×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 機械・化学研究・技術系

エネルギー系研究・技術者

エネルギー系研究・技術者

エネルギー系研究・技術者になるには

大学の工学系・理学系学部に進むのが第一歩

 エネルギー系研究・技術者になるには、大学の工学系、理学系の学部で専門知識を身につけるのが一般的なコースだ。また、第一線で活躍するためには、大学院に進学する方が有利だろう。
 就職先は、公的研究機関や、電力会社をはじめとする民間企業などだ。公的機関に就職するには、多くの場合、公務員試験に合格しなければならない。

エネルギー系研究・技術者 なるためチャート

続きを読む

エネルギー系研究・技術者の仕事の内容

さまざまなエネルギーの研究・開発に携わる

 社会の発展に伴い、電気や石油、天然ガスなどの使用量が急速に増えている。公的な研究施設や電力会社、民間企業などに勤務するエネルギー系研究・技術者は、水力、火力、原子力といった既存のエネルギーのほか、太…

続きを読む

エネルギー系研究・技術者の働き方と生活

大手エネルギー会社で働く場合は
海外での勤務もありうる

 海外に協力会社を持つ大手エネルギー会社に勤める場合、技術指導やコンサルティング業務のために、海外赴任や海外出張などがあるようだ。…

続きを読む

エネルギー系研究・技術者に向いている人・適性

旺盛な研究意欲や集中力が必要

 エネルギーの開発は、大きな可能性を秘めた分野なので、新しいエネルギーの研究・開発に取り組む旺盛な探究心と柔軟な発想力が求められる。また、勤務先によっては放射線を扱うなど危険性の高い仕事に就くこともあ…

続きを読む

エネルギー系研究・技術者の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約21万円

続きを読む

エネルギー系研究・技術者の資格

関連資格

放射線取扱主任者/原子炉主任技術者

続きを読む

エネルギー系研究・技術者の将来性

化石燃料に代わる新エネルギー開発も注目

 石油・石炭などの化石燃料は、使用時に二酸化炭素を排出し、地球温暖化を進行させるとして問題となっており、近年では環境に優しいエネルギーの開発・利用が求められている。特に、二酸化炭素の削減につながる風力…

続きを読む