×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 技能サービス系

調香師

調香師

調香師になるには

化学知識と芸術センスのバランスが大切

 特別な資格は必要ないが、香りの素材に関する化学的知識が必要なので、企業では大学の理系学部卒業者を多く採用している。しかし、調香は芸術的センスが不可欠なため、趣味や課外活動などで、芸術にも多く触れておく必要がある。数は少ないが、調香関連コースをもつ専門学校やスクールもある。ここで調香の知識・技術を学ぶのも一つの方法だ。
 企業に入社後、調香師としての研修を受けて経験を積み、一人前の調香師になるには10年ぐらいはかかるといわれる。それだけ、経験がものをいう職人の世界といえるだろう。
 グローバルな調香師をめざすなら、海外の調香師養成学校に入学する道もある。企業によっては、海外での研修を行っているところもある。
いずれにせよ、調香の本場である欧米諸国からの情報が必要不可欠なので、語学力を養っておくと有利だ。

調香師 なるためチャート

続きを読む

調香師の仕事の内容

職人的嗅覚で生活の中の香りをつくり出す

 調香師は、基本香料を数種類組み合わせて新しい香りを調合する専門家である。生活の中にある香り、例えば、シャンプー、香水、入浴剤、清涼飲料などのあらゆる香りが調香師によってつくり出されている。消費者の多…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す