職業情報 対人サービス系

スポーツトレーナー

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーになるには

大学や専門学校で学ぶのが一般的

 スポーツトレーナーになるためには、体育系や医療系の大学・短大、大学の体育・健康科学系学部やスポーツ関連学科、専門学校のアスレティックトレーナー科やスポーツトレーナーコースなどで学ぶ方法がある。ほかにも、しん灸学科など、治療を目的とした学科でも学ぶことができる。
 必要な資格は特にないが、関連資格として(公財)日本体育協会公認のアスレティックトレーナーの資格がある。養成講習会の受講資格は満20歳以上で、協会が認定する競技団体などの推薦が必要だ。また、推薦がなくても、同協会が承認する大学、短大、専門学校に進学して学ぶと、講習や試験の一部またはすべてが免除される。

スポーツトレーナー なるためチャート

続きを読む

スポーツトレーナーの仕事の内容

スポーツ選手の活躍をトータルにサポートする

 スポーツトレーナーは、コーチやドクターと連携・協力し、スポーツ競技大会や試合などに出場する選手がベストな状態で競技できるよう、健康管理やコンディション調整を行う。スポーツインストラクターとは異なり、…

続きを読む

スポーツトレーナーの働き方と生活

労働時間は勤務先や就業形態によって異なる

 スポーツトレーナーは、フィットネスクラブや病院・接骨院、福祉施設などに勤務する場合が多いと言われている。また、会社などには属さず、スポーツチームや選手などと専属契約を結び、フリーで活躍する人も多い。…

続きを読む

スポーツトレーナーにふさわしい人

幅広い知識と信頼される人柄

 まず、スポーツ医学やスポーツ科学についての広範な知識が求められる。救急法、トレーニング方法、テーピング、ストレッチングに関しての実践的な知識も欠かせない。また、競技ルールやドーピング基準に関する最新…

続きを読む

スポーツトレーナーの収入、資格

収入・関連資格・必須資格 …  勤務先・契約により異なる

続きを読む

スポーツトレーナーの将来展望

さまざまな場での活躍が期待される

 選手の健康管理やコンディショニングは、専門知識を持ったスポーツトレーナーが行うという意識が高まり、多くのプロスポーツや実業団チームではスポーツトレーナーを雇用している。
 今後は、「選手はス…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す