×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 営業・販売系

販売担当者

販売担当者

販売担当者になるには

幹部をめざすなら大学進学が有利

 販売担当者になるために特に有利な学部はないが、大学の経済学系、経営学・商学系、法学系学部などで学んでおくと役立つ。
 また、日本商工会議所では、“販売のプロ”を育成するためにリテールマーケティング(販売士)検定試験を実施している。試験は1級から3級まであり、だれでも、どの級からでも受験できる。
 3級は販売員として最も重要な接客に関する知識が、2級は売場の管理者クラスのレベルで店舗管理に必要な知識などが問われる。そして1級は、経営全般について店長クラスの知識が問われるので、大学で財務管理やマーケティングなどを勉強しておくと有利だ。企業によっては、管理職へ昇進するための条件として、販売士の資格を求められるところもある。

販売担当者 なるためチャート

続きを読む

販売担当者の仕事の内容

接客で得た情報を分析し販売にいかす

 豊富な商品知識はもちろん、顧客に納得してもらえる説明ができ、巧みな接客術を身につけていることが、販売担当者の基本的な条件だ。
 しかし、販売競争が激化している現代の流通業界においては、販売担…

続きを読む

販売担当者の働き方と生活

休日は交代制で繁忙期には営業時間の延長も

 仕事柄、土日、祝日は忙しいため、休日は平日になることが多いようだ。なお、休日は交代制を採っている企業も多く見られる。クリスマスや年末年始、セール期間などは繁忙期のため、営業時間が延長されることもよく…

続きを読む

販売担当者に向いている人・適性

顧客のニーズや流行を敏感にキャッチできる人

 販売の仕事は接客サービスが基本なので、まず人と接することが苦にならず、相手から好感を持たれる人柄であることが望まれる。
 また、顧客が満足する品ぞろえにするためには、流行に敏感で、情報収集力…

続きを読む

販売担当者の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

平均給与 約24万円

続きを読む

販売担当者の資格

関連資格

販売士

続きを読む

販売担当者の将来性

競争激化のため有能な販売担当者に期待

 新しい流通形態を導入した大型ディスカウントストアやコンビニエンスストアの出現、通信販売、テレビショッピングやインターネットショッピングの普及などで、小売業界の競争はかつてないほど激しくなっている。<…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す