職業情報 教育系

法務教官

法務教官

法務教官になるには

教育学、心理学、社会学が学べる進路へ

 法務教官になるには、法務省専門職員(人間科学)採用試験に合格する必要がある。試験では、公務員試験と同じく一般教養知識のほか、心理学、教育学、福祉、社会学などの専門的な知識が問われるので、それらの学問が学べる大学などに進学する方が有利と言える。また、そのほかにも記述形式の専門試験、面接、身体検査や身体測定がある。
 なお、試験区分は、男子=法務教官A、女子=法務教官Bに分けて行われているが、受験資格や試験種目などは同じである。

法務教官 なるためチャート

続きを読む

法務教官の仕事の内容

少年院や少年鑑別所で非行を犯した少年を教育

 法務教官は、少年院や少年鑑別所に勤務し、非行を犯した少年が立ち直れるように教育したり、相談、助言などを行ったりする専門職員だ。
 少年院は、家庭裁判所から保護処分として送致になった少年を収容…

続きを読む

法務教官の働き方と生活

当直もあり勤務時間は不規則

 1週間の勤務時間は約39時間で週休2日制だが、主として交替制勤務(昼間勤務と昼夜間勤務がある)に従事する。また、当直勤務もある。
 昇進は能力次第で、採用後おおむね5年目に専門官に昇任し、そ…

続きを読む

法務教官に向いている人・適性

少年と共に悩み成長していく姿勢が必要

 まず必要なのは、傷つき苦しむ少年に真正面からぶつかっていく姿勢である。この情熱と、少年と一緒になって行動し、共に悩み成長していくという向上心が、少年を立ち直らせる大きな原動力となる。
 また…

続きを読む

法務教官の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格 …  初任給 約24万円(東京都特別区内勤務の場合・2017年)

続きを読む

法務教官の将来性

求められる経験豊かな人材

 非行を犯して少年院や少年鑑別所に収容される少年の抱える問題は多様化している。そのような少年と正面から向き合っていくためには、さまざまな経験を積んだ人材が求められている。少年の再犯を防ぐためにも、法務…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す