×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

学問情報 看護・保健学

体育・健康科学

体育・健康科学

体育・健康科学 学問の内容

“運動”を科学的に研究する

体育・健康科学は、子供から大人までの心身の成長について研究し、人々の健康増進やスポーツの発展をめざす学問です。
研究領域は二つに分かれ、運動しているときの身体の構造や動きを研究する体力論と、長期にわたって規則的に運動を続けた際の身体の変化を分析し、トレーニング方法を研究するトレーニング論があります。
人々の健康志向の高まりや競技スポーツのレベルが高くなっていることなどから、体育・健康科学の研究領域は広がっています。現在では、スポーツ競技者の育成や、トレーニングの指導法、子どもから高齢者まで楽しめる生涯スポーツなどについても研究しています。
余暇や健康維持のためにスポーツを楽しむ人が増え、地域社会にもスポーツ指導者など専門家の養成が求められています。また商業スポーツ施設が普及し、高度な知識と技術を持つスポーツインストラクターなども必要とされています。人々の健康促進や競技スポーツの発展のため、体育・健康科学はあらゆる場面で欠かせない学問となりつつあるのです。

体育・健康科学 時間割例&カリキュラム

体にかかわる医学、生物学も対象

体育・健康科学の専門科目には、体育原理、体育社会学、体育経営管理学、スポーツ文化論、スポーツ医学、健康教育学、運動病理学などがあります。また体育・健康科学では体に関する科目として、解剖生理学や衛生学などの基礎科目と、より専門的な筋運動学、救急処置法、リハビリテーション学などの科目が置かれているところが多くあります。
実習は不可欠で、さまざまな種目のスポーツを学ぶのはもちろんですが、テーピングやスポーツ医学、リハビリテーションから脈拍・血圧などの測定法まで、スポーツに関わる医学や生物学についても学びます。

実際にこの学問を学んでいる先輩の時間割例です。

 

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

1

 

健康科学
実験演習

健康指導
管理論

学校保健

レクリエーションII

 

2

 

健康スポーツ
指導論・同実習

 

 

 

3

生涯スポーツ学
演習I

テーピング・
マッサージ法演習

栄養管理

 

衛生学

 

4

バレーボールI

特別活動
指導論

日本国憲法

教育行政

救急処理

 

5

レクリエーション
指導演習

 

 

 

 

 

体育・健康科学 卒業後の進路

スポーツ用品メーカーなどの一般企業に就職する人が中心だが、社会生活でのスポーツと健康への関心が高まるなか、地方公共団体や民間のスポーツ施設でインストラクターになる人も増えてきている。
また、専攻を生かした進路として体育教員になる人も多い。大学院に進学する人もいる。

体育・健康科学 大学選びのアドバイス

体育・健康科学は、体育学部に設置された学科で学ぶのが一般的である。そのほかの学部としては、スポーツ健康科学部、人間科学部などがある。
体育・健康科学は、大学によってさまざまな専攻があり、それぞれが特色を持っている。自分の適性と志望を見極め、現在、自分がやっている種目があるかどうかも調べておきたい。各大学の特色を把握したうえで、志望校を決定するべきだろう。
また、実習に関連するスポーツ施設の充実ぶりなどもチェックしておきたいところだ。

体育・健康科学を学んでいる先輩たちの体験記・アドバイス

体育・健康科学が学べる大学を検索

体育・健康科学に関連する専門学校を検索

「専門学校検索」で調べる

この学問を「気になる学問」に登録しよう!

この学問を「気になる学問」に登録している人数がわかる!
この学問を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「学問検索」に戻る

「学問系統から探す」に戻る