×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

にほん

日本大学

私立大学 東京都
※このほか、福島、千葉、神奈川、静岡にキャンパスがあります。

生物資源科学部の詳細情報

学科・定員・所在地

学科・定員

生命農学科(学部計:1520名)
生命化学科
獣医学科
動物資源科学科
食品ビジネス学科
森林資源科学科
海洋生物資源科学科
生物環境工学科
食品生命学科
国際地域開発学科
応用生物科学科
くらしの生物学科

所在地

生命農学科 動物資源科学科 森林資源科学科 海洋生物資源科学科 生物環境工学科 応用生物科学科 生命化学科 食品ビジネス学科 国際地域開発学科 食品生命学科 くらしの生物学科
  1~4年:神奈川
獣医学科
  1~6年:神奈川

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●生命・食・環境を中心にあらゆる生物資源について学ぶ
●フィールドサイエンス教育をはじめ海外との研究交流に積極的に参加し、学びを深めていく
●東京ドーム12個分の広大なキャンパスと充実した学外施設で、深い知識と技能を身につける

生物・生命に関わるあらゆる領域を対象に、幅広く教育・研究を展開。体験型学修を重視し、キャンパス内に演習林等各種施設を設置するほか、下田臨海実験所、演習林水上実習所などの学外施設も充実しています。

【キャンパス】神奈川・藤沢
【学生数】6,625名(2020年5月1日現在)
【専任教員数】273名(2020年5月1日現在)
【大学院】生物資源科学研究科(M/D)、獣医学研究科(D)

生命農学科

講義・学問分野

食品生産、スマート農業、フルーツバイオ、品種改良、植物病理学、害虫制御、生産技術、造園緑地学、フィールドワーク

閉じる

生命化学科

講義・学問分野

生命科学、微生物学、土壌科学、生物化学、植物栄養学、発酵化学、栄養化学、食品化学、分子生物学

閉じる

獣医学科

講義・学問分野

自主創造、高度獣医療、再生医療、海外臨床研修、One Health、野生動物医学、人獣共通感染症、公衆衛生、環境保全

閉じる

動物資源科学科

講義・学問分野

進化と生態、生殖と発生、栄養と飼料、行動と心理、飼育管理、乳・肉・卵、生理と形態、遺伝と育種、フードシステム

閉じる

食品ビジネス学科

講義・学問分野

食料資源、フードシステム、食生活論、食品産業、文理融合、食品栄養学、食文化、食料経済、食品デザイン

閉じる

森林資源科学科

講義・学問分野

環境問題、山地保全、樹木医、森林昆虫学、森林計画、二級建築士、森林資源、森林水文気象学、9つの研究室

閉じる

海洋生物資源科学科

講義・学問分野

海生ほ乳類、魚病、増養殖、生物化学、水産食品、海洋環境、深海生物、魚類、行動計測

閉じる

生物環境工学科

講義・学問分野

環境保全、野生生物との共生、農作物状態の見える化、環境再生、農を支える水と土、農と食の匠の科学、エコロジカル・デザイン、土木・建築技術、食料工学

閉じる

食品生命学科

講義・学問分野

フードケミストリー、フードファンクション、食とアレルギー、フードテクノロジー、食品づくり、食品行政、フードセーフティ、おいしさの科学、スポーツ食品

閉じる

国際地域開発学科

講義・学問分野

国際平和、アグリビジネス、経営学、国際農業、貧困消滅、食料不足、環境保全、文化と語学、エコツーリズム

閉じる

応用生物科学科

講義・学問分野

バイオテクノロジー、ゲノム、環境修復、微生物、生物化学、生命情報、動植物細胞、免疫、再生医学

閉じる

くらしの生物学科

講義・学問分野

生き物飼育、野菜果樹、環境緑化、ランドスケープ、家庭園芸、バイオテクノロジー、食と健康、伝統食品、発酵

閉じる

学部の特色

生命・食・環境を中心にあらゆる生物資源について学ぶ

人口増加や食料・環境問題などが深刻化する中、生態系の維持と修復、共存を追究する「生物資源科学」が必要とされています。生物資源科学部は、生命・食・環境を中心にあらゆる生物資源について学び、21世紀の諸問題に取り組む人材を養成する学部です。植物、動物、微生物の生産・利用や、動植物の健康管理、新しい機能を持った食品の開発など、あらゆる生物資源が研究対象です。12学科の研究室は総数100を超え、国内トップクラスの質の高い研究を行う一大複合拠点となっています。

閉じる

フィールドサイエンス教育をはじめ海外との研究交流に積極的に参加し、学びを深めていく

生物資源科学部の学びの基本は、生物と地球を肌で感じること。学部独自に実施する「総合的フィールドサイエンス教育」では、教室だけでなく、フィールドでの実験や実習を通じて、さまざまな生命の営みを五感で体感できます。また、国際教育・研修交流も積極的に推進し、グローバルな教育・研究を展開しています。学部生に対しては各学科ごとに、アメリカ合衆国、台湾、タイ、オーストラリア、イギリス、フィリピンなどの大学や研究機関と協力して多様な実習・研修を行っています。

閉じる

東京ドーム12個分の広大なキャンパスと充実した学外施設で、深い知識と技能を身につける

キャンパスは東京ドーム12個分もの広さを誇ります。学生ホールや学生のアクティブな学修をサポートする1号館をはじめ、温室や牧草地、演習林、付属動物病院や食品加工実習所、生命科学研究所、生物環境科学センター、先端食機能研究センターなども設置。学外にも下田臨海実験所(静岡県)や演習林水上実習所(群馬県)、富士自然教育センター(静岡県)などの充実した施設を所有し、さまざまなフィールドサイエンス教育を実施しています。

閉じる

学べること

生命農学科

植物を中心とした実践的な学びで、未来の農学を担う専門家を養成

食糧危機から人類を救い、自然環境の保全を通して生物たちの役に立つ。そんな可能性を秘めた学問―それが「農学」です。生命農学科では、「農学」を基盤に「生命科学」を取り入れ、植物を中心とした生命科学・生産科学・生態学の3分野を基礎から応用まで体系的に学びます。1・2年次は、遺伝子から細胞までの生命科学から植物とそれを取り巻く環境と生態系などを幅広く学び、実験やフィールド実習による実践的な技術を修得します。3年次からは8つの研究室に分かれ、実験室での研究とフィールドでの研究を結び付け、ミクロからマクロまでの生命現象を深く理解します。また、台湾やタイなどでの海外研修や、富士自然教育センターでの演習など、学外実習も充実しています。

閉じる

生命化学科

生命・食・環境の諸問題を、最先端生命科学で解析し実社会へ還元

本学科では、人の生活に深い関わりのあるライフサイエンスを「生命」「食」「環境」の視点から学び、持続可能な社会の実現に向けて必要とされる幅広い視野と先見性を養います。教室で先生の話を聴く講義だけでなく、関連企業を訪問する演習科目や、分析化学、生物化学、微生物学、分子生物学、栄養生理化学などの技術を総合的に習得できる専門実験科目が充実しています。また、3年次後半から研究室での卒業研究をスタートし、専門的な知識と実践的なスキルの両方を身につけることができます。在学中には「甲種危険物取扱責任者」や「自然再生士補」の資格、卒業後には「食品衛生管理者」や「食品衛生監視員」などの資格の取得も可能です。多くの卒業生が医薬品、化粧品、香料、食品、環境などさまざまな分野の企業で活躍しています。大学院に進学し、より専門性を高める学生も多くいます。

閉じる

獣医学科

獣医学や医学に貢献する研究を通じて幅広い領域に対応できる獣医師を育成

本学科には、充実した実習設備、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)や、マルチスライスCTなど、最新の医療機器を備えた付属動物病院、研究機器が完備された動物医科学研究センターなど、獣医師養成に必要な教育・研究環境が整備されています。そうした環境の中で、1・2年次は健康な動物の体の構造や機能について、また動物に病気を引き起こすウイルス・細菌・寄生虫など獣医学の基礎となる学問を修得します。3・4年次から内科・外科など、疾病の診断・治療・予防に関する講義が始まり、より専門的な臨床獣医学や応用獣医学を修得します。5・6年次では動物病院での臨床実習や臨床研究、卒業研究に取り組むことによって、より実践的な獣医学の修得をめざします。

閉じる

動物資源科学科

動物を研究対象として、ヒトと動物の関係を幅広く考える

本学科では、家畜や家禽をはじめ、野生動物、伴侶動物、実験動物まで、多くの動物種を研究の対象とする動物総合科学の学科として、3つの学問領域を学びます。動物を生理、生殖、遺伝および栄養代謝などの側面から解明する「動物の生命科学に関する分野」、家畜の飼育から乳・肉・卵の生産・加工まで畜産業に関わる内容を中心に、実験動物の役割や伴侶動物と人との関係も考える「人の健康と福祉に貢献する産業動物や伴侶動物に関する分野」、自然環境とそこに生息する野生動物を守り、希少種の人工繁殖なども学ぶ「野生動物の保全など環境科学に関する分野」です。本学科では、動物の生命現象をより総合的な視点から捉え、安全でおいしい畜産食品(乳・肉・卵)の生産・加工・供給、また人々に安らぎをもたらす動物や、環境問題と動物の関連性までを幅広く学び、人と動物の関係を多角的に考えることのできる人材を育成します。3年次から専門分野に分かれ、9ある所属研究室ごとのゼミナールや実験などに取り組みます。

閉じる

食品ビジネス学科

食の世界を社会科学などのアプローチで探求「食をプロデュースする人材」を養成

本学科は、経済学や社会学など社会科学を基本としつつ、食品科学を融合し、「食料資源・環境」「食品産業」「食文化・食品科学」の3つの柱で構成されるカリキュラムにより、「食」の安全・安心の追究や食育の普及、地球規模での食料・農業問題の解決、日本の食文化の海外発信など、「食」の幅広い世界を深く学びます。1年次からキャンパス内での牧場実習をはじめ、学外の実習やインターンシップも多く、実践力を育成。3年次から研究室に所属し、専門分野を深く学びます。また、フードスペシャリスト、フードコーディネーター、食の6次産業化プロデューサー、社会調査士の各資格取得が可能となる科目を配置しています。これにより、「食」に関するさまざまな発想とスキルを備え、新たな食品ビジネスを提案できる担い手を育成します。

閉じる

森林資源科学科

豊富な野外活動を交えた実践的教育で持続可能な森林環境の実現に貢献

人類の生存に不可欠な自然環境と多様な生物資源をもたらす森林について、グローバルな視点で理解し、持続可能な森林環境や社会の実現に貢献できる専門家の育成をめざしています。森林資源科学の対象領域全体を「森林圏生物多様性科学」「森林圏環境システム学」「持続可能な森林経営・利用」「森林資源利用の工学・バイオテクノロジー」の4分野で網羅するとともに、フィールド学修を重視しています。全国4か所(北海道、群馬、千葉、神奈川)にある演習林での実習など、野外での調査・観察や実験により、それぞれの経験を豊かにします。1年次に北海道の八雲演習林、春季休暇中には群馬県水上演習林で実習・実験を行います。3年次からは9つの研究室に分かれ、森林の生態系、野生動物や昆虫、持続可能な林業経営、樹木医、木造建築、自然災害や地球温暖化防止、木材資源利用など、より専門的な研究を進めます。

閉じる

海洋生物資源科学科

水生生物や水圏環境を幅広く研究し、海洋環境と人間生活との調和を実現

海洋生物資源の永続的な維持と効率的な生産・利用に関連する「資源生産・利用科学」「環境科学」「生命科学」の3つの科学を複合したカリキュラムにより、海洋や汽水、淡水域に生息する生物と水域環境を教育・研究の対象とし、食料資源確保や海洋生物からの有用物質の開発・生産をめざします。本学科では、海洋に関連する幅広い知識を修得し、実際にさまざまな海洋生物に触れ、海の現状を自らの目で確認します。1年次に行われる伊豆下田の臨海実験所での実習を経て、2年次後期終了時に日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準に基づいて海洋生物資源科学分野の専門技術者を育成する「海洋生物資源応用コース」または、海洋生物資源科学に加えて流通や経営など各自が志向する他分野も学ぶ「海洋生物資源広域コース」を選択。3年次に研究室に所属し専門分野を学びます。選択科目には企業や研究施設、水族館などでのインターンシップ/学外研修もあります。こうしたカリキュラムにより、豊かで調和のとれた海洋環境と人間生活との共存に貢献できる人材を育成します。

閉じる

生物環境工学科

生物・環境・工学の幅広い知識を修得し、人と自然の持続的な共生環境を実現

本学科では、人間をはじめあらゆる生物が生きる生物圏と、これに関わる水圏・土壌圏・大気圏の環境保全と生物資源生産活動との調和や、環境に負荷をかけない生物資源の多目的利用について、「生物」「環境」「工学」の領域を軸に学び、地球環境と共生した、環境配慮型の農業生産環境の創造、安全で快適な住・都市・農村環境の創出など、さまざまな方面に貢献できる豊富な素養を持った人材の育成をめざしています。そのために、授業はもちろん、実験・実習など、幅広いカリキュラムを設定しています。1年次は専門を学ぶための基礎を固め、2・3年次には講義と実験・実習の両面で専門分野を学修します。また3年次からは研究室に所属して専門性を身につけ、4年次には専門分野の卒業研究に取り組みます。本学科は、指定科目を履修することによって、国際的に活躍できる技術士のための修習技術者、測量士補、一級建築士、二級・木造建築士受験資格など、多くの資格が得られます。

閉じる

食品生命学科

食の専門家としての科学的な”目“を養い、安全で豊かな食の未来を創る

本学科では、食に関わる多様な知識と技術をもち、諸課題に対する解決能力を有する人材を育成することをめざしています。そのため、食品科学の基礎を学び、そのうえに実践的な専門科目に取り組むことによって、基礎から応用まで多角的に修得できるカリキュラムを編成しています。「食を知る」「食をつくる」「食をまもる」を基本コンセプトとして、共通分野にて座学と実験実習を中心とした食品製造のための原理や技術を身につけます。さらに4 つの専門分野、すなわち食品の成分やおいしさなどを化学の観点から学ぶ「食品化学分野」、食品製造に関する実践的知識や技術を学ぶ「食品工学分野」、食の安全について幅広い知識を学ぶ「食品安全分野」および食品の機能や健康を生命科学の観点から学ぶ「食品機能分野」を自ら選択して学びます。4年次からは研究室に所属し、これらの知識・技術を応用した卒業研究に取り組みます。

閉じる

国際地域開発学科

文系・理系を含む幅広い学びを通して即戦力になる国際人を養成する

本学科は、「開発/発展」に関する幅広い知識と実践的な手法を身につけ、国際的に躍動できる人材の育成をめざします。そのため、国内外における開発課題に対応できるように、『農業・農村開発』と『グローバルビジネス』の2つのコースを設置しています。2つのコースは、「農業」「アグリビジネス」「環境」「貧困削減」「共生」および「英語インテンシブプログラム」の6つの分野によって構成されています。1年次では、国内外の開発/発展に関する基礎知識を身に付け、2年次では上記のコースから1コースを選択し、専門性を深めます。3年次から研究室に所属し、各自の研究テーマに取り組みます。4年次では、大学での集大成となる卒業研究を完成させます。また、実践能力の向上をめざして、海外研修やフィールドワーク、海外ボランティアを積極的に実施している点も本学科の特徴です。

閉じる

応用生物科学科

最先端のバイオサイエンスを研究し、社会組織を担える人材を養成する

本学科では、微生物、植物および動物の多様な“はたらき”を解明し、人類社会に役立てることを目的としたバイオサイエンスにかかわる最先端の研究を通して、社会組織を担う人材を育成しています。バイオサイエンスの発展により得られた知見は、生物そのものや生命現象を利用したり、それらを自在に操作するための革命的な技術であるバイオテクノロジーを生みだしています。バイオサイエンスやバイオテクノロジーを深く理解するには、講義で知識を得るだけでなく実践をすることが重要です。本学科では、1年次から3年次まで週2回の学生実験が課されており、生命現象を分子から組織のレベルで深く理解するための考え方や方法について学びます。3年次から研究室に所属して卒業研究に取り組みます。「生命科学研究所」や「総合研究所」を利用しながら教員、研究員および大学院生と共に、世界中の誰も知らない生命の秘密を明らかにしていきます。

閉じる

くらしの生物学科

くらしの中の情報を科学の目で正しく理解・判断できる人材の養成

くらしの生物学科では全学生が、「都市と園芸」「住まいと環境」「動物のいるくらし」「くらしのバイオ」「食と健康」の5つの領域を中心に、くらしを取り巻く幅広い情報、知識を学び、身の回りの諸問題について自分自身で考え、判断するための力を養います。食べ物と人の健康との関係、日常生活を支えるバイオテクノロジー、くらしの中の園芸や植物の利用、人と身近な動物との関わり、市民参加型まちづくりなど、ミクロの世界から地球環境までの幅広い分野の知識を学びます。また、地域社会やキャンパス内のフィールドを活用した実践的な実験・実習、ボランティア活動やインターンシップなどのサービスラーニング、グループワークなどのアクティブラーニングを通じて学生参加型で実践的な密度の高い教育環境を整えていることも特徴です。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県藤沢市亀井野1866
生物資源科学部入学センター
(0466)84-3812
 【URL】http://www.brs.nihon-u.ac.jp/

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ