学校パンフ取り寄せで図書カードGET

とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

生物学部の詳細情報

札幌キャンパス

学科・定員・所在地

学科・定員

生物学科(70名)
海洋生物科学科(70名)

所在地

1~4年:北海道

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●実践的なカリキュラムにより将来や職業をイメージした学修に取り組める
●きめ細かなサポートが一人ひとりの目標や進路につながる
●最先端の研究施設や設備で、高度な研究が行える

生物への幅広い好奇心をしっかりと受け止め、将来の進路へとつながる実践力を育成。北海道という広大な大地を生かし、あらゆる角度から生物に関する知識や経験を養うための環境を用意しています。

【キャンパス】札幌キャンパス(1~4年)
【学生数】584名(2017年5月1日現在)
【専任教員数】19名(2017年5月1日現在)

生物学科

講義・学問分野

自然環境の保護、生命科学専門実験、生態学実習、動物の生理学、遺伝子工学、野生生物調査実習など

閉じる

海洋生物科学科

講義・学問分野

臨海実習、海と水産生物、生物海洋学、大型海洋動物学、海洋生物科学総合研究、亜熱帯海洋フィールド実習など

閉じる

学部の特色

実践的なカリキュラムにより将来や職業をイメージした学修に取り組める

入学時の「フレッシュマンゼミナール」で、大学での学習方法を身に付け、実践的な教養科目の学びを通して、仕事の場面で必要となる知識や能力を磨きます。また、専門的な研究を進めながらスペシャリストとしての資格取得をめざせるように指導を行うなど、個々のキャリアプランに直結したカリキュラムを展開しています。

閉じる

きめ細かなサポートが一人ひとりの目標や進路につながる

3年次に始まる本格的な就職指導では、就職相談やネットワークを活用した企業情報の提供など、一人ひとりの進路決定を多角的にサポート。学部での少人数授業や実験結果の発表など、質疑応答を積み重ねる日頃のカリキュラムの中で、社会人に求められるコミュニケーション能力が磨かれます。

閉じる

最先端の研究施設や設備で、高度な研究が行える

生物学部では、質量分析計(GC-MS)、走査型電子顕微鏡(SEM)、DNAシーケンサーなど研究設備や実験機器を完備。さらに海洋調査研修船「望星丸」や3か所の臨海実験所を利用した実践的な学びの環境を整備し、学生の好奇心と研究意欲を強力にバックアップしています。

閉じる

学べること

生物学科

生き物への探究心を追究し、物事を観察・分析する力を磨く

本学科では、学生の生物に対する純粋な関心を専門的な学問のレベルへと高めるカリキュラムを整備。自然環境や生態系、ミクロの世界の生命活動などの多様な視点から生命を捉え、屋外での観察・採集を取り入れたフィールドワークや最新の機器を利用するバイオテクノロジー分野の実験もふんだんに取り入れています。専門課程では、動植物の分類や野生動物調査などの自然生態系科目や、遺伝子、細胞、食品などの生命科学系、バイオに関する科目が用意されており、興味に合わせて学習する分野を自由に選択・履修することができます。

閉じる

海洋生物科学科

海洋生物とその環境を知り、水産資源を持続的に活用する

北海道の恵まれた自然環境を生かし、食糧問題解決のカギとなる海洋生物について追究。海や河川、湖沼に生息する生き物の生態や食物連鎖を知り、海水の化学成分や、波・流れなど生き物の環境を調べる方法を学ぶ【環境・生態科学系(海を知る)】科目と、水産生物のからだの構造やしくみとともに、漁場造成や種苗生産など生き物の増やし方、水産物の加工法や流通を知る【水産科学系(海を生かす)】の2つの専門科目を軸に教育・研究を深めます。実験・実習やフィールドワークなどの多様なカリキュラムを通じて、海を生かすための技術を身に付けます。

閉じる

アドミッションポリシー

入学者受入れの方針

生物学部では次のように教育目標を定めています。
生物学部は、建学の精神に基づいて、人類が培ってきた文化・文明と自然・地球環境を一体とした視野を持ち、生物多様性の保全、生物資源の持続可能な利用を目指す行動型国際人の養成を目標とします。そのため、地球と人類の抱える諸問題に対して、陸上と海洋のフィールドにおける理解を深め、文理融合の学際的知識と化学物質から生態系に至る専門知識・技術を主体的・複眼的に活用して、自ら課題に取り組み解決する能力の育成を目指します。
この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】札幌市南区南沢5条1丁目-1
札幌教学課入試広報課担当
(011)571-5111
 【URL】http://www.u-tokai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ