×

マナビジョンアプリ

無料 App Store

表示

職業情報 コンピュータ系

CADオペレーター

CADオペレーター

CADオペレーターになるには

短大や専門学校で基礎を学ぶのが近道

 CADオペレーターには、CADの扱い方や設計製図の基礎知識が必要とされるので、短大の情報システム関連学科や、専門学校の建築・デザイン系学科、CAD・製図系学科などで学ぶと役立つだろう。
 しかし、研修制度が整っている企業も多く、文系出身者にも十分チャンスはある。また、人材派遣会社の研修でCAD技術を修得する方法もある。
 就職後は、資格を取るなどして専門分野を確立するとステップアップにつながる。関連する資格試験としては、CADを利用するうえで必要な知識や技術のレベルを測る「CAD利用技術者試験」などがある。

CADオペレーター なるためチャート

続きを読む

CADオペレーターの仕事の内容

CADソフトを使って図面や設計図を作製

 CADとはComputer Aided Designの頭文字を取った略称で、「コンピュータ支援設計」という意味である。一般に、キャドと呼ばれている。CADソフトを使うと、建築や機械部品をはじめ、あら…

続きを読む

CADオペレーターの働き方と生活

コンピュータを使ったデスクワーク中心の仕事

 勤務先は、建設会社、各種機器メーカー、デザイン関連会社をはじめ、電機、機械、自動車、通信など多くの業種に渡る。正社員のほか、派遣社員などとして働く人も多い。
 仕事の大部分は、コンピュータに…

続きを読む

CADオペレーターに向いている人・適性

正確かつスピーディーに仕事ができる人

 設計技術者の要望を、どれだけ正確に画面上で具現化できるかは、CADオペレーターの腕次第だ。そのため、きっちりと正確に仕事をこなすきちょうめんさが欠かせない。また、次から次へと入ってくる仕事をどんどん…

続きを読む

CADオペレーターの年収・給与・収入

収入・関連資格・必須資格

雇用形態などにより異なる

続きを読む

CADオペレーターの資格

関連資格

CAD利用技術者試験など

続きを読む

CADオペレーターの将来性

在宅オペレーターが増える可能性も

 パソコンの普及により、中小企業から個人経営レベルまでコンピュータを日常的に使うようになっている。こうした中で、活躍の場は広がってきているが、近年外注などにより2次元のCAD業務は海外に流出している。…

続きを読む

この職業になれる専門学校を探す