学校パンフ取り寄せで図書カードGET

学問情報 経済・経営・商学

経営・商学

経営・商学

経営・商学 学問の内容

経済学の理論を、現実の社会に応用する

経営・商学は、生産・消費・売買といった経済活動について、基本的な理論から実際の市場調査まで幅広く学ぶ学問です。現実の企業の経営活動と市場の流通システムに即した、実務的な学問といえます。
研究は主に三つの分野で行われます。まず「経営学」では、企業を経営するにあたっての原則と理論を中心に研究します。研究対象は企業だけでなく、行政機関や病院、学校などの経営についても研究しています。「会計学」は、企業が正しく運営されているかを測るための理論と方法を学びます。「商学」では、取り引きのための制度やメカニズム、取り引きの方法を研究します。金融、証券、流通(商品が生産者から消費者に渡るまでの流れ)、マーケティング(市場調査、広告宣伝など)などを対象としています。
経営学・商学は、経済学に比べるとより応用を重視した学問といえるでしょう。グローバル・情報社会といわれている現在、経営学・商学では、企業のグローバル化とそれに伴う国際的な営業活動のあり方や、ITを経営にどう生かすかといったテーマが注目を集めています。

経営・商学 時間割例&カリキュラム

新しい経営方法を探るため理論と技術を学ぶ

ここでは、特に経営学について触れます。経営学でも、会計学、商学に関する科目を履修できますが、授業の中心となるのは、新しい経営手法の創造につながる科目です。
具体的には、経営戦略論・経営政策論、経営組織論・経営管理論・人事管理論、生産管理論・販売管理論、国際経営論などが挙げられます。
経営学を学ぶうえで、経済学や法学、情報理論など、隣接分野に関する知識も欠かせません。情報資源管理論、情報システム設計演習、情報セキュリテイ論など、情報に関する科目を多く配している大学もあり、理論だけでなく現実に即した技術の修得もできるように配慮されています。

実際にこの学問を学んでいる先輩の時間割例です。

 

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

1

 

 

経済立地論

ミクロ構造から
見た日本経済

 

 

2

財政

企業金融

産業事情

経営管理

 

 

3

経営管理

金融工学

英文学(文学部)

財政

企業金融

 

4

ゼミ

 

コンピュータと
情報処理

労働

英文学(文学部)

 

5

 

 

 

 

 

経営・商学 卒業後の進路

学問内容がどんな職場でも生かせる部分が多いので、銀行、保険会社、商社、メーカーなど就職先は多彩。また、公務員、コンピュータ関連企業への進出も増えている。公認会計士や税理士などの資格を取って独立をめざす人も多い。

経営・商学 大学選びのアドバイス

経営・商学を学べる大学は多く、商学部や経営学部内に設置された学科で学んでいくことになる。ただし、大学によっては経済学部内に経営関係の学科が設置されていたり、商経学部、国際政治経済学部、政治経済学部などに学べる学科があるので注意。
情報処理、情報システムなどの科目は選択科目として、ほとんどの大学で履修可能。これら情報系の科目に力を入れている大学もあり、自分が学びたい科目があるかどうかを前もって調べておこう。
大学院は全体の約半数の大学に設置されている。ただし、全大学が修士・博士の両課程を備えているわけではないので、博士課程後期まで進学を考えている人は注意が必要だ。

経営・商学を学んでいる先輩たちの体験記・アドバイス

経営・商学が学べる大学を検索

経営・商学に関連する専門学校を検索

「専門学校検索」で調べる

この学問を「気になる学問」に登録しよう!

この学問を「気になる学問」に登録している人数がわかる!
この学問を志望する人の志望大がわかる!

登録する

「学問検索」に戻る

「学問系統から探す」に戻る