×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 法務系

家庭裁判所調査官(補)

家庭裁判所調査官(補)

家庭裁判所調査官(補)になるには

試験科目に関連する学部への進学が近道

 家庭裁判所調査官(補)として採用されるには、裁判所職員採用総合職試験を受験することになっている。試験には、院卒者試験・大卒程度試験の2種類がある。
 試験は第1次と第2次に分かれており、第1次は基礎能力試験(多肢選択式)と専門試験(記述式)、第2次は政策論文試験と専門試験(いずれも記述式)、人物試験(集団討論および個別面接)となっている。専門試験では心理学、社会学、社会福祉学、教育学、法律学などの分野から出題される。そのため、これらを学べる学部に進学することが近道と言える。

家庭裁判所調査官(補) なるためチャート

続きを読む

家庭裁判所調査官(補)の仕事の内容

家庭内のトラブルや少年事件を調査する

 家庭裁判所調査官は、各家庭裁判所に配属され、家庭裁判所の裁判官の指示を受けて少年事件や家事事件について調査、報告を行う。
 少年係の家庭裁判所調査官は、非行を犯した少年などの家庭や学校の環境…

続きを読む

家庭裁判所調査官(補)の働き方と生活

審判への出席、出張など勤務は多忙

 採用後は、裁判所職員総合研修所で2年間研修を受け、修了後、各地の家庭裁判所に配属される。数年ごとに転勤を繰り返し、全国の家庭裁判所の本庁や主な支部の仕事を経験する。
 勤務は、直接関係者の話…

続きを読む

家庭裁判所調査官(補)に向いている人・適性

気配りと温かさが求められる

 法律などの知識はもちろん必要だが、難しい年ごろの少年や、微妙な家庭問題を扱う仕事だけに、人間的な温かさや気配りも求められる。
 また、審判などで調査結果を明快に説明できる論理的思考力も大切な…

続きを読む

家庭裁判所調査官(補)の年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

初任給 約22万円

続きを読む

家庭裁判所調査官(補)の将来性

家事事件の増加に伴い重要性が増す

 近年、少年による重大事件が大きな社会問題となっている。また、非行を犯した少年のみならず、その保護者への対応や被害者をめぐる問題についても、社会的関心が高まっている。
 さらに、離婚に伴う子ど…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す