×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 運輸系

トラック運転手

トラック運転手

トラック運転手になるには

免許があれば誰でもチャレンジ可能

 職業柄、自動車運転免許を持っていることは当然だが、最大積載量3トン以上の車を運転するには中型免許、6.5トン以上は大型免許、車種によっては大型特殊免許が必要となる。中型免許の受験資格は、年齢20歳以上で普通免許または大型特殊免許を持ち、いずれかの免許を受けていた期間が通算2年以上の者、大型免許は年齢21歳以上で、中型、普通、大型特殊免許のいずれかを持ち、免許を受けていた期間が通算3年以上の者となっている。
 大手運送会社では大卒を中心とした採用を行うところもあるが、中堅企業では、学歴を問わず募集していることが多いようだ。
 採用後は一定期間、業務知識、就業規則、労働協約などの講習、また、接客や作業技術などについて訓練を受ける。この期間が終わると運転業務に就くが、初めは近距離業務に携わるのが一般的だ。

トラック運転手 なるためチャート

続きを読む

トラック運転手の仕事の内容

陸上貨物輸送に大きな役割

 トラックによる貨物輸送は国内の貨物輸送の半数以上を占めており、日本の経済に大きな役割を果たしている。その担い手がトラック運転手である。
 仕事は、車両の点検作業から始まり、運行管理者の点呼を…

続きを読む

トラック運転手に向いている人・適性

タフな肉体と精神がものをいう

 重いものを積み降ろしたり、長時間、集中力を切らさずに運転する必要があるので、まず体力、忍耐力があり、精神的にもタフであることが求められる。また、運転中に突発的な事故や出来事に遭遇することも予想される…

続きを読む

トラック運転手の資格

関連資格

自動車運転免許/大型免許/大型特殊免許

続きを読む

トラック運転手の将来性

ドア・ツー・ドアで貨物輸送をリード

 トラック業界の仕事でこのところ伸びているのは宅配便や引っ越しサービスである。特に宅配便の成長は顕著だ。また、地方特産の生鮮食品の鮮度を落とさずに輸送する技術の発達などにより、トラック便の利用方法も多…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す