×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 建築系

測量士(補)

測量士(補)

測量士(補)になるには

無試験で資格を取る方法が近道

 測量を行うには、測量士か測量士補の資格が必要である。資格取得には、測量士(補)の国家試験に合格して取得する方法と、試験を受けずに取得する方法の2通りある。
 試験を受けずに測量士の資格を得るルートはいくつかあり、大学などで測量に関する指定の専門科目を修め、1年以上(短大、高等専門学校は3年以上)の実務経験がある人、養成施設で1年以上測量士補になるのに必要な知識、技術を修得し、2年以上の実務経験がある人、測量士補の有資格者で、測量に関する専門の養成施設で専門の知識と技能を修めた人は、国土地理院に申請し登録されると測量士の資格が得られる。
 試験は難関なので、実務経験を積んで資格を取る方が近道だろう。

測量士(補) なるためチャート

続きを読む

測量士(補)の仕事の内容

さまざまな工事の基礎となる測量のプロ

 土木、建築工事を行う場合には、あらかじめ工事予定地の地形や建築物の位置を正確に知っておかなければならない。これを測量する技術者が測量士だ。
 測量士は、測量計画の作成や実施の責任者であり、測…

続きを読む

測量士(補)の働き方と生活

測量は日中に室内作業は残業することも

 測量士の勤務先は、国土交通省、農林水産省、国土地理院、地方公共団体の土木課や地方事務所、測量会社、地図出版社など、多岐に渡る。
 屋外での測量作業は日中に行うが、作業計画や製図などの室内作業…

続きを読む

測量士(補)に向いている人・適性

計算能力や器用さは必須条件

 測量士の仕事は、少しの誤差も許されないので、緻密な計算能力があり、繊細な神経と忍耐力、手先の器用さが必要だ。
 さらに、機材を持って野外、特に山間を歩くことも多いので、体力も必要だ。また、測…

続きを読む

測量士(補)の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

平均給与 約32万円

続きを読む

測量士(補)の将来性

地域開発が進めば仕事量も増加

 最近の傾向として、測量の世界でも、光学機器やコンピュータなどの先端技術を利用することが多くなり、それらに柔軟に対応できる人材が求められている。
 経験を積めば独立開業も可能だが、測量の仕事の…

続きを読む

測量士(補)に必要な資格が取得できる大学を検索

測量士(補)に必要な資格が取得できる専門学校を検索