学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

大学トップ

ここに注目!
  • 社会で即戦力として活躍するための力が身に付く
  • 「2018年 世界大学ランキング」にランクイン!
  • 全国に広がる多様な学部・学科構成

大学の特色

イメージキャラクター「リッキー」

社会で即戦力として活躍するための「4つの力」の修得をめざす

本学では、在学時に社会が求める、次の「4つの力」を身に付ける取り組みをしています。
【自ら考える力】常に未来を見据え、自らが取り組むべき課題を探求する力。
【集い力】多様な人たちの力を集結する力。
【挑み力】困難かつ大きな課題に勇気を持って挑戦する力。
【成し遂げ力】失敗や挫折を乗り越えて目標を実現する力。

閉じる

海底から宇宙までの幅広い学びを提供する

海底から宇宙までを網羅したスケールの大きい学びを展開できる

本学は19学部75学科・専攻・課程において、人文・社会学から理・工学、航空宇宙学、医学、海洋学、農学に至る幅広い分野で教育・研究を行っています。その領域は海底から宇宙にまで及び、現代文明の諸問題にあらゆる角度からアプローチすることが可能です。
こうしたスケールの大きさは、「人と社会と自然が共生できる新しい文明社会の実現をめざす」という、本学の使命感の表れです。
文系と理系の両分野にわたる学部・学科の設置、時代の先端を行く個性的な学科の新設など、本学の進化は今も続いています。

閉じる

世界各国との学術交流協定により、積極的な国際交流ができる

本学は世界各国・地域と学術交流協定を結んでいます。キャンパス内は各国からの留学生の姿も多く、外国語教育センターでは約100人ものネーティブの教員による語学教育も行われています。また、本学所有の海洋調査研修船「望星丸」を活用した海外研修航海を実施、寄港地での交流プログラムや船上語学研修などを体験することもできます。

世界大学ランキングにランクイン!
毎年注目を集める「Times Higher Education : THE」および「Quacquarelli Symonds : QS」の「2018年 世界大学ランキング」において、本学がランクインしました。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

本学の「建学の精神」と教育理念に共鳴する以下の者を国内外から広く受け入れます。
1.大学で学ぶに相応しい学力を有し、明日の歴史を担う強い使命感のある者
2.豊かな心と健やかな体の育成に努めると共に、自分の個性を伸ばす意思のある者
3.時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、社会に貢献する志のある者

閉じる

教育環境

北海道から九州まで広大なネットワークを形成

本学には全国に、札幌、代々木、高輪、湘南、伊勢原、清水、熊本、阿蘇(※)の8キャンパスがあります。各キャンパスには設置学部・学科に応じた施設・設備が充実し、学生のキャンパスライフをサポートしています。さらに、キャンパス間の交流も活発で、北海道から九州まで広大なネットワークを形成しています。
※震災の影響により、授業については熊本キャンパスを中心に実施し、一部フィールドを活用した専門教育を阿蘇キャンパスで行います。

キャンパス間留学制度
本学では、学生が複数の分野について学び、視野を広げることを目的として、他学部・他学科・他キャンパスの科目についても、そのほとんどを履修できる自由度の高いカリキュラムを設定しています。全国に8キャンパス、多数の研究施設を有する本学は、その総合大学としてのスケールメリットを生かし、全国を「北海道」「東京・神奈川」「静岡」「九州」「沖縄」の5地区に区分。在籍地区以外のキャンパス・施設に留学する「キャンパス間留学制度」を設けて、学生の学びを後押しします。
なお、この制度の利用を推進するため、奨学金の給付、アパート・下宿紹介などの支援も併せて行っています。

閉じる

新校舎「Techno Cube(19号館)」

理工系の教育・研究の場となる新校舎「Techno Cube(19号館)」が、2017年4月に完成!

「ものづくりの楽しさを知り、社会のニーズに応えるグローバル人材を育成する」をキーワードとする理工系の新校舎「Techno Cube(19号館)」が2017年4月に完成しました。地上10階建ての開放的な空間にアクティブ・ラーニングを促進するラーニングコモンズをはじめ、理学系工房、コミュニティフロアなどを設置。学生が互いに刺激しあえる空間で「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」の『4つの力』を身に付けます。

閉じる

社会実践力を身に付ける東海大学チャレンジセンター

毎年、約1500名もの学生が集う「東海大学チャレンジセンター」は、学部・学科の垣根を越え、自由な発想に基づくプロジェクトを立案・提供する場の提供と、全面的な支援を推進する機関として2006年に発足。
『4つの力』(「自ら考える力」「集い力」「挑み力」「成し遂げ力」)を論理的に学ぶチャレンジセンター科目は、具体的な学習課題を立てて少人数グループで「プロジェクトに基づく学習」を重視しています。この授業は、学生が楽しみながら無理なく勉強できるよう構成されており、卒業単位にも含まれます。
実体験を伴う「プロジェクト活動」と理論を学ぶ「科目」が連動し、「社会的実践力」を効果的に育成します。

閉じる

学部

【2018年度入学者対象】

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

基本情報

学費・奨学金

初年度納入金【2018年度実績】

文学部/考古学1,536,200円、それ以外の学科1,525,200円
文化社会学部/広報メディア・心理社会1,536,200円、それ以外の学科1,525,200円
政治経済学部/1,553,200円
法学部/1,525,200円
教養学部/自然環境1,663,200円、社会環境・国際1,621,200円、音楽学1,962,200円、美術学1,793,200円、デザイン学1,773,200円
体育学部/生涯スポーツ1,635,200円、それ以外の学科1,587,200円
健康学部/健康マネジメント1,536,200円
理学部/1,663,200円
情報理工学部/1,663,200円
工学部/航空操縦学1,964,200円、それ以外の学科1,663,200円
観光学部/1,536,200円
情報通信学部/1,663,200円
海洋学部/海洋文明1,606,200円、環境社会1,617,200円、それ以外の学科1,744,200円
医学部/医6,473,200円、看護1,663,200円
経営学部/1,209,200円
基盤工学部/1,493,200円
農学部/1,493,200円
国際文化学部/1,366,200円
生物学部/生物1,493,200円、海洋生物科1,533,200円

幅広い選考基準で学業や個性を評価、充実した奨学金制度を整備

本学では、学ぶ意欲ある学生を支援するため、学内・学外を合わせ、さまざまな奨学金を用意しています。現在、約4割の学生が利用するこれらの制度は実に多種多様。一人ひとりのニーズにあったサポートを用意しています。

入学前に公募される奨学金
学修サポート給付型奨学金:大学センター試験利用入試(前期)の成績優秀者

入学後に公募される主な奨学金
学部奨学金:学業・人物ともに優れた者
自己研鑚奨学金:さまざまな活動分野において優れた計画を持ち、実現に努力している者
建学記念奨学金:独創力豊かな論文を提出した者
ワークスタディ奨学金:キャンパス内で働きながら学びたい者
医学部奨学金:学業・人物ともに優れた医学部医学科学生 など

大学が指定する者に与える奨学金
スポーツ奨学金:スポーツ活動に秀でた者
国際交流奨学金:海外留学を希望している者
キャンパス間留学奨学金:キャンパス間留学を希望している者

閉じる

留学

過去の留学実績(調査年度:2017年)

学生数、教員数

【学生数】28675人
【外国籍の学生数】944人
【教員数】2746人
【外国籍の教員数】164人

2016年度の留学実績
単位認定、奨学金

【単位認定プログラム数】44
【大学独自の奨学金】有
【奨学金給付人数】101〜120人
【奨学金給付金額総額】1,000万円以上1,500万円未満
※各大学の留学実績や単位認定、奨学金などについては、大学発表の資料でもご確認ください。

留学プログラムについて

ハワイ東海インターナショナルカレッジ ダブルディグリープログラム

【留学先】アメリカ・ハワイ州
【留学期間】6か月以上1年未満
【対象人数】5
【留学開始時期】2018/08/01
【奨学金】有
【単位認定】有
【応募資格】TOEFL iBT(54)、TOEFL-IPT480
【問い合わせ先】
部署:国際教育センター事務室

閉じる

大学院・併設の大学

17研究科の大きなスケールと少数精鋭の学びで高度な知識を修得

<大学院研究科・専攻>
●総合理工学研究科/総合理工学専攻
●地球環境科学研究科/地球環境科学専攻
●情報通信学研究科/情報通信学専攻
●生物科学研究科/生物科学専攻
●文学研究科/文明研究、史学、日本文学、英文学、コミュニケーション学、観光学専攻
●政治学研究科/政治学専攻
●経済学研究科/応用経済学専攻
●法学研究科/法律学専攻
●人間環境学研究科/人間環境学専攻
●芸術学研究科/音響芸術、造型芸術専攻
●理学研究科/数理科学、物理学、化学専攻
●工学研究科/電気電子工学、応用理化学、建築土木工学、機械工学、医用生体工学専攻
●体育学研究科/体育学専攻
●医学研究科/先端医科学、医科学専攻
●健康科学研究科/看護学、保健福祉学専攻
●海洋学研究科/海洋学専攻
●農学研究科/農学専攻

閉じる

パンフ・願書

本学をよく知るには、「大学案内」を取り寄せよう!大学案内には、学部・学科ごとの詳しい学びの内容、在学生の体験談や、卒業生の社会での活躍、キャンパスライフなど知りたい情報が満載です!

パンフ・願書取り寄せ

閉じる

所在地・アクセス

湘南キャンパス

●神奈川県平塚市北金目4-1-1
小田急線(「新宿」駅から快速急行約60分、「小田原」駅から約25分)「東海大学前」駅下車、徒歩約15分、またはJR東海道線「平塚」駅下車「東海大学行き」または「秦野駅行き」バス約30分、「東海大学正門前」下車、徒歩約5分

札幌キャンパス

●札幌市南区南沢5条1-1-1
地下鉄南北線「真駒内」駅から「じょうてつ」バス(南96番または環96番)乗車(約20分)。「東海大学前」下車、徒歩すぐ

代々木キャンパス

●東京都渋谷区富ヶ谷2-28-4
小田急線「代々木八幡」駅または「代々木上原」駅下車、徒歩10分
京王井の頭線「駒場東大前」駅下車、徒歩10分
東京メトロ千代田線「代々木公園」駅下車、徒歩10分

高輪キャンパス

●東京都港区高輪2-3-23
JR/京浜急行「品川」駅(高輪口)から徒歩約18分
都営地下鉄浅草線「泉岳寺」駅から徒歩約10分
東京メトロ南北線/都営地下鉄三田線「白金高輪」駅から徒歩約8分

伊勢原キャンパス

●神奈川県伊勢原市下糟屋143
小田急線(「新宿」駅から、快速急行約55分、「小田原」駅から約30分)「伊勢原」駅下車、「東海大学病院」行きバス、または「愛甲石田駅」行き(約10分)で「東海大学病院」下車

清水キャンパス

●静岡市清水区折戸3-20-1
JR東海道線「清水」駅下車、しずてつジャストライン三保山の手線「東海大学三保水族館」行き、「三保車庫前」行き、「世界遺産三保松原・神の道入り口」行き、または「折戸車庫」行きバス約20分で「東海大学・海技短大前」下車、徒歩約2分

熊本キャンパス

●熊本市東区渡鹿9-1-1
〈電車〉JR豊肥本線「東海学園前」駅下車、駅正面
〈バス〉(熊本交通センター発)九州産交バス:供合線「東海学園前」下車、徒歩1分

阿蘇キャンパス

●熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽

閉じる

問い合わせ先

住所

〒259-1292
神奈川県平塚市北金目4-1-1
大学広報部 入試広報課

電話番号

(0463)58-6422(直通)

URL

http://www.u-tokai.ac.jp/

閉じる

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ