とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

情報通信学部の詳細情報

高輪キャンパス

学科・定員・所在地

学科・定員

情報メディア学科(80名)
組込みソフトウェア工学科(80名)
経営システム工学科(80名)
通信ネットワーク工学科(80名)

所在地

1~4年:東京

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●社会で需要が高い分野に絞った学びで情報通信開発技術の即戦力を身に付ける
●産業連携型教育により“実際の現場”を見て学ぶ
●IT企業をはじめ他分野で活躍できる情報系技術者をめざす

通信ネットワーク技術の専門スキルだけでなく、問題分析・開発能力、英語コミュニケーション力の習得にも力を入れ、幅広い視野と高い志を持ち、国際社会で活躍できる情報通信技術者の養成をめざしています。

【キャンパス】高輪キャンパス(1~4年)
【学生数】1412名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】35名(2017年5月1日現在)
【大学院】情報通信学研究科(M)/情報通信学専攻

情報メディア学科

講義・学問分野

データ解析、プログラミング入門、システム開発論、画像処理、コンピュータグラフィックス、インターフェースデザイン、バーチャルリアリティなど

閉じる

組込みソフトウェア工学科

講義・学問分野

データ構造とアルゴリズム、ゲームプログラミング、ハードウェア設計、コンピュータアーキテクチャ、デジタル信号処理、組込み開発プロジェクトなど

閉じる

経営システム工学科

講義・学問分野

コンピュータリテラシ、プログラミング、ソフトウェア開発工学、ロジスティクス、経営学、マネジメント戦略、ヒューマンインターフェースなど

閉じる

通信ネットワーク工学科

講義・学問分野

電気回路、ネットワークセキュリティ、オペレーティングシステム、暗号理論、企業情報システム、モバイルネットワークなど

閉じる

学部の特色

社会で需要が高い分野に絞った学びで情報通信開発技術の即戦力を身に付ける

社会での需要が高い分野の学びを展開する「情報メディア学科」「組込みソフトウェア工学科」「経営システム工学科」「通信ネットワーク工学科」の4学科で構成。それぞれの技術に特化した教育・研究を実践し、産業界で即戦力として活躍できる人材を育てます。

閉じる

産業連携型教育により“実際の現場”を見て学ぶ

本学部では、「いま何が実際の開発現場で求められているのか」をベースとした産業提携型教育を行っています。キャンパスはIT企業が集中する品川エリアにあり、インターンシップや企業の研究開発者を講師として招く機会も頻繁に設けられています。

閉じる

IT企業をはじめ他分野で活躍できる情報系技術者をめざす

海外依存の課題であるソフトウェア開発業界において、即戦力として活躍できる力を身に付けた本学の卒業生への期待はますます高まっています。また、並行して英語力、プレゼンテーション力を高めるカリキュラムも充実させ、国際化するビジネスシーンに対応できる能力開発にも力を入れています。

閉じる

学べること

情報メディア学科

情報メディアの開発・設計技術を磨き、快適な情報環境をつくりだす

情報を伝達する手法・媒体である「情報メディア」の機能は、情報の処理、変換、蓄積、伝達などさまざま。こうした情報メディア技術を応用・開発することによって、快適な情報環境をつくり出すことも可能です。本学科では、情報を利用目的によって適切に加工・処理・設計できる能力を持った人材を育成。1年次より実践的科目を導入するカリキュラムで、コンピュータアーキテクチャ、プログラミング応用、データ構造とアルゴリズム基礎、ヒューマン情報処理などのIT基盤技術を磨き、同時に英語教育にも力を入れ、国際的に活躍できる技術者をめざします。

閉じる

組込みソフトウェア工学科

日本の産業をリードする組込みソフトウェア技術者を育成

家電や自動車などのマイコンを制御する「組込みソフトウェア」の開発は、ハードとソフトウェア両面の知識とともに、高いコミュニケーション能力が求められます。そのため総合的な実践力を得るため「enPiT」(文科省PBLプロジェクト:名古屋大学・九州大学との共同事業)を通してPBLによるグループ開発を実施しています。

閉じる

経営システム工学科

情報技術、経営面に精通した情報マネジメントエンジニアをめざす

情報通信の進展に伴い、企業活動や経営のあり方も大きく変化し、「情報管理による企業経営力の強化」が重要視されています。こうした状況のなかで必要とされるのは、情報技術に精通しているだけでなく、経営科学や経営管理技術を基にプロジェクトやプロセス管理ができる、情報マネジメント能力を持つ人材。本学科はこうしたニーズに応えるため、経営システムに生じる問題を情報技術とマネジメント技術を用いて、的確に処理する能力を養います。また情報処理、経営に関する資格取得をめざすカリキュラムも充実しており、進路の選択肢はさらに広がっています。

閉じる

通信ネットワーク工学科

IP技術やセキュリティ技術を修得し、ネットワーク技術者としての基礎を築く

本学科ではIP(インターネットプロトコル)と呼ばれるインターネット技術を中心に、最先端のIPネットワーク技術を修得、新しい情報通信技術に対応できる人材を育成します。ネットワーク技術者としての基礎を固めるとともに、ネットワークにつながったシステムの情報が第三者に漏れない、勝手に変えられないなどの情報セキュリティ技術やネットワークセキュリティ技術も追究。実習や最先端の技術を扱う科目を重視したカリキュラムで、高度な知識・技術を実践的に身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

情報通信学部では次のように教育目標を定めています。
本学部では、知育に偏らず心身ともに健康で高度情報化社会の発展と創造に寄与できる人材を育成します。すなわち、本学部では、情報通信に関する基礎知識と基礎技術を身に付け、さらに、それらを社会で十分に応用できる柔軟な思考能力を備え、幅広い知識、国際性豊かな視野、英語コミュニケーション能力を有すると共に、情報通信技術者としての高度な使命感、倫理観を身に付けた人材の養成を図ります。
この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】神奈川県平塚市北金目4-1-1
大学広報部 入試広報課
(0463)58-6422
 【URL】http://www.u-tokai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ