大学入試センター試験の最新情報をお届け!

にほん

日本大学

私立大学 東京都
※このほか、福島、埼玉、千葉、神奈川、静岡にキャンパスがあります。

医学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

医学科(120名)

所在地

1~6年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●学外のさまざまな施設と連携し、医師としての職業観や倫理観を磨く
●診療参加型の臨床実習により、実践的な能力を身に付ける
●医療の世界で活用できる実践的な英語力を養う

豊かな知識・教養に基づき社会に貢献する高い人間力を有する医師、高い倫理観のもとに、論理的・批判的思考力を有し、世界へ発信できる学際的視野を持った研究者、豊かな個性を引き出し、次世代リーダーを育成する熱意ある教育者を育成するために、独自のカリキュラムと学習環境を整えています。

【キャンパス】東京・板橋
【学生数】753名(2017年5月1日現在)
【大学院】医学研究科(D)

医学科

講義・学問分野

解剖学、人体機能学、生化学、病理学、内科学、外科学

閉じる

学部の特色

学外のさまざまな施設と連携し、医師としての職業観や倫理観を磨く

1年次に「自主創造の基礎2」で、学外の医療・保険・福祉施設の協力を得て、医療の現状を体感しながら、医師としての基本姿勢について学ぶ機会を設けるなど、医師の使命や生命の尊厳などについて考えを深められる科目を設置しています。

閉じる

診療参加型の臨床実習により、実践的な能力を身に付ける

医師としての第1歩を刻む「臨床実習」は4年次後半から開始され、最先端かつ高度な医療を提供している付属病院と関係病院での医療スタッフの一員として診療に参加し、実践的な能力が身に付けられるよう、診療参加型(クリニカル・クラークシップ)の形式で行っています。6年次の「選択臨床実習」では、学外施設での地域医療についても体験することができます。

閉じる

医療の世界で活用できる実践的な英語力を養う

1年次から6年次まで一貫した医学英語教育カリキュラムを独自に用意し、医学英語の専門家の講師陣が講義を行い「英語で医学を学ぶ」環境が整っています。専門用語を暗記するのではなく、実際に医療現場で役立つコミュニケ―ションスキルとして医学英語を学びます。卒業時には、すべての学生が英文の医学文献を読めること、英語での医療面接(診療)が可能になることを目標としています。

閉じる

学べること

医学科

独自のカリキュラムで「良き臨床医」をめざす

本学科では、医師として備えるべきスキルを着実に身に付けられるように、特色ある授業やカリキュラムを数多く設定しています。
●医学英語教育
医学英語の学習を医学教育の内容と統合することによって、学生の理解度を高めています。また、英語での医療面接やプレゼンテーションの方法も学ぶことができます。
●PBL テュートリアル
6~8人のグループに分かれ、提示された課題(症例)についてディスカッションを重ねながら、問題発見能力、問題解決能力やコミュニケーション能力、自学自習の習慣など、医師として学習し続ける姿勢を身に付けます。
●自主創造の基礎2
1年次に、医療・福祉・保健施設などの医療現場で医師としての職業意識を身に付け、マナーについてもインストラクターの指導を受けます。
●自由選択学習
学生自身が興味・関心を持つテーマを選び国内外を問わず、5週間にわたって学ぶことができます。研究テーマや実習先の選択、必要手続きまでを学生が行い、自ら考え行動することも学習目的の一つです。100以上のコースがあり、多岐にわたる選択が可能です。

【授業・講義】
機能形態学系細胞再生・移植医学分野(松本太郎教授)

脱分化脂肪細胞(DFAT)を用いた再生医療の開発
DFATは、最小限の負担で誰からも大量に作成できる再生医療用細胞です。1gの脂肪細胞を培養で大量に作成することができ、骨、軟骨、血管、心筋など中胚葉に由来する組織に変化することができます。この研究は、本学の複数学部が共同で行っており、総合大学のスケールメリットを生かした研究といえます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】東京都板橋区大谷口上町30-1
医学部入試係
(03)3972-8188
 【URL】http://www.med.nihon-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ