とうかい

東海大学

私立大学 東京都/北海道/神奈川県/静岡県/熊本県

農学部の詳細情報

熊本キャンパス

学科・定員・所在地

学科・定員

応用植物科学科(80名)
応用動物科学科(80名)
バイオサイエンス学科(70名)

所在地

1~4年:熊本

※変更の場合もありますので、学校が発行している資料やホームページにてご確認ください。

プロフィール

●3つの専門分野で「真に豊かなヒトのくらし」を創造する理論や技術を学ぶ
●学際的なアプローチで「ヒトが安心・安全に暮らせる未来」を築く
●生産から加工に至るまで、実学・実践を重視した学びにより「食」を総合的に捉える

農業生産の実践的な技術や食の重要性・生命の尊さを学び、最先端のバイオ技術に触れながら、高いモチベーションを持って自身の研究テーマに取り組むことができます。

【キャンパス】熊本キャンパス(1~4年)※農学部・農学研究科の教育・研究については「新キャンパス」「熊本キャンパス」および「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります。
【学生数】874名(2018年5月1日現在)
【専任教員数】27名(2018年5月1日現在)
【大学院】農学研究科(M)/農学専攻

応用植物科学科

講義・学問分野

植物の遺伝、応用昆虫学、果樹園芸学、植物病原微生物学、農場実習など

閉じる

応用動物科学科

講義・学問分野

動物遺伝学、動物行動学、牧場実習、動物飼育管理実習、食品製造実習など

閉じる

バイオサイエンス学科

講義・学問分野

遺伝子工学入門、食品バイオテクノロジー、応用微生物学、食品機能科学、食品加工学など

閉じる

学部の特色

3つの専門分野で「真に豊かなヒトのくらし」を創造する理論や技術を学ぶ

応用植物科学、応用動物科学、バイオサイエンス学の3つの専門分野がある本学部では、それぞれの分野で専門知識や技術を身に付け、人々の暮らしを豊かにするための実践スキルを修得します。さらに、農学を通して幅広い視野と豊かな人間性を養います。

閉じる

学際的なアプローチで「ヒトが安心・安全に暮らせる未来」を築く

およそ75億人という地球人口のうち、約1割の人々は十分な食料を得られていないという現状があります。一方、日本は飽食国家といわれながら自給率は4割を下回っています。このような問題を根本的に見直し、学際的なアプローチで解決法を探究。人々の豊かな食と健康を生み出すため、自然と調和する方法を考えます。

閉じる

生産から加工に至るまで、実学・実践を重視した学びにより「食」を総合的に捉える

「生き物を育て、科学的な視点で研究し、最後はその命を食べ物として摂り入れヒトの暮らしに役立てる」というサイクルの全てを4年間でじっくり学び、食品科学や人の健康についても学びます。

閉じる

学べること

応用植物科学科

自然とヒトとの共生に貢献できる人材に成長する

地球温暖化や砂漠化、世界規模での食料不足など、人類はかつてない深刻な問題に直面しています。本学科は、このような環境問題を解決するためには、植物の持つ力が有効だと考えています。作物・果樹・野菜・花の品種改良、農薬や化学肥料に頼りすぎない農作物の生産、先端技術を駆使した有用植物の開発、絶滅危惧種生物の保護など、DNAレベルを含めた、多様な植物生産の研究を通じて、安全で安定した食料生産をめざし、ヒトと自然の共生に貢献できる人材を育てます。

閉じる

応用動物科学科

ヒトと動物、環境と動物のよりよい関係を実現する

生命は遺伝子、酵素、ホルモンなどの働きによって維持され、次世代へと受け継がれてきました。動物の飼育方法や繁殖の仕組みなどを、細胞・分子レベルから理解し応用する技術を身に付けます。基本的なテーマに、ヒトと動物、環境と動物のよりよい関係を築くための教育・研究に取り組みます。牧場実習などの実践的な科目も充実しており、応用動物科学を学ぶうえで大切な実習環境が整っています。

閉じる

バイオサイエンス学科

生命のメカニズムを総合的に理解し、豊かな地球の未来を構築する

動植物の遺伝子やタンパク質の構造・機能などの生命のメカニズムから、発酵食品などの機能性成分、ハーブ中の薬用成分、微生物の有効利用、予防医学、健康科学などの応用分野に至るまで、バイオテクノロジーに関連する多様な講義・実習を通して生命科学を基礎から応用までを学びます。

閉じる

問い合わせ先

【住所・電話番号】熊本市東区渡鹿9-1-1
九州教学課入試広報担当
(096)386-2608(直通)
 【URL】http://www.u-tokai.ac.jp

パンフ・願書を取り寄せよう!

学問情報をもっと詳しく知るために、大学のパンフを取り寄せよう!

パンフ・願書取り寄せ

大学についてもっと知りたい!

リストに追加しました

ページの先頭へ