×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

着付け師

着付け師

着付け師になるには

教室を開きたいなら「免状」が必要

 着付け師になる方法は主に2つある。1つめは専門学校、短大・大学を卒業後、フォトスタジオや結婚式場に就職する方法だ。未経験者でも採用される可能性は十分ある。ただし、着付けだけでなく、ヘアメイクや受付など広く業務を受け持つ必要がある。
 2つめは、着付け教室に通って師範の資格を取り、教室を開く方法だ。教室の先生に腕を認められる、もしくは指定のカリキュラムを終えれば、師範の証として「免状」をもらえる。ただし、免状の発行代として数万〜数十万円の謝礼を払う必要がある。また、教室によって段位の制度が異なるため、1つの教室に通い続ける根気強さも大切だ。

着付け師 なるためチャート

続きを読む

着付け師の仕事の内容

着る人の美のサポート役として活躍する

 成人式や結婚式などで和装をする人に対して、日常着慣れない着物を手伝って着せるのが、着付け師の仕事だ。着付けには、着物を要領よく着せるだけでなく、着た時に美しく見えるよう、その人の体型に合わせて着付け…

続きを読む

着付け師の働き方と生活

勤務体制はシフト制となっていることが多い

 着付け師の勤務先は、着物販売店、結婚式場や写真スタジオなどだ。着物のレンタル店で着付けスタッフとして働いている人もいる。結婚式当日になって着付ける必要があるなど、土日や祝日に関係なく仕事が入るので、…

続きを読む

着付け師に向いている人・適性

客からの好感度が高い、接客態度に優れた人が向く

 常日頃から着物に触れているほど着物のことが好きな人で、客と接する際に好感を持ってもらえる接客態度に優れた人が向いている。着付ける時は客に接近する必要があるので、相手が不快にならないよう清潔感があって…

続きを読む

着付け師の資格

関連資格

美容師/きものコンサルタント

続きを読む

着付け師の将来性

一定して着付け師の需要は見込まれている

 現代の我々にとっては着物を着る機会があまりないこともあり、和装するときの着付け師の存在は欠かせないものとなっている。結婚式や浴衣、成人式などで着付け師の需要は一定してあり、今後もこの傾向は続くものと…

続きを読む