×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

学校職員の仕事の内容

学校職員

学校職員の仕事の内容

校内の事務手続きにはほとんど携わる

 小学校、中学校、高校、短大、大学、専門学校などに勤務し、学校内のさまざまな事務や管理業務に携わっているのが学校職員である。学校の規模が大きくなるほど職員数も増え、業務窓口が細かく分かれている。
 具体的な仕事内容は、給与の計算、備品の管理、人事上の事務手続き、各種証明書の発行など、多岐に渡る。
 大学の職員になると、学生課や就職課などの現場担当と、庶務、会計、管財などの管理担当とに分かれていて、管理担当者は学生と直接接することは少なく、一般企業の事務系の仕事と変わらない。

この職業になれる専門学校を探す