YouTuber(ユーチューバー)

YouTuber(ユーチューバー)

 YouTubeという動画配信サイトで動画を配信する職業。近年人気を集めている職業だが、人気のある配信者になるには、オリジナリティのある動画をつくる高いセンスや編集技術、そして努力が求められる。

YouTuber(ユーチューバー)になるには

YouTubeのパートナーシッププログラムに登録する

 動画を収益化できるYouTuberになるには、「チャンネルの登録者数が1000人以上」、「この1年の間に4000時間以上動画が再生されている人」という条件を満たして、YouTubeのパートナーシッププログラムに申請することが必要だ。最低限、ある程度の人気を得ていないと申し込むことができないので、いきなりYouTuberになれると思わず、まずはコツコツ動画をつくって配信していこう。

YouTuber(ユーチューバー) なるためチャート

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の仕事の内容

人気のある動画をアップして収益を得る仕事

 YouTubeという動画配信サイトで動画を配信する職業。動画をつくって編集・公開し、再生数などに応じて得られる広告収入で生活している。
 配信する動画のジャンルは、テレビのバラエティ番組に近…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の学校の選び方

YouTuberになるのに有利な学校はない

 YouTubeは学歴に関係なく、誰でもなることができる職業だ。そのため、特にこの学校に進学したほうが有利ということはない。逆に言えば、どんな学校からでも、もしくは高卒でもYouTuberをめざすこと…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)のやりがい

自宅やスタジオで撮影・編集を行う

 YouTuberに職場というものはない。多くの人が自宅等で動画の撮影、編集を行っている。もちろん動画の内容によっては、野外で撮影を行うこともあるだろう。また近年はYouTuber向けのレンタルスタジ…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の働き方と生活

好きなことを仕事にできるが、それだけで生活するのは難しい

 YouTuberの働き方に決まった形はなく、自分の好きなようにできる仕事だ。ただし、YouTubeの広告収入のみで生活できる人はごく一部。YouTuberとしての仕事を副業にして、普段は別の仕事をし…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)にふさわしい人・適性

面白く、新しい動画をつくれるセンスを持つ人

 YouTuberに最も求められる適性は、一種のセンスだ。特にこれからめざす場合、すでに数多くある動画に打ち勝って、自分の動画の再生数を伸ばさなければならない。今どういう動画が求められているのか、どん…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

・個人によって異なる

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の就職先・活躍できる場所

 YouTuberのやりがいは、視聴者との距離が近いことだ。企画が面白ければ楽しんでもらえて、勉强になる内容なら感心してもらえる、そういったリアクションを動画のコメント欄やSNS上でストレートに実感で…

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の資格

必須資格 … 特になし

 YouTuberになるために必要な資格はない。YouTubeの規定さえクリアすれば、原則誰でもなることができる。もし何かYouTuberになるための勉強をしたいのであれば、動画編集について学んでみる

続きを読む

YouTuber(ユーチューバー)の将来性

すぐにはなくならないが、先行きは不透明

 2020年から続くコロナウイルス感染症の影響で、いわゆる「巣ごもり需要」として、YouTubeの閲覧数自体は大きく伸びている。一方で、芸能タレントのYouTube進出や、広告単価の下落など、個人のY…

続きを読む