熱力学」の4つの力学の理解に重点をおき、空や宇宙を飛ぶための機械を作る知識と技術をしっかりと身に付けられます。また、実物のグライダーやフライトシミュレータの操作、無重力状態の実験ができる「落下塔」など、体験を通して学べる研究施設や設備を用いて実学を身に付けられます。さらに「未来博士工房(航空宇宙工房)」では、小型人工衛星およびジェットエンジンやロケットエンジンの開発・試作、人力飛行機の製作、各種コンテストへの参加など目標・目的達成型の教育を実践することにより、この分野に不可欠なフロンティア精神を育んでいます。

閉じる

少⼈数グループによる電気⼯学実験

電気工学科

電気エンジニアとしての感性と創造力を身に付け、国家資格の取得もめざせる

電気工学は、通信・情報・音響、エレクトロニクス・材料、エネルギー・制御に関する教育研究領域を3本柱として、5G通信・光ファイバ通信、仮想空間(VR)での音環境構築実験、最先端のエネルギー変換材料の開発、人工知能(AI)、太陽光発電・燃料電池によるエネルギー評価実験など幅広い分野を扱う学問です。本学科では主に情報サービス業、電気通信業界、電機・自動車メーカー、印刷関連業界、電力・運輸・交通インフラ・電気設備系などから求められる幅広い知識を有する電気技術者を育成しています。中でも特に自動運転技術や電気自動車の普及を見据え電気技術者が担う役割がより一層広く、あらゆる場面で活躍の場が広がり柔軟に対応できる電気工学の重要性は年々期待が高まっています。また、電気主任技術者(経済産業省認定校)、電気通信主任技術者(総務省認定校)、陸上無線技術士(総務省認定校)などの国家資格や免許は、この分野で働く電気技術者にとって必要不可欠なものであり、本学科ではこれらの資格取得に必要とされる知識を修得できる授業科目を設置しています。

【授業・講義】
電気⼯学実験科目

各学年に設置された電気工学実験は、各学年で学ぶ専門教育科目とリンクする内容となっており、講義科目だけでは理解が難しい電気に関する諸現象も無理なく体得して学修することができます。また、実験と理論との相乗効果により理論の定着を図りながら、電気技術者にとって必要な感性と創造力を身に付けることもできます。1年次は基礎的な電気工学の体験や、基礎固めと電気回路理論との合致を目的とした内容を学びます。2年次以降はより高度な電気回路・電磁気学の理論や電子回路設計、エネルギー・制御工学、光学、音響工学などのほか、コンピュータプログラミングによる解析と計測等を通して、応用的なテーマを実施しています。

閉じる

先端ナノテクノロジーを駆使して作製した新素材の模式図

電子工学科

超スマート社会の実現をめざし、電子工学の先端技術を学ぶ

先端電子工学は、我々の生活を便利で豊かにする超スマート社会を実現するための技術です。IoT(Internet of Things)、センサー、AI技術、次世代通信技術が豊かな未来を創造します。電子工学科では、スマートフォンやパソコンに代表される電気で動作する全ての電子機器・家電・機械を未来の形に進化させます。そのために、「電気電子回路・センサー系」「情報処理/計算科学系」「新素材/応用物理系」「通信ネットワーク系」を柱に「ハードウェア」「ソフトウェア」の両面から基礎と応用を学びます。1・2年次では、物理・数学を中心に電子工学・情報工学の基礎を徹底的に学修します。「未来博士工房(PC工房)」による教育プログラムでは、少人数教育、自由企画実験、課題解決型プロジェクト実験などを通して、社会に通用する自律性・実行力・リーダーシップ能力・計画力・創造力・柔軟性・協調性・プレゼンテーション能力・論理的思考力を大きく高めます。約3割の学生が卒業後、大学院に進学し世界に舞台を移します。そのため1年次からTOEICの全員受験を実施し、国際コミュニケーション能力の増強も図っています。

【授業・講義】
基礎電子物性・電子物性工学

あらゆる新規な電子技術や電子機器は新素材の発見・発明、デバイス作製技術の高度化が根源になっています。それらを実現するためには、物質の成り立ち、構造、特性を深く理解することが必要です。本授業では、高校で学習する物理・化学の基礎的知識を復習するとともに、結晶構造およびその周期性、結晶結合、原子・電子・波動の振る舞い、電気特性、熱伝導特性、半導体の基礎を勉強し、最新の物性物理や半導体物性工学、デバイス作製技術修得への橋渡し的な役割を果たします。なぜ電気を流す物質(金属)と流さない物質(絶縁体)があるのでしょうか?なぜ塩は水に溶けるのに火であぶっても溶けないのでしょうか?半分導体の半導体がなぜこれほどまでに現代の電子技術を支えているのでしょうか?みなさんも一緒に考えてみましょう。

閉じる

情報工学実験III

応用情報工学科

情報処理、ネットワークシステム、組込みシステム分野のエキスパートとなる

本学科は、情報工学に特化した学科です。情報システムに必要なコンテンツを生み出す「情報処理」、マルチメディアをはじめとする情報を安全・確実に伝える「ネットワークシステム」、快適な生活を支えるIoT機器や各種デバイスを制御するソフトウエアを開発する「組込みシステム」の3つの分野の教育研究に取り組み、社会で活躍する技術者・研究者の育成を目的としています。授業では、C言語、Java、オブジェクト指向プログラミングなどを含むソフトウエア工学、さらに計算機工学、情報セキュリティの基礎から通信・ネットワークシステムやコンピュータグラフィクスのような応用分野までを学びます。そのほかにも、情報工学実験やプロジェクト実習など、より実践的な情報工学に関する教育も行います。このようなカリキュラムにより、幅広い情報工学の知識のほかに実践力を身に付け、問題解決能力を兼ね備えた、人間性豊かな人材を育成します。情報技術に関する国家試験や資格試験の支援、公務員や教員就職の推奨も行っています。

【授業・講義】
プロジェクト実習

データベースを使った情報処理システムやネットワークシステム、組込みシステムなどの構築をテーマとして、グループで実施するプロジェクト型の演習です。演習テーマの企画、立案からテーマ目標の達成度評価まで、企業での研究開発に近い作業を経験することができます。実際にモノを一からつくることの全てを経験することによって、プロジェクトを進めるために必要な役割分担とそれに伴なう責任と協調性、それぞれの柔軟なアイデアとそれを組み合わせる総合力、企画したテーマを完成させるためにもっとも重要な問題解決能力などを身に付けることができます。

閉じる

専門化学実験(少人数グループによる化学実験)

物質応用化学科

即戦力として活躍できる化学技術者

化学は、「地球環境問題の解決」、「持続可能な未来の構築」といったグローバルな課題から、「化粧品や医薬品の開発」、「新材料の創製」まで、あらゆる分野の課題を解決するための基礎となる学問です。そして、本学科では、物質の性質や化学反応などの「基礎」から学ぶだけではなく、新材料の「応用」までの実践的知識や技術を修得できるところがカリキュラムの特徴となっています。1年次には有機化学、無機化学、物理化学、および生命科学の幅広い分野の基礎を固め、2年次以降はより専門性の高い科目を多く設置しています。また、充実した多くの実験・実習を通じて、座学で学んだ化学反応や生命現象を目の前で体験することによって、実学に基づいた知識を得ることができます。3年次後期には、配属された研究室にて「研究基礎実験」を行います。そして4年次には、さらに「卒業研究」を進め、得られた結果をまとめて発表するためのスキルを修得します。

【授業・講義】
専門化学実験I~VI

少人数のグループで、無機化学、分析化学、化学工学、有機化学、高分子化学、および生命科学の各分野について、化学系の大学生に求められる実験手法を基礎から応用まで、講義科目と関連づけて体系的に学びます。さまざまな化学物質を合成するだけでなく、物性の測定や構造解析、タンパク質や核酸などの生体高分子も扱います。このように一つの分野だけでなく、近年研究・発展の著しい複合領域を視野に入れた、より実践的な科目となっています。この授業で学んだ実験手法や考え方が企業で開発研究を行ううえでの礎となっています。

閉じる

学生によるプロジェクト研究の様子

物理学科

研究者や技術者として活躍するために必要な、論理的思考と応用力を身に付ける

物理学はあらゆる自然科学の基礎であり、現代の科学技術の基盤をなす学問です。本学科はその基礎学力を身に付けることを第一の学修目標としています。物理学に必要な数学の能力や実験・情報処理の手法を修得しながら、物理的な思考法を養います。基礎学力を確かなものにした後、それらを有機的に関連づけて応用する力を身に付けます。1グループ2名で物理学の諸現象を実験を通して学ぶ「物理学実験I・II」や、少人数のチームで原理の学修から装置の設計・製作、測定、考察までを自主的に進める「未来博士工房」の「物理学プロジェクト実験」など、アクティブな演習の多さも特徴です。研究者や専門的職業など多様な進学志望に合わせ、「学究」「工ンジニア」「情報技術者」「公務員」「教職」「学芸員」、文系職をめざす「物理教養」の7つの履修モデルを参考に履修内容を選択します。4年次には研究室に配属され、核融合や実験室天文学などの大規模実験、素粒子論や宇宙物理など、多岐にわたる専門分野からテーマを選び卒業研究に取り組みます。

【授業・講義】
物理学プロジェクト実験

物理学で学んだ理論・実験・情報処理の知識やスキルを定着させ、さらにそれらを結びつけ、応用する能力を身に付けるため、3年次後期に設置された実験科目です。
学生は、4人程度のチームに分かれ、半年間かけて、各々の研究テーマに取り組みます。研究テーマは、高温超伝導や大気圧プラズマによるガン治療など理学・工学の幅広い分野にわたり、得られた研究成果には学会での発表や特許出願された例もあります。

閉じる

数学科

純粋数学と情報数学を学べる独自のカリキュラムを展開

本学科は、「代数学」「幾何学」「解析学」などの純粋数学と、「数理情報論理学」「アルゴリズム数理」「コンピュータグラフィックス論」などの情報数学の両方を学べる、全国でも珍しい力リキュラムを組んでいることが特徴です。学生一人ひとりにノートパソコンを4年間貸与し、学科内の通信網との常時接続を可能にしています。そうした環境下で、整数論、位相幾何学、偏微分方程式論といった伝統的な数学理論の先端研究だけでなく、諸現象のシミュレーション、アルゴリズム理論、人工知能、情報可視化、グラフ理論といったコンピュータ上で展開される数学の研究も行っています。
また、教員による学生のサポート体制が手厚いことも本学科の特色です。4年次には少人数制の研究室に所属し、ほぼマンツーマンに近い指導を受けることができます。進路や生活指導を含んだ熱心なケアも行われます。教員志望の学生が多いため、そのバックアップにも力を入れています。

【授業・講義】
豊富な演習・実習で現代数学とコンピュータの基礎をじっくり学ぶ

数学科では2時限続きの講義が多数あり、理論の学修だけでなく演習・実習に取り組むことで内容の深い理解に繋げています。1・2年次では大学数学の基礎である微分積分学・線形代数学を「微分積分学A・B・C・D」「代数学幾何学A・B・C・D」でじっくりと学びます。計算に習熟するだけでなく、数学のさまざまな概念を論理的に厳密に理解することを行います。これらの科目は、現代数学の土台であるとともに、人工知能やデータサイエンスといった情報数学を学ぶ上でも欠かせない内容です。
さらに、「コンピュータ概論」「ソフトウェア概論」では、パソコンの初歩的利用法から始め、プログラミングができるようになるまで、じっくりとパソコンの使い方を修得します。3年次では、自身の興味に応じて、抽象代数学・微分幾何学・ルベーグ積分論・複素関数論・数値解析学などの先端数学の基礎理論を学び、4年次の卒業研究に備えます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都千代田区神田駿河台1-8-14
理工学部入試事務室(アドミッションズオフィス)
(03)3259-0578
 【URL】https://www.cst.nihon-u.ac.jp/

他の学部・学科も調べる

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

パンフ・願書を取り寄せよう!

入試情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

大学についてもっと知りたい!

  • 学費や就職などの項目別に、
    大学を比較してみよう!

  • 「志望校」に登録して、
    最新の情報をゲットしよう!

    志望校に追加

リストに追加しました

ページの先頭へ