×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 医療・看護系

細胞検査士

細胞検査士

細胞検査士になるには

実務経験を積むか、養成課程を修了することが必要

 細胞検査士は、臨床検査技師の上級職にあたる。受験資格は、臨床検査技師または衛生検査技師の資格取得後に、1年以上細胞診検査の実務経験を積んだ者、細胞検査士養成コースのある大学で所定の単位を修得した者、大学・医療短大・専門学校を卒業して臨床検査技師または衛生検査技師の国家資格を得て細胞検査技師養成所に進学し、所定の教育課程を履修した者となっている。
 試験は、細胞診に必要な基礎知識、標本作製にともなう操作技術、顕微鏡的検査などの技術が問われ、1次試験は筆記と細胞像試験(カラープリント)、2次試験は実技が試される。

細胞検査士 なるためチャート

続きを読む

細胞検査士の仕事の内容

がんなどの早期発見に携わる細胞診のスペシャリスト

 がんなどの悪性細胞の発見において、きわめて重要な検査法の一つが細胞診である。この細胞診スクリーニングの業務を、指導医の監督指導のもとに担当するのが細胞検査士である。実際には人体からいろいろな方法で採…

続きを読む

細胞検査士の資格

関連資格

細胞検査士

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す